2014/12/13

The Tiger Who Came to Tea

The Tiger Who Came to Tea』 Judith Kerr (著)

川合亮平さんが日経のサイトで紹介していたので、図書館で借りてきました。

英語学習はあれこれ考える前に始めてみる
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO79950900Q4A121C1000000/

「英国で1968年に出版されて以来、今も読み継がれ、ずーっと人気を誇っている、子ども絵本のテッパン中のテッパン。読み聞かせしやすいし、とっても不思議な魅力がある本です。何回読んでも、親も子も全然飽きない。お薦めです。」

この本いいです。ほんと不思議な魅力って感じです。バタバタしてなくて雰囲気がいいのです。
娘が小さいときにいっしょに読みたかったなあ。。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014/10/26

甲子園がくれた命

College pitcher beats brain tumor on way to first-round draft selection
http://mainichi.jp/english/english/newsselect/news/20141024p2a00m0sp010000c.html
(毎日新聞・英語版より)

10/23のドラフト会議で、明治大学の山崎福也投手がオリックスバファローズから一位指名を受けました。
頑張れ山崎君!

世の中への扉 甲子園がくれた命』 - 中村 計(著)

死線を越えて……日大三高エース感動の半生2010年春のセンバツ準優勝投手・山崎福也君の半生。余命6年と宣告された脳腫瘍の死線からの復活劇と、山崎投手が今、子どものために考えていることを描く。

春の甲子園で、山崎福也選手は投打に大活躍し、日大三高を準優勝に導きました。脳腫瘍を克服した福也君のがんばりは、病気をかかえている人を勇気づけただけではありません。ふだん命のことなんて考えたこともないという人にも、命の大切さを教えてくれたのです。小学上級から。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/21

考えすぎない

考えすぎない (アルファポリス文庫)』 - 本多 時生(著)

<目次>

1、考えなくてもいいことを考えすぎない
2、どうしようもないことを考えすぎない
3、人のことを考えすぎない
4、自分のことを考えすぎない
5、物事を悪く考えすぎない
6、ヘタに考えすぎない
7、重苦しく考えすぎない
8、生活を大切にする
9、「考えすぎ」への対策


<考えなくてもいいことを考えすぎない>

・小さいことは考えすぎない。
・考えなければ問題ないことは考えすぎない。
・先の悪いことを考えすぎない。
・時が解決してくれることは考えすぎない。
・やりたいことがあるなら考えすぎない。


<どうしようもないことを考えすぎない>

・過ぎたことを考えすぎない。
・まだ先のことを心配しすぎない。
・相手の問題を考えすぎない。
・変えようのないことは考えすぎない。
・大切なものがあるなら考えすぎない。


<人のことを考えすぎない>

・イヤな人のことを考えすぎない。
・人の欠点を考えすぎない。
・人の恵まれた所を考えすぎない。
・人のせいにしすぎない。
・大切な人がいるなら考えすぎない。


<自分のことを考えすぎない>

・自分の欠点を考えすぎない。
・「自信がない」と考えすぎない。
・慢性的な問題を考えすぎない。
・不幸な出来事にとらわれない。
・「自分のため」を考えすぎない。


<物事を悪く考えすぎない>

・起こったことを悪く考えすぎない。
・先のことを悲観的に考えすぎない。
・人のことを悪く考えすぎない。
・自分のことを悪く考えすぎない。
・世の中を悪く考えすぎない。


<ヘタに考えすぎない>

・無意味に考えすぎない。
・堂々巡りはやめる。
・複数の問題をまとめて考えすぎない。
・一つのことにとらわれない。
・慎重に考えすぎない。


<重苦しく考えすぎない>

・長時間考えすぎない。
・苦にしすぎない。
・一人で悩みすぎない。
・長い期間考えすぎない。
・悪循環に陥らない。


<生活を大切にする>

・悩みに心を支配されない。
・やるべきことをやる。
・やりたいことをやる。
・心身の健康をキープする。
・生活を楽しむ。


<「考えすぎ」への対策>

・自分の「考えすぎ」のクセを知る。
・「考えすぎ」に気づき、ストップする。
・感情に流されずに、切り替える。
・幸せになれることをする。


著者のホームページ
http://www.din.or.jp/~honda/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/12

TOEICテスト Part 3 & 4 鬼の変速リスニング

久しぶりにTOEICの本を買いました。

音声DL付 TOEIC®テスト Part 3 & 4 鬼の変速リスニング (TTTスーパー講師シリーズ)
テッド 寺倉 (著), 和泉 有香(Joy) (著), 天満 嗣雄 (監)

2.5倍速の鬼速、2倍速の爆速、1.5倍速の快速と順番に聴いた後に等倍速の並速を聴くと、ビックリするほど本当にゆっくりと聴こえます。(0.7倍の亀速もあります。)

あんなにリスニングが苦手な自分の耳じゃないみたいです。(この瞬間は。。)

負荷をかけたトレーニングで、リスニング力を鍛えたいと思います。

問題を解いた後、リピーティング、オーバーラッピング、シャドーイングをしっかりやり込むことが大事で、これこそが著者の先生方の狙いだと思いますので、大阪弁の講義を聴きながら、レッスンを受けているつもりで頑張りたいと思います。

個人的には、リピーティングってあまりやったことがなかったのですが、音声をスラッシュ毎に短く区切ってくれてあるので、自分でも、意味を取りながら、音を真似ながら、の出来る感があって、好きです。

あと、鬼速から等倍速へ進めていって、聴き取れたっと思っても、知らない単語があって、正解にたどり着けないこともあり、ボキャブラリーの勉強も大事だなあと痛感しています。

それから、TOEICの言い換え問題のポイントも、そういうことかーと、勉強になります。

この所ずっと英語の勉強をさぼってきたので、すっかり忘れてしまっていることがいっぱいです。

やっぱり継続しないとダメですね。継続は力なり。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014/08/03

Chicken Soup for the Little Souls Reader: The Greatest Gift of All

久しぶりの洋書多読です。
以前からChicken Soup for the Soulを読んでみたいと思っていましたが読めずにいました。
この本はその子供向けのものです。
Twitterで紹介していただき、Kindleで100円ということで読んでみました。
主人公の少女が、子供心に悩み、いろいろ考え、大切なことを学んでいくというお話です。
とても短く、難しくないお話なので、小学生くらいの子供に読んであげたいお話です。
やさしい英語だけど、覚えたい表現がいっぱいです。
子供向けといっても絵本ではないので読みやすく、こういう本を読んで日常の表現を実につけたいなと感じました。

Chicken Soup for the Little Souls Reader: The Greatest Gift of All: Chicken Soup for Little Souls Reader (Chicken Soup for the Soul)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/29

Walk Two Moons - Sharon Creech

2ヶ月近くかかってしまいましたが、ついに読みきりました。
すばらしいお話でした。

以下、Twitter( @mark_baseball )より。

「Because of Winn-Dixie」を読み終わった後、Kyokoさんより「Walk Two Moons」を紹介していただきました。
1月31日
今ネットで少し見てみたらニューベリー賞受賞作なんですね。次はこれを読んでみようと思います。ありがとうございます!
1月31日
ありがとうございます。Kindleで196円とお買い得だったのですぐにダウンロードしました(^^)。じっくり読みたいと思います。
2月3日
Walk Two Moonsを読み始めましたが、どうもうまく理解できず、何度も読み直しています。。
2月3日
どうも出だしが分かりにくい気がします。。もう少し頑張ってみます!
2月3日
うーん。最初のほうを何とか乗り切りたいです(^^)。。ありがとうございます。
2月5日
「Walk Two Moons」に翻訳本があることを知り、図書館で借りてきました。「めぐりめぐる月」。最初の方だけ参考に読みたいと思います。最初だけ。。
2月5日
「めぐりめぐる月」430ページもある厚い本でした。電子書籍だとボリュームが分かりませんでしたが、これの原書を読もうとしていたのか。
2月5日
「Walk Two Moons」Kindleで最初のページに移動すると1章に飛ぶので、大事なEpigraphの存在に気付きませんでした。"Don't judge a man until you've walked two moons in his moccasins."
2月5日
「めぐりめぐる月」には最初にアメリカの地図が書かれていました。Bybanks, Kentucky、Euclid, Ohio、そしてLewiston, Idahoの場所が分かりました。これからこの長い距離の旅が始まるのか。
2月5日
いえいえ、感謝しています。今はワクワクしています。
2月5日
無理せず最初は翻訳本をうまく使っていきたいと思います。楽しまないとね!(^^)
2月5日
糸を紡いで-シャロン・クリーチの『めぐりめぐる月』に織り込まれた物語- 北海道武蔵女子短期大学 沢辺裕子先生
http://musashi-lib.hmjc.ac.jp/m_library/mlib_public/mlib_kiyou/kiyou%20PDF/pdf_42(201003)/SAWABE.pdf
2月9日
「Walk Two Moons」の翻訳本「めぐりめぐる月」には、原書にはない文がちょこちょこ入っていて面白い。そのままだと分かりにくい部分でさりげなく工夫されていて感心します。翻訳家ってすごいなあ。ただ訳せばいいってものではないのですね。
2月9日
翻訳本がそばにあると、見なくてもいいところでも、どうしても気になって見てしまう。いかんいかん。。
2月9日
でもやっぱり原書だけでは分からないことが多いです。辞書を引いただけでは分からない単語や、物語特有の表現が多く、2章だけで何回読んだかなあ(^^)。。
2月9日
4章はKindleの辞書だけで翻訳本を我慢して読めました。
2月11日
おはようございます。今日もWALK TWO MOONS読みます。
2月11日
昨夜読んだ章は1ページ分くらいお話が付け加えられていて、原作者に怒られないかなあ?などといらぬ心配したりして。。
2月15日
インディアナ州は別名、"Hoosier State"と呼ばれる。フ-ジャー(hoosier)の由来 http://minsai.exblog.jp/7916133
2月15日
AIW talk: What is a Hoosier?  (1)Hoosierの語源 http://www.river-stone.info/yoshi/?p=317
2月15日
I'm #reading Walk Two Moons by Sharon Creech.
2月15日
今日は「Walk Two Moons」を10章まで読みました。#tadoku
2月17日
You want me to ~「~してあげようか」はいまだに慣れません。「Walk Two Moons」でも最初の方で出てきました。
2月21日
さあ今夜もベッドで「Walk Two Moons」を読もう。少しずつですが続いています。 #tadoku
3月1日
「Walk Two Moons」はまだ17章と停滞中。翻訳本「めぐりめぐる月」をいちいち見てしまうのがよくないのかなあ。
3月9日
I'm reading chapter 20 of Walk Two Moons.
3月11日
I was going to read Walk Two Moons by Kindle on the Shinkansen but I could read only a little because I felt asleep on the train.
3月16日
新しいテキストやる前に、多読なら途中だったでしょ、ということで久しぶりにWalk Two Moons読書中。
3月16日
洋書を読んでいると、日常会話に出てくる単語でも知らないものがいっぱいです。。
3月17日
Walk Two Moons、昨夜やっと半分まで読み終わりました。23章では悲しい事実が明らかにされました。
3月29日
At last, I finished reading "Walk Two Moons". It was a touching story. #tadoku
3月29日
Walk Two Moons やっと読み終えました。私にはちょっと難しかったですが、後半は引き込まれて一気に読みきりました。心に残る作品でした。
3月29日
Thank you for giving me such a wonderful opportunity.
3月29日
It's a beautiful story.
3月29日
本を読んだ後この論文を読んでみる。糸を紡いで-シャロン・クリーチの『めぐりめぐる月』に織り込まれた物語- 北海道武蔵女子短期大学 沢辺裕子先生
http://musashi-lib.hmjc.ac.jp/m_library/mlib_public/mlib_kiyou/kiyou%20PDF/pdf_42(201003)/SAWABE.pdf
3月29日
Walk Two Moons is a novel written by Sharon Creech and winner of the 1995 Newbery Medal.
3月29日
It was a little difficult for me. I think you will enjoy it, though.
3月30日
児童書といっても、良い本は大人が読んでも読み応えがありますね。
3月30日
今日は今まで見ないようにしていた皆さんのレビューを見たりして振り返っています。
3月30日
Walk Two Moons Quotes
http://www.goodreads.com/work/quotes/1237212-walk-two-moons

----------

Walk Two Moons (Trophy Newbery)』 - Sharon Creech

めぐりめぐる月』 シャロン クリーチ (著), Sharon Creech (原著), もき かずこ (翻訳)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/29

Because of Winn-Dixie

「Because of Winn-Dixie」 by Kate DiCamillo 読了。
じんわり優しい気持ちになれる良書でした。
子供向けというより大人向け?

この作品、映画化されてたんですね。
「きいてほしいの、あたしのこと -ウィン・ディキシーのいた夏」
主役はアナソフィア・ロブ。
「テラビシアにかける橋」を映画館で観てすごく可愛いかったのを憶えています。
(当時のブログはこちら http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2008/02/bridge_to_terab_8b74.html
DVDも見てみたいです。

また、Youtubeで章毎にリレー形式で朗読している映像があります。
これもいいです。

Because of Winn-Dixie
きいてほしいの、あたしのこと〈特別編〉-ウィン・ディキシーのいた夏 [DVD]


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/18

The Buddy Files, #6 The Case of the School Ghost

The Buddy Filesシリーズ。
ついに6巻まで読み終えました。
ドキドキで楽しく読むことができました。
このシリーズを読んでいると、「日常会話」の覚えたい表現がいっぱいです。
親子の会話、先生との会話、友達どうしの会話。
1巻から読み直して、気になる表現を書き出してみようかな。

The Case of the School Ghost (Buddy Files) by Dori Hillestad Butler (Author), Jeremy Tugeau (Illustrator)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/12

The Buddy Files, #5 The Case of the Library Monster

The Buddy Files シリーズ5作目。
年末年始をはさんで1か月以上かかってしまいました。。。
読み応えがありました。

さあ、次はいよいよ6作目です。

The Case of the Library Monster (Buddy Files)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/22

"George, don't get into trouble."

Curious George Visits the Zoo』 - Margret Rey, H. A. Rey

The man with the yellow hat が
"Wait here and don't get into trouble."
とお決まりのセリフ。
しかし、curious な George はじっとしているわけがなく。。

いたずら好きなジョージだけど、最後はハッピーエンド。
ほんと、ほのぼのした気持ちになります。

Curious George Goes to School』 - Margret Rey, H. A. Rey

またまたお決まりの (^^)
"Wait for me, George, and don't get into trouble."

Alice の絵が見つかってよかったね。
最後に George も gold star をもらいました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧