2014/08/12

TOEICテスト Part 3 & 4 鬼の変速リスニング

久しぶりにTOEICの本を買いました。

音声DL付 TOEIC®テスト Part 3 & 4 鬼の変速リスニング (TTTスーパー講師シリーズ)
テッド 寺倉 (著), 和泉 有香(Joy) (著), 天満 嗣雄 (監)

2.5倍速の鬼速、2倍速の爆速、1.5倍速の快速と順番に聴いた後に等倍速の並速を聴くと、ビックリするほど本当にゆっくりと聴こえます。(0.7倍の亀速もあります。)

あんなにリスニングが苦手な自分の耳じゃないみたいです。(この瞬間は。。)

負荷をかけたトレーニングで、リスニング力を鍛えたいと思います。

問題を解いた後、リピーティング、オーバーラッピング、シャドーイングをしっかりやり込むことが大事で、これこそが著者の先生方の狙いだと思いますので、大阪弁の講義を聴きながら、レッスンを受けているつもりで頑張りたいと思います。

個人的には、リピーティングってあまりやったことがなかったのですが、音声をスラッシュ毎に短く区切ってくれてあるので、自分でも、意味を取りながら、音を真似ながら、の出来る感があって、好きです。

あと、鬼速から等倍速へ進めていって、聴き取れたっと思っても、知らない単語があって、正解にたどり着けないこともあり、ボキャブラリーの勉強も大事だなあと痛感しています。

それから、TOEICの言い換え問題のポイントも、そういうことかーと、勉強になります。

この所ずっと英語の勉強をさぼってきたので、すっかり忘れてしまっていることがいっぱいです。

やっぱり継続しないとダメですね。継続は力なり。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013/07/27

TOEIC 千本ノック!6

昨日、会社の帰りに、中村澄子先生の
1日1分レッスン!新TOEIC TEST千本ノック!6 (祥伝社黄金文庫)
を買ってきました。

久しぶりにTOEICの問題を解きました。
鈍った頭と体はなかなか言うことを聞かず、うだるような暑さもあって、集中力を維持するのが大変でした(^^)。
丸1日かかってやっと1周終わりました。。
結果はこんな感じ。

[1章] ○:16, △:0, ×:6
[2章] ○:17, △:0, ×:5
[3章] ○:17, △:0, ×:5
[4章] ○:15, △:1, ×:6
[5章] ○:13, △:3, ×:6
[6章] ○:12, △:0, ×:0

間違えて、解説を読んで、なるほどーとなって、心地よい満足感。
電子辞書も久しぶりに使いました。

この本は、コラム欄も好きです。モチベーションがアップします。

最近英語の勉強も気合が入らずだらだら状態でしたが、もう一度頑張ってみようか。

さあ今度は解説にマーカーしながら2周目です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/11

千本ノック5

少しは英語の話もしたいと思います。

正直なところ英語の勉強はできていませんが、時々、みなさんのブログを読んだり、ツイッターを読んだりしています。

7月に帰省した際に、電車とバスの中で、中村澄子先生の
1日1分レッスン! 新TOEIC TEST 千本ノック! 5 (祥伝社 黄金文庫)
を1周やったので、いまさらですが、結果だけメモしておきます。

[1章] ○:14, △:0, ×:8
[2章] ○:13, △:3, ×:6
[3章] ○:10, △:4, ×:8
[4章] ○:18, △:0, ×:4
[5章] ○:13, △:3, ×:6
[6章] ○:7, △:1, ×:4

やりっぱなしじゃなく、復習しないとダメなんですけどね。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/09

TOEICテスト 新公式問題集 Vol. 5

TOEICテスト 新公式問題集 Vol. 5』 がついに出るんですね。

発売日は 2012/6/16 と書いてあります。
Vol. 4 が、2009年の8月だそうですから、約3年ぶりですか。

私自身は、2010年に5年ぶりにTOEICの世界に復帰したとき、5月にTOEIC Vol. 4 を買って、6月に Vol. 3 を買いました。

昨年の9月以降TOEICから離れていましたが、これを機にまた再開しようと思います。
やっぱり何はなくとも公式問題集ですからね。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/03/18

新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ

今日はTOEIC公開テストの日ですね。
私のcolleaguesたちも受けているはずです。
最後まであきらめないで頑張って!

最近の私は「英語5分間トレーニング」と並行して、
新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ」 TEX加藤 (著)
をやっています。

いわゆる「単語がずらずら並んだ単語集」を買ったのは、10年ぶりくらいです。
おじさんになってやり直し英語を始めた時に「DUOセレクト」を買って、半分も行かずに挫折しました。
その後、女子高生に混ざって小さくなって?英検2級を取った後、「Pass単」の準1級を買って、数ページで挫折しました。。
それから、いろんな単語集を買おうか悩んできましたが、挫折するのが目に見えていたので避けてきました。
そんな中でもずっと気になっていたのが、「英単語ピーナツほどおいしいものはない」です。
コロケーションで覚えるというのに興味がありました。
ただ、載っている単語が大学受験生が対象かな?っていうのと、金銀銅の3冊あるので、躊躇していました。
まず1冊、銅メダルコースからやってみればいいじゃないかと思いますが、「やるからには3冊やり切らないと。でも3冊は大変だなあ。」などとやる前から考えてしまうあきれた人なのです(^^)。。

「出る単特急」で気に入ってるのは、「日→英」で「フレーズ」の形式というところです。
「英単語ピーナツ」のTOEIC版があればなあと思っていましたが、まさにそんな感じで、しかも1冊!にまとめられています。
TEX加藤先生のブログでも、「英単語ピーナツ」の影響を受けたと書かれていました。
「TOEICオタクのブログ」http://texkatotoeic422.blog33.fc2.com/

さて始めてみると、最初の方のページから、「えーっとなんだっけ?」答を見て「あーっそうかー」のオンパレードでした(^^)。
「日→英」って、なかなか出てこないものです。(年のせい?)
そして後半の方は、手応えありまくりで、知らない単語がたくさん出てきました。
覚えたいフレーズがたくさんで、TEX先生の語句に関する解説も楽しく、的確で分かりやすく、1周しました。

出版社のサイトから音声ファイルをダウンロードして、MP3からオーディオCDに焼いて、通勤の車でも聞くことにしました。
「朝日新聞出版 TOEIC® TEST 特急 シリーズ」http://publications.asahi.com/toeic/

2周目はいい感じで進んでいます。
「日→英」でフレーズを音読しています。

またTOEIC受けてみようかな。。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/10/01

TOEIC IPテストのアビメ (ABILITIES MEASURED)

先日のIPテストのアビメ (ABILITIES MEASURED)を受け取りました。

【スコア】L380 R430 T810
【LAM】 74 83 95 78
【RAM】 92 94 84 90 92

これまでに4回受けた公開テストのアビメと並べてみました。
カッコ内はTEX加藤先生のブログを参考にさせていただきました。

リスニング(155回, 156回, 157回, 160回, IP)
1つ目 75 86 76 85 74(パート1,2の間接的な表現、パート1,2の40問中約半分)
2つ目 75 90 86 76 83(パート3,4の間接的な表現、パート3,4の60問中約1/3)
3つ目 83 74 84 90 95(パート1,2の直接的な表現、パート1,2の40問中約半分)
4つ目 75 79 65 74 78(パート3,4の直接的な表現、パート3,4の60問中約2/3)

リーディング(155回, 156回, 157回, 160回, IP)
1つ目 59 83 77 89 92(パート7及び一部パート6、20問程度)
2つ目 81 71 88 41 94(パート7及び一部パート6、20問程度)
3つ目 61 80 65 88 84(パート7及び一部パート6、20問程度)
4つ目 63 66 76 80 90(パート5,6語彙及びパート7同義語、30問程度)
5つ目 78 88 76 92 92(パート5,6文法、25問程度)

リスニングは、3つ目は今回よかったですが、他は誤差の範囲内でよかったり、悪かったりって感じですね。

リーディングは、今回は全体的によかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/24

先日のテストを振り返って

先日のIPテストを振り返ってみたいと思います。

まずはリスニング。
試験後のブログを見ると、「いつもより聴けてる気がしました。」「いつもより出来た感があります。」
なんて、のんきなことを書いていました。
しかし、結果は。。
なんかリスニングのスコアは、ずーーーーっとキープ状態です。

ところで、380点って何問くらい正解しているのでしょうか?
ABILITIES MEASUREDもまだないし、ましてやIPテストだし、よく分かりませんが、TEX加藤先生のブログに、今年の7月の公開テストリスニング換算表(4HIC16)が出ていました。
http://texkatotoeic422.blog33.fc2.com/blog-entry-874.html

参考までにこれを見てみると、この回だと、380点だと75問正解だそうです。
なんと、まだ25問も間違えているとは。。
今回はそこそこ出来たなんてお恥ずかしい限りです。

次は、リーディング。
一応、自己最高記録を更新しました。
受験記にも書いた通り、リーディングの対策本をいくつもやった成果が出たのかな。
どこかで見たことのある問題がいくつもあった気がしました。
それはそれでうれしかったのですが、公開テストではこうはいかないなと思いました。。

さて、430点というのはどれくらいの正解率なのか?
こちらもTEX加藤先生のブログを探してみたら、2009年9月の公開テスト(4FIC19)のリーディングの換算表がありました。
http://texkatotoeic422.blog33.fc2.com/blog-entry-504.html

これまた参考までに見てみますと、この回だと、430点は93問正解でした。
えっ、7問しか間違えていないということですか。。
信じられません。
しかし冷静に考えると、これ以上は厳しいなあ。

ということは、これより上に行くには、やっぱりリスニングです。
あと25問もチャンスがある。

でも、これまでのリスニングの安定っぷりを見ると、正直なところ大きな壁を感じます。
典型的な英語苦手人間が何とかここまで来たけど、小手先のTOEIC対策ではここが限界なんですね。
Part3, 4を、もっとしっかり聴き取れるようにしたい。
特効薬などあるはずもなく、毎日コツコツやっていくしかない。

これまでのスコア
1. 1992年 7月(IP) L 165 R 100 T 265
2. 1995年 2月(IP) L 235 R 150 T 385
3. 1999年 7月(IP) L 240 R 215 T 455
4. 2002年 7月(IP) L 355 R 310 T 665
5. 2005年 7月(IP) L 360 R 330 T 690
6. 2010年 6月(公) L 370 R 305 T 675
7. 2010年 7月(公) L 400 R 370 T 770
8. 2010年 9月(公) L 380 R 385 T 765
9. 2011年 1月(公) L 400 R 390 T 790
10. 2011年 2月(IP) L 370 R 420 T 790
11. 2011年 9月(IP) L 380 R 430 T 810

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/09/21

TOEIC IPテスト結果報告

先日受けたIPテストの結果が返ってきました。

結果は、

L 380 R 430 T 810

(IPだけど) ついに念願の800点を超えることができました!

初めて受けたときのスコアは L 165 R 100 T 265 でした。

思えば遠くへ来たもんだなあ。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/09/10

TOEIC IPテスト受験記

ユ・スヨンの1000問ドリルの1周目を終えた後、
・ためこんでいた入門ビジネス英語
・公式プラクティス リスニング編
・緑本→千本ノック2→千本ノック3→千本ノック4
・文法特急1、2
・公式問題集
・超リアル模試600問
と進めてきました。

特に公式問題集や超リアル模試で、Part3, Part4が鬼門であることを再認識し、今週はずっとPart3, Part4を聴き続けてきました。
その中で、何となく漠然と全部を聴き取ろうとして、結局ほとんど分からないという聴き方から、ナレーターがアクセントを置いている部分だけを聴き取るように意識して変えてみると、何となくいい感じで聴けるような「気がしました。」
あと、英語を「耳の奥」というか「脳の奥」というか。。で聴くような感覚だとスッと入ってくるような、これも「そんな気がしました。」。。

そしてIPテストの当日を迎えました。

リスニング:
最近の公開テストはPart1がすごく難しくなっていますが、今日のIPテストはそのようなことはありませんでした。
途中でどちらか迷う問題(今でも微妙)が1問ありましたが、ほぼ出来たと思います。
Part2も最初の方は分かりやすい問題が続きました。
うまくいっている時ほど安心してしまい、集中力が何度も途切れそうになったのですが、「いかん、いかん」とムチを入れ直しました。
途中からは、長々と何を言ってるのかチンプンカンプンな「お手上げ」の問題も登場。
そんな問題はスパッとあきらめました。
このPartもそこそこ出来たのでは?
さて、問題のPart3, Part4です。
ずっと公式プラクティスと超リアル模試のPart3, Part4を聴き続けてきたためか、いつもより聴けてる気がしました。
結果が出るまでは分かりませんが、いつもより出来た感があります。

リーディング:
今回の試験に向けて7月からリーディングの問題集をずっとやってきました。
その成果は確実に出ていると思います。
Part5, Part6と時間をかけずにどんどん進めることができました。
また、どこかで見たようなデジャブを何度も感じることができました。
たくさん問題をこなし、たくさんの英文を読んだおかげか、Part7もいいペースで読み進めることができました。
途中で少しあせり、後ろの問題へ飛んだり、前へ戻ったりとバタバタしましたが、最終的には、以前より時間に余裕ができたおかげで、きちんと解き切ることができました。
たまたま、難問、奇問?があまりなかったのかもしれません。

試験が終わった後の疲労感はいつも通りでした。
結果を待ちたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/03/06

TOEICテスト超リアル模試600問

久しぶりにブログを更新します。

1月の公開テストが790点、2月のIPテストも790点。
ひょっとしたら800点?といった甘い考えもあったため、がっくりでした。

TOEICはちょっとお休みしようかなあ。と考えていたので、花田徹也先生の 『TOEICテスト超リアル模試600問(CD-ROM付)』 は、元々はすぐには買うつもりはなかったのですが、よしっ、もう一度チャレンジだ!というわけで、IPテストの結果発表の夜にすぐにネットで予約してしまいました。

さて、発売日の翌々日くらいには到着したのですが、イ・イクフンの 『極めろ! リーディング解答力 TOEIC TEST Part 5 & 6』 をやっていたり、図書館で借りてきたデール・カーネギーの 『心を動かす話し方-一瞬で人を惹きつける秘訣』 を読んでたりしたので、またもう少ししてからやることにしようかなと思っていました。

しかしそんな時、masamasaさんのブログで、

>とりあえず、皆さんもTEST1だけはやっておいて下さい。
>こーいうのって ”旬” があるから。
>多くのブロガーがこれからレビュー書くからやっておくと楽しいよ♪
>東京マラソン同様、「がんばってるのは私一人じゃない」って思えるから。

と書かれている記事を見ました。
イクフン本(青)をやっていて、TOEICブロガーの皆さんがやっている時に同時に取り組んでいたら楽しかっただろうな。と、まさに思っていたので、この ”旬” という言葉にピーンと来てしまいました。 
その後、本当にいろんなブログで皆さんがレビューを書き始めました。

なかなか時間が取れず、一気に200問とはいきませんでしたが、何とかTEST1を終えました。
結果は?

Part1 : 9/10
Part2 : 27/30
Part3 : 20/30
Part4 : 19/30
リスニング : 75/100 → 予想スコア 420点

Part5 : 29/40
Part6 : 10/12
Part7 : 34/48
リーディング : 73/100 → 予想スコア 370点

トータル予想スコアは、なんと790点。。
リアル模試って、話が出来過ぎだよ~。。

さて、TEST1をやってみての感想ですが、私には本番より難しく感じました。
正直なところ、正解には △(確信を持って選べていない=いわゆる勘とも言える)も含んでいます。

また、これまで私は新形式のTOEICになってから、模試の類を買ったことがなく、リスニングの教材は公式問題集しか使ったことがありませんでした。
そのため、公式本のナレーターの英語にばかり慣れていて、今回のイギリス系の女性の声はよく聴き取れませんでした。(かなり苦痛でした。。)
慣れというものは恐ろしいものです。
いわゆるTOEIC試験対策という意味では、これまでやってきたことはよかったのでしょうが、何だか情けなくなってしまいました。。
Part2は結果的には27問正解となっていますが、途中で何度もくじけそうになりました。
Part3、Part4も難しかったです。
ぼろぼろって感じでした。
最近の試験ではできるようになってきた気がしていましたが、それは何となくの雰囲気で選んでいるだけで、きちんと理解できていないのだということが、改めて分かりました。

リーディングは、Part5、Part6は、今の実力はこんなものかなという出来だったと思います。
それよりも、Part7は、本番より難しく思いました。
本番の方がもっと素直な(簡単な)問題が多い気がします?
とにかくSPがダメでした。
Part7で14問間違えたのですが、SPの28問で12問間違えました。

花田先生の発音、まじでカッコいいです。
英語のところでネイティブに代わっているのかと思いました。
CDの特別講義を聞いて、花田塾に行ってみたいなあと思いました。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧