« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011/02/27

第160回TOEIC公開テストのアビメ (ABILITIES MEASURED)

1月30日に受けたTOEIC公開テストの結果が郵便で届きました。

【フォーム】4HIC1
【スコア】L400 R390 T790
【LAM】 85 76 90 74
【RAM】 89 41 88 80 92

TEX加藤先生のブログの正答数換算表によりますと、
http://texkatotoeic422.blog33.fc2.com/blog-entry-814.html

LISTENING ABILITIES MEASURED
1つ目 85 20問中3問誤答
2つ目 76 21問中5問誤答
3つ目 90 20問中2問誤答
4つ目 74 39問中10問誤答

READING ABILITIES MEASURED
1つ目 89 19問中2問誤答
2つ目 41 17問中10問誤答
3つ目 88 17問中2問誤答
4つ目 80 30問中6問誤答
5つ目 92 24問中2問誤答

リーディングの2つ目の41というのが突出してます。(下の方に。。涙)
「文章の中の具体的な情報を見つけて理解できる」というのは、これまでの私なら、ここが一番点数を稼いでいるところだったはずなのですが、どうしたのでしょう。。
今回は、1つ目、3つ目が私としては驚異的な出来だったのに、うまくいかないものです。

これまでに4回受けた公開テストのアビメを並べてみました。
これもTEX加藤先生のブログを参考にさせていただきました。

リスニング(155回, 156回, 157回, 160回)
1つ目 75 86 76 85 (パート1,2の間接的な表現、パート1,2の40問中約半分)
2つ目 75 90 86 76 (パート3,4の間接的な表現、パート3,4の60問中約1/3)
3つ目 83 74 84 90 (パート1,2の直接的な表現、パート1,2の40問中約半分)
4つ目 75 79 65 74 (パート3,4の直接的な表現、パート3,4の60問中約2/3)

リーディング(155回, 156回, 157回, 160回)
1つ目 59 83 77 89 (パート7及び一部パート6、20問程度)
2つ目 81 71 88 41 (パート7及び一部パート6、20問程度)
3つ目 61 80 65 88 (パート7及び一部パート6、20問程度)
4つ目 63 66 76 80 (パート5,6語彙及びパート7同義語、30問程度)
5つ目 78 88 76 92 (パート5,6文法、25問程度)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近図書館で借りた本

最近、週末には図書館へよく行きます。
上の2冊は先々週に借りたのですが、2008年の貸し出しベスト10みたいなシールがついていました。
恥ずかしながら、今頃になって初めて読んだのですが、あっという間に読めてしまいますね。
思ったのですが、売れる本というのは、なんだかんだ言っても、やっぱり違いますね。
いい本です。子供にも薦めたいです。
昨日も、お昼から急遽仕事の用事で会社へ行った後、夕方立ち寄って、3冊借りてきました。

ホームレス中学生』 麒麟・田村裕 (著)
夢をかなえるゾウ』 水野 敬也 (著)
カーネギー 心を動かす話し方-一瞬で人を惹きつける秘訣』 デール カーネギー (著), 山本 悠紀子 (監修), Dale Carnegie (原著), 田中 融二 (翻訳)
アメリカ人は英語で考える-日本人は日本語で考える (ゴマセレクト)』 秋沢 公二 (著)
世界で一番美しい元素図鑑』 セオドア・グレイ (著), 若林文高 (監修), ニック・マン (写真), 武井摩利 (翻訳)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/26

イクフン本(青) 文法問題から語彙問題へ

先週の月曜日から始めた
極めろ! リーディング解答力 TOEIC TEST Part 5 & 6』 (著) イ・イクフン (Lee IK Hoon)
ですが、3日目までブログに書いた後、TOEICの結果発表などもあり、ブログにアップできていませんでした。

イクフン本(青)開始
イクフン本(青)2日目
イクフン本(青)3日目

PART5 文法問題は、「文法のポイント」の各ユニットの例題のみを、UNIT01から16まで、三日かけてガーっとやった後、「文法問題に慣れるための実践問題」を実施。
結果は、○31 △2 ×7 でした。

その後、最初のUNIT01に戻り、各ユニットの出題ポイントを精読し、例題を一問ずつ、もう一度解いて、解説をじっくり読んで、ポイントにマーカーをしていく、という作業を、UNIT16まで進めました。
最初の方はそうでもなかったのですが、後の方に進んでいくにしたがって、本が黄色いマーカーだらけになっていきました。
関係詞や倒置のところなど、1周目はボロボロだったのですが、2周目で出題ポイントと解説をしっかり読むことで、「そういうことなんだ~」と、やっと(少しずつ)理解できてきました。
総じて、基本的な内容が分かっていないことが多かったです。
やっと実践問題のマーカーまで終わりました。

次は、語彙問題には行かず、PART6 長文穴埋め問題 へ進みました。
パターン分析問題、例題、実践問題を解き、結果は、○30 △4 ×13 でした。
こちらも解説を読んで、ポイントにマーカーをしました。

改めて語彙力のなさを感じました。
結局、単語の意味が分からないと答が分かりません。

さあ、いよいよこれから PART5 語彙問題 を始めます。
どのように進めていこうか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/23

TOEIC IPテスト結果報告

一夜明けまして、昨日の公開テストの結果に続いて、IPテストの結果が返ってきました。

結果は、

L 370 R 420 T 790

ガーン。

こんなことってありでしょうか?

なんと、昨日と同じ790点。

あと10点。。。

悔しいですっ。

せっかくリーディングで420の自己最高点を取ったのに、リスニングがついていかなかった。

IPテストでもアビメってあるのだろうか?

ここから上の世界は、本当の実力をつけないと、いわゆるTOEIC対策的な力だけでは、ちょっと限界な気がします。

うーん、このままでは終われない感じ。

3月の公開テストを申し込んでおけばよかったなあ。

TOEIC IPテスト受験記
http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2011/02/toeic-ip-test.html

これまでのスコア
1. 1992年 7月(IP) L 165 R 100 T 265
2. 1995年 2月(IP) L 235 R 150 T 385
3. 1999年 7月(IP) L 240 R 215 T 455
4. 2002年 7月(IP) L 355 R 310 T 665
5. 2005年 7月(IP) L 360 R 330 T 690
6. 2010年 6月(公) L 370 R 305 T 675
7. 2010年 7月(公) L 400 R 370 T 770
8. 2010年 9月(公) L 380 R 385 T 765
9. 2011年 1月(公) L 400 R 390 T 790
10. 2011年 2月(IP) L 370 R 420 T 790

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第160回TOEIC公開テスト(2011/1/30)の結果

1/30の公開テストの結果がインターネットで発表されました。

Toeic160

結果は L 400 R 390 T 790 でした。
一応、自己ベストを更新しました。

受験記にも書いたように、初めて、パート7を塗り絵なく、最後まで、全問解答したということで、かなり充実感いっぱいだったので、ひょっとしたら800点も?なんて思ったりもしましたが、さすがにそうは問屋がおろしませんでした(^^)。

冷静に考えると、最後まで解いても、まだ200点分も間違えているわけで、まだまだ修行が必要ですね。

今回、どんな得点の取り方だったのか?早くアビメを確認してみたいです。

第160回TOEIC公開テスト受験記
http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2011/01/160toeic-e35d.html

これまでのスコア
1. 1992年 7月(IP) L 165 R 100 T 265
2. 1995年 2月(IP) L 235 R 150 T 385
3. 1999年 7月(IP) L 240 R 215 T 455
4. 2002年 7月(IP) L 355 R 310 T 665
5. 2005年 7月(IP) L 360 R 330 T 690
6. 2010年 6月(公) L 370 R 305 T 675
7. 2010年 7月(公) L 400 R 370 T 770
8. 2010年 9月(公) L 380 R 385 T 765
9. 2011年 1月(公) L 400 R 390 T 790

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/02/21

NHK英語講座 4月号のテキスト

NHK出版のサイトを見ていたら4月号のテキストの表紙の写真が出ていました。

https://www.nhk-book.co.jp/shop/main.jsp?trxID=C1010101&htmlPageCode=08.html

「ビジネスパーソンのための 実践!英語でしゃべらナイト」って、テキストがあるんですね。
どんなテキストなのでしょうか?

「基礎英語1」は、なんじゃこりゃ~?
本文のキャラクターもこれなんでしょうか?(^^)

ラジオ英会話も思い切ったイメージチェンジですね。
遠山先生、どんな講座になるのでしょう?

その他のテキストは、オーソドックスな感じですね。

関谷英里子先生の「入門ビジネス英語」の表紙には、「やる気を見せる英単語」って書いてあるから、
カリスマ同時通訳者が教える ビジネスパーソンの英単語帳』のような内容なのかな?

柴原智幸先生の「攻略!英語リスニング」の表紙には、「ヴィジュアライズに○○」と書いてあります。
プロの通訳も用いる「ヴィジュアライズ」という手法で、聞き取った内容の視覚化に挑戦。
って、どんな講座なのか、早く聞きたいです。

「英語5分間トレーニング」には圭南先生の熱いメッセージ。
"You will improve as much as you practice."

「実践ビジネス英語」は、今年度と舞台や登場人物は同じなのかなあ?

あー、4月が待ち遠しいですね♪
って、まだ3月にもなっていないのですが。。(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/17

イクフン本(青)3日目

イ イクフンの 『極めろ! リーディング解答力 TOEIC TEST Part 5 & 6』 の三日目です。

やっと文法問題の例題を一通り終えました。

UNIT11 前置詞 : ○31 △2 ×12
UNIT12 接続詞 : ○39 △0 ×8
UNIT13 関係詞 : ○20 △1 ×13
UNIT14 仮定法 : ○19 △1 ×5
UNIT15 比較・最上級 : ○15 △2 ×11
UNIT16 省略・倒置 : ○14 △4 ×11
Total : ○393 △36 ×119

正解率(○)=393/548=71.7%でした。
ちょっと低いですね。。

関係詞、超やばいです。まったく分かっていないです。
逆に、比較・最上級は、分かったつもりのものが、ころころ間違えていました。
最後の倒置なんて、頭の中がぐちゃぐちゃで、意味分かりません。

今週は、月曜日から遅くまで起きていたため、寝不足でいけません。
ちょっと風邪ひきそうです。本日はここまでとします。

このまま語彙問題へ行ってもボロボロになるだけなので、文法と語彙を分けて取り組みたいと思います。

明日は、まず文法の実践問題を解き、その後は語彙問題は置いておいて、
今日までにやった文法の例題の解説を精読し、重要ポイントに黄色のマーカーを引いていきたいと思います。

今回、こうやって系統立てて問題を解いたことで、自分の弱点が見えてきました。
文法の例題548問を、じっくり、完璧に理解することを目指します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/16

イクフン本(青)2日目

昨夜は夜更かししてしまったので、今日はつらかったです。
イクフン先生の 『極めろ! リーディング解答力 TOEIC TEST Part 5 & 6』 の二日目です。
夕食後に子供の期末テスト勉強に付き合ったので、始めるのが遅くなり、結局こんな時間になってしまいました。

今日は、UNIT05から10までやり、340問目まで進みました。

UNIT05 分詞 : ○22 △5 ×6
UNIT06 動名詞 : ○15 △2 ×7
UNIT07 代名詞 : ○23 △1 ×8
UNIT08 名詞・冠詞 : ○26 △5 ×6
UNIT09 形容詞 : ○20 △0 ×5
UNIT10 副詞 : ○30 △3 ×3

昨日は結構スイスイ進んだのですが、今日はだんだん詰まるようになってきました。
文法の勉強ですが、語彙力のなさも痛感しています。
分詞の問題なども、現在分詞は 「~している、~する」、過去分詞は 「~された、~される」 なんて頭にあっても、結局、単語の意味が分からないと答が分かりません。。

とにかく1周終わるまで、解説を読まずに、進めたいと思います。

会社帰りに本屋さんで 『基礎英語3』 を買ってきたのですが、『速報ガイド!英語テキスト 2011』 というNHK出版の無料の冊子が置いてありました。
黄色い表紙で、英語力測定テスト付き!というものです。
書きたいことがたっぷりありますが、今日も遅くなってしまったので、また今度にします。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/02/15

イクフン本(青)開始

会社から帰ってみると、
極めろ! リーディング解答力 TOEIC TEST Part 5 & 6』 イ イクフン (著)
が、Amazonより届いていました。(第4刷)

まずはTOEICブロガーの皆さんの真似をして、文法問題と語彙問題の境い目で本を真っ二つにカットしました。
(ピンク本もカットして使っています)

今回は、解説部分の精読とマーカーは後回しにして、とりあえず全体を1周することにしました。
自信を持って答えられなかった「勘ボックス相当」はメモしておきました。

今日は、UNIT01から04まで、153問やりました。
もっと大変かと思っていましたが、意外とスイスイいいリズムで進めることが出来ました。
なかなか楽しい。

しかし、採点してみると、結構間違っていて、まずいなあ。。

UNIT01 動詞の種類 : ○38 △5 ×12
UNIT02 動詞の時制 : ○34 △0 ×4
UNIT03 受動態 : ○20 △3 ×3
UNIT04 不定詞 : ○27 △2 ×5

たぶんこの後、だんだん難しくなると思われます。
まだ月曜日なので、今日はここまでとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/13

SONY ポータブルラジオレコーダー ICZ-R50

昨年、語学学習に便利なSONYの薄型CDラジオ「ZS-E70」を買ったのですが、
http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2010/09/sonycdzs-e70-f6.html

SONYからこんな製品が出るそうです。

語学講座や音楽・トーク番組をいつでも聞ける。
ラジオ番組の予約録音ができるポータブルラジオレコーダー ICZ-R50
http://www.sony.jp/ic-recorder/products/ICZ-R50/

ところで、4月からの新年度のラジオ講座に備え、久しぶりにトークマスター2の出番。
もしかしてプログラムが更新されているかもしれないと思い、ホームページを訪ねてみると、なんと、トークマスタースリムもトークマスター2も、販売を休止しており、再開の目処は立っていないということです。
ビックリしました。

このSONYのラジオレコーダーですが、ホームページを見ると、さすがSONY、いろんな機能がしっかり作られており、かなり使えそうです。
欲しくなってしまいました。

SONY ポータブルラジオレコーダー 4GB R50 ICZ-R50

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/12

イクフン青本

TOEICテスト2連戦の後、ピンク本の3周目をやっていました。
1日に2ユニットがやっとで、(0の日もあり)、やっと今日終わりました。
Twitterにも書きましたが、
×××と3回続けて間違えた問題も数問あり、集中的に復習が必要です。

さて、この後、何をやろうかな~と考えていたのですが、
たくさんのTOEICブロガーさんたちのブログで目にして、
今までずっとずっと気になっていた、イクフン青本を、
とうとう、Amazonでポチっとしてしまいました。

なんと1170問だそうです。
私のような飽きっぽい人は何日かかるのだろうか。。
大丈夫かなあ?
いやっ、頑張るぞ!

極めろ! リーディング解答力 TOEIC TEST Part 5 & 6』 イ イクフン (著)

短期集中講座! TOEIC(R)TEST英文法問題集 (アスカカルチャー)』 柴山 かつの (著)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/11

平成23年度NHK語学番組

NHK語学番組のページを見たら、平成23年度NHK語学番組のご紹介ということで、注目番組の情報が紹介されていました。

http://www.nhk.or.jp/gogaku/topics2011.html


さらに、下記の pdf ファイルには、写真入りで英語講座の各番組が紹介されています。

http://www.nhk.or.jp/gogaku/images/new_2011/gogaku2011_2.pdf

各講座のおすすめポイントをチェック!


英語以外もこちらにあります。

http://www.nhk.or.jp/gogaku/images/new_2011/gogaku2011_3.pdf


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/06

4月からのNHKラジオ講座

皆さんもうご存知かと思いますが、Sanaeさんのブログ 『川本佐奈恵 You can do it!|ゴガクル 英語』 で、新年度4月からのNHKラジオ講座(テレビも)が紹介されていました。
http://gogakuru.com/blog/selection/kawamoto/

私の今回の注目は、『攻略!英語リスニング』 と 『入門ビジネス英語』 です。

『攻略!英語リスニング』 は、同時通訳者として有名な柴原智幸先生が担当されます。

アルクにこんなページがありました。
英語勉強法:スペースアルク
http://www.alc.co.jp/eng/benkyo/index.html

柴原先生本人が、トレーニングのお手本を聞かせてくださり、ワンポイントアドバイスをしてくれます。
今回の講座はリスニングのトレーニングということで、どんな講座になるのか楽しみです。

『入門ビジネス英語』 は、こちらもカリスマ同時通訳者の関谷英里子先生が担当されます。
スタジオパートナーは、ブランドン・ストールさん。

NHKラジオ ビジネス英語 - 日本通訳サービス(代表 関谷英里子)
http://www.jtservices.jp/nhk/index.html

入門ビジネス英語は今年度は再放送でちょっとがっかりだったのですが、関谷さんが講師をされるとはビックリしました。
これまたどんな内容になるのか楽しみです。

4月からはこの2つの講座を聞くつもりです。

オバマの英語 徹底トレーニングブック』 柴田元幸 (著), 柴原智幸 (著), 内田樹 (著), 町山智浩 (著), 明川哲也 (著)
カリスマ同時通訳者が教える ビジネスパーソンの英単語帳』 関谷 英里子 (著)
ビジネスパーソンの英単語帳+70 次の70語でもっとうまくいく』 関谷 英里子 (著)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

TOEICテスト公式プラクティス リスニング編

先日発売された
TOEICテスト公式プラクティス リスニング編
ですが、1/30のTOEIC公開テストの前に1周目、その後のIPテストの前に2周目をやりました。

Part1は、よくありそうなPart1の参考書といった感じですが、やはりポイントついてます。
私は、「現在完了形の受動態+形容詞」という文型が苦手だと分かりました。
S has been left open.
これを言われると、何となく迷ってしまいます。

この本はPart2に大きくページを割いています。
Part2に出題される質問を5種類に分類し、4つのUnitで、これでもかこれでもかと解いていきます。
前のエントリーでも書いていますが、質問に対して直接的に答えていないけれども、「対話の流れとして自然」という肩すかしさせる問題がとにかくたくさん出てきます。
このすかし具合というのは、公式本でないと本物に近い物は作れないと思います。
何しろ本物を作っているところ(ETS)が作っているのですから。

Part3, 4は、1つの題材を使って、Vocabulary、Warm Up、Practice 1、Practice2、Practice3と段階的に練習し、最後にTOEIC形式で問題を解きます。
1つの会話あるいはトークを何度も何度も聴いて、概要から詳細へと理解が深まった状態でTOEIC形式の問題を解いてみると、なるほど感覚がつかめてきます。
このあたりのことをスパイラル学習と呼んでいるのでしょう。
確かによく考えられています。
ただ、1周目はきちんと実施しましたが、2周目はTOEIC形式の問題を解いただけでした。

各パートの最後に、総仕上げとしてTOEIC形式のChallenge問題があります。
Part3, 4は、本番に比べるとキーワードがそのまま出てくる問題が多いように思いました。
そういう意味では少し易しく出来ているのかもしれません。

私は今回の2回のテストの前に、「せっかく買ったのだから、とにかくテスト前に一通りやらないともったいない。。」と、この本のCDをたくさん聴きました。
やはり、「テスト本番と同じナレーターを使用」というのは大きいと思います。
テストで1度きり流れる会話やトークをパッと理解するのには、初めて聴く声と、少しでも聴き慣れた人の声では、絶対に差があると思います。

それにしてもこの本、この辺りの田舎の本屋さんでは実物を見たことがありません。
都会の本屋さんはどうなんでしょう?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/05

TOEIC IPテスト受験記

1/30のTOEIC公開テストの感覚が体に残っているうちにと、IPテストを受験しました。

Part1は9問目まで順調でした。
最近の公開テストのような難しい単語は出なかった気がします。
しかし、10問目は4つの英文が読まれても正解が分かりませんでした。。
(D)まで行って、あれれって感じ。
写真は昨年のいつかの公開テストで見覚えのあるものでした。

Part2は1問目でいきなりつまずきました。
Whenで始まる問題で、(B)が「行ったことないよ。」的な、最近のTOEICで大流行りの、質問に対する直接的な答じゃないんだけど、「対話の流れとして自然」というような、肩すかしさせる答だったので、これだ!と思ったら、(C)で「次の水曜日。」みたいな答。
まだぼーっとしていたせいか、Whenしか憶えていないよ~と、1問目からパニックです。
引きずって2問目、途中でWhenだったかWhereだったか忘れてしまい、これまた勘の解答に。。
あの1問目は素直に(C)だったのかなあ。。1問目だしなあ。。
その後は、立ち直って、ぼちぼち出来た気がします。
いや、出来たり出来なかったりかな。
(今、冷静に考えると、あの先頭の2問は間違えました。悔しいなあ。)

Part3, 4も、もちろん全部とは言いませんが、そこそこ出来た感があります。
ただ途中で、「ちょっとこれまじ?いけるんじゃない?」とか「何点行くかなぁ」などと変な色気を出すと、その瞬間に絶対に集中力が途切れますね。
おかげで何問か記憶が飛び、あせりました。
TOEICとは、2時間いかに集中力を切らさず維持するかの試験であることを痛感しました。
また、例えば3問のうち1問分からない設問があった時、その1問をその場で考え込むことはやめるようにしました。
次の問題の先読みが出来なくなってしまうからです。

今回はいつものオーストラリア人の男性よりも、初めて聴くイギリス人の女性の声がとても聴きとりづらかったです。

今回も、Part1, 2のDirectionsで、Part5を先に解きました。
このアドバンテージは絶対に大きいです。
Part5, 6もいい調子で進みました。
分からない語彙問題はどうしても出てきます。
そういう問題は、ファーストインプレッションでマークするようにしました。

Part7の開始時点で、55分~1時間くらい残っていたように思います。
すんなり理解できない問題はいったん後回しにし、解ける問題をやってから再度トライするようにしました。
そして最終的には、5分ほど余して全問解答することができました。
そのためPart7の見直しをすることができ、間違いを2問ほど見つけることができました。
このスピード感は、先日の公開テストで一つの大きな山を越えた気がします。

ただ、先日のエントリーでは、塗り絵がなかったと単純にはしゃいだことを反省しています。
自分としては、そこが一つの大きな壁だったものですから。。
Part7に関して言えば、たまたま題材が自分にとって理解しやすい物が多かったり、知らない単語が少なかったりといった運があったように思います。
また、Part5, 6もどれだけ正解しているかは微妙なところです。
次のステップとしては、全問に取り掛かれるスピードを維持しながら、内容の精度を上げていきたいと思います。

いずれにしても、結果が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »