2012/03/01

岩村圭南先生からのメッセージ

「英語5分間トレーニング」が3月で終わってしまいます。
番組ホームページを見たら、ケイナン先生からの熱い音声メッセージがありました。

NHK出版|岩村圭南の英語WEB道場 喝!
http://www.nhk-book.co.jp/gogaku/lets/

Action before words. 「言葉より行動。」
Practice makes progress. 「練習すれば上達します。」
Keep moving forward. 「立ち止まらずに前に進みましょう。」
Never say impossible. 「決して不可能だなんて言わないでください。」
Continuity is power. 「継続は力なり。」
Stop making excuses. 「言い訳をするのはやめましょう。」
Rest leads rust. 「休むと錆びついてしまいますよ。」
Fluency requires practice. 「流暢に話すには練習が必要なのです。」
Persistence wins out. 「最後には根気強さが勝つ。」
Effort brings hope. 「努力は希望をもたらす。」

Keep practicing. We are rooting for you.
「トレーニングを続けましょう。私たちが応援しています。」

岩村先生ありがとうございました。あと1ヶ月頑張ります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/02/11

英語5分間トレーニング

去年のクリスマスの韓国旅行で、(ハングルはもちろんですが)英語をしゃべれない自分(お父さん)にガッカリし、1月1日から「英語5分間トレーニング」を始めました。

このブログの左の方の「カテゴリー」に、「徹底トレーニング英会話」と「英語5分間トレーニング」があり、以前の勉強を記録してありますが、久しぶりに岩村圭南先生の美声を聞いています。

何とか1月を終えたのですが、2月に入ってから、暗記することを意識して音読をしています。
実はこれまで音読を何10回も繰り返したりしても、漠然とやっていて、その場限りだったように思います。
以前、暗唱の大切さを教えていただいて実践しようとしたときも、今思うと取り組んだ英文が私には長すぎた気がします。
「5トレ」の英文は短めで、今の自分に合っています。
暗記しようと思って音読していると、自分の力になってくる「感覚」があります。
暗記しているとロールプレイも役になりきれる感じで、こういう気持ちは初めてでした。

通勤の車の中や、お風呂の中でも続けています。
お風呂には最初はテキストをジップロックに入れて持ち込んでいたのですが、いまいちやりづらかったので、今は、メモ用紙にその日に覚えたい分を書き込んで、濡れてもいいやという感じでやってます。

それから、川本佐奈恵さんのブログ「You can do it」にこんなことが書いてありました。
http://gogakuru.com/blog/selection/kawamoto/

・例えば、『英語5分間トレーニング』は365日ありますが、集中してやるのは月曜日~木曜日分で、あとは聞き流しながら真似して口から出してみる程度。言えても言えなくでも、英語を口から出している限りOKと、自分で決めるのです。
・ダイアログもすべてを覚えようとしないで、気に入ったフレーズのひとつふたつをマスターするつもりで続けるのがコツです。つまり、すべての消化する必要はないということです。完璧にこなすことよりも、続けることのほうに意味があるのです。

これを読んで、私も完璧主義をやめ、覚えたいフレーズの入った英文に集中するようにしました。
この割り切りが大正解でした。

さて、そんな調子で気持ちが乗ってきたところに、「5トレ」が3月いっぱいで終了のニュースです。
ショック。。
でも、まずは3月までしっかり続けたいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/14

英語5分間トレーニング

新年1月1日から始めた「英語5分間トレーニング」。

今日はもう2月号のテキスト発売日です。
さっそく買ってきました。

いつも3日坊主の私が、今のところ何とか続けています。
短いセンテンスが多いのがいいですね。

お風呂にもテキストをジップロックに入れて持ち込んでいます。
スキマ時間にちょっとテキストを開いて音読するような習慣が少しできてきたかな。

あまり欲張らずに少しずつ続けていけたらと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/03

2012

I hope you all have a wonderful year.

「皆さんにとってすばらしい年でありますように。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/03

Don't lose heart no matter what! You can do it!

「英語5分間トレーニング」 今日の岩村圭南先生のメッセージ

Don't lose heart no matter what!
You can do it!

https://www.nhk-book.co.jp/gogaku/lets/5minutes/info20110403.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/15

「英語5分間トレーニング」4月号のテキストの表紙

新年度の「英語5分間トレーニング」4月号のテキストの表紙を見つけてしまいました。
9ページ目にあります。
なかなかすごいです。(笑)

http://www.nhk.or.jp/gogaku/images/H22gogaku.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/13

feel

2/11の Let's Role-Play! より
奥さんが旦那さんの鍵をうっかり冷蔵庫の中に入れてしまって。。
旦那さんsays : That explains why they feel so cold. 「それで鍵がとっても冷たいんだね。」
they (=keys) が feel の主語になっているのが何となくすっきりしなかったのですが、
ジーニアスを見てみると、自動詞としてモノが主語になるのですね。
This room feels very cold. = it feels cold in this room. = I feel very cold in this room. というのが載っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/12

プロポーズ

SNOWDROPからもう一つ。

白雪姫が生き返り、王子が求婚します。

He made a proposal of marriage to her.
Snowdrop accepted his proposal.

プロポーザルっていうと、ビジネスの場での「提案や企画」のイメージがあるんですけど、よく考えたら、プロポーズ(propose)は動詞なんですよね。

ジーニアスの例文にも、He made a proposal [x propose] to her. と、プロポーズはダメよと書いてあります。そして、(= He proposed to her.)と書かれていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/11

She turned green and yellow with jealousy.

「英語5分間トレーニング」のテキストに連載されている
アレン玉井光江さんの「English with Fairy Tales」
2月号は、グリム童話のSNOWDROP(白雪姫)です。
その中でいくつかおもしろい表現があったので、メモメモです。

鏡に「世界で一番美しいのは白雪姫。」と言われた女王は。。
She turned green and yellow with jealousy.

ジーニアスを見てみると。。
green の6番目に、
(恐れ・しっと・病気などで)青ざめた(with)、(~のことを)うらやんで(about)
[例] be green with envy [jealousy] 「(顔色が青くなるほど)ねたんでいる、しっとしている」
というのがありました。

yellow にも5番目にこんな記述がありました。
嫉妬深い、ねたみ深い
[解説] (1) yellowは愛・平和・知性・豊饒などを象徴する (2) キリストを裏切ったユダの着衣の色から、好ましくないイメージをもつ色でもあり、臆病・卑怯・精神の頽廃などを連想させるとされている

色にはいろんなイメージがあるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/09

lethargic 「けだるい、無気力の」

2/9 英語5分間トレーニング 3番目のモノローグから

・You seem sort of lethargic today. 「今日は、ちょっとけだるそうね。」

覚えにくそうな単語が出てきました。
lethargic 「けだるい、無気力の」。
相手の方が、ちょっと調子が悪そうに見えるのでしょうか。
「けだるい」っていうと、私の頭の中に、アンニュイ(死語?)な雰囲気の女性を表現するときに、いい意味で、「けだるい感じ」っていうのもあったのですが、lethargic は違いますねー。
[OXFORD] 名詞 lethargy : the state of not having any energy or enthusiasm for doing things の形容詞。

・Are you feeling all right? 「大丈夫なの?」

ふと疑問に思ったんですけど、Are you all right? ととは違うのでしょうか?
feeling が入ると、入らないのでは、違いがあるのだろうか?
このモノローグのように、相手の体調が悪そうなときは、feeling を入れるのかな?

・Maybe you should lie down for a while. 「少しの間、横になったほうがいいかもしれないわ。」

lie down 「横になる」 lie - lay - lain
lay down 「横たえる」 lay - laid -laid
昔のTOEIC参考書では定番だったなあ。。

最初のモノローグの lose weight が「痩せる」というのはいいんですが、「太る」の gain weight がパッと出ません。
fat とか言ってしまいそう。しっかり覚えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧