« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010/10/31

2010世界バレー 浜松アリーナ

昨日は浜松アリーナへ2010世界バレーを見に行ってきました。
TBSのサイトにはどうしても全日本の情報しか載っていないのですが、
FIVBのサイトを見たら、浜松のプールBのことも記事になっていました。
自分たちが見てきたチームのことなので、英語でも興味を持って読めますね。
知らない表現がいろいろ出てきて、おもしろい!
辞書を引きながら見ています。

FIVB Women's World Championship Japan 2010 official page
http://www.fivb.org/EN/Volleyball/Competitions/WorldChampionships/2010/Women/

Pool B in Hamamatsu 10/30の結果
・Brazil beat the Czech Republic 3-2 (22-25, 25-22, 23-25, 25-20, 15-9)
・Puerto Rico beat Kenya 3-0 (25-20, 25-23, 25-19)
・Italy beat the Netherlands 3-2 (18-25, 25-21, 25-23, 26-28, 15-12)

Italy v Netherlands tops bills on Day Two in Japan

Italy topple Dutch, Brazil edge Czechs on day two of FIVB Women's World Championship Japan 2010

Brazil game a dream come true, says Kenya's Khadambi

Samba fever in Hamamatsu

Women are always there in Hamamatsu

After Italian marathon Netherlands face Olympic champs on day three of FIVB Women’s World Championship Japan 2010

さすが浜松。まさにブラジルのホームでした。
ところがチェコとフルセットの大接戦。
でもブラジルを5セットも見れてよかった。

イタリアとオランダもいい試合。
オランダの高さはすごい。
最後はフルセットでイタリアの勝利。

子供たちも得るものがあったかな?

月刊 VOLLEYBALL (バレーボール) 2010年 11月号 [雑誌]
は、全日本女子の特集&木村沙織スペシャルということで、買ってしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/10/17

久しぶりに「英語ものしり倶楽部」

今日は一人で買い物に出かけました。
行きの車でNHKラジオ第2放送をつけたら、← 家族といっしょの時はありえません(^^)
大杉正明先生とリサ・ヴォートさんの「英語ものしり倶楽部」をやっていました。
すごく久しぶりに聴きました。

大杉先生が、サイモンとガーファンクルのサウンド・オブ・サイレンスの歌詞の中に
People talking without speaking.
People hearing without listening.
というフレーズがあり、
talkとspeak、hearとlistenの違いを覚えたという話をされ、

borrowとrent
dietとcongressとparliament
suspectとdoubt
markとgrade

などの単語を紹介していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/16

「洋楽倶楽部80's」 と 「俺たちの旅」

この10月からお父さんは、テレビの番組録画予約に2つの番組を追加しました。

一つ目は、NHKの「洋楽倶楽部80's」
http://www.nhk.or.jp/yougaku80/

なんと高嶋兄は私と同い年でした。
というわけで、懐かしの洋楽がバンバンかかります。
先週の「フットルース」や「トップガン」は大学時代に観にいきました。
懐かしいなあ。。
学生時代はMTV全盛で、ミュージック・ビデオをせっせとビデオに録画したものです。
ちなみに私はベータでした。。
しかも学生にSONYは買えずAIWA。(^^)
確か学生協のオーディオフェアみたいなのがあって、買ったんだよなあ。

私が洋楽を初めて聴くようになったのは中学時代の79年頃からなのですが、
そのあたりは、かからないかなあ。。
以前書いたエントリー「オール・ジャパン・ポップ20」
http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2005/05/post_d3b8.html


もう一つは、BSジャパンの「俺たちの旅」
http://www.bs-j.co.jp/oretachinotabi/

私は再放送世代なのですが、学生時代によく見たなあ。。
カースケ、オメダ、グズ六。。
青春時代を思い出します。
来年の8月24日までの全46話です。すごいっ。

#1 男はみんな淋しいのです
#2 男はどこか馬鹿なのです
#3 男はいつか歩き出すのです
#4 男の友情は哀しいのです
#5 女もなぜか淋しいのです
#6 男の人生には色んな事があるのです
#7 人はみなひとりでは生きてゆけないのです
#8 男の胸には哀しさがあるのです
#9 男はいつか愛を知るのです
#10 おふくろさんも女なのです
#11 男はみんなロマンチストなのです
#12 妹はちょっと甘えてみたいのです
#13 男は自立したがるものなのです
#14 馬鹿がひとりで死んだのです
#15 男の心はかよいあうのです
#16 男には女の淋しさが胸にしみるのです
#17 父親は淋しい生き物なのです
#18 結婚するのも大変なのです
#19 新婚旅行がまた大変です
#21 親父さんも男なのです
#22 少女はせつなく恋を知るのです
#23 ついに東大に入りました!?
#24 男の道はきびしいのです
#25 やっと卒業いたしました
#26 男は力いっぱい生きるのです
#27 うちの嫁さんチョコちゃんなのです
#28 木もれ陽の中に想い出が消えたのです
#29 生きるのがへたな男もいるのです
#30 ふられ男が旅にでました
#31 大嫌いがやってきました
#32 愛するってどういうことですか?
#33 妹の涙をある日みたのです
#34 気楽生きればなんとかなります
#35 一緒に仕事をはじめました
#36 男には美しさがあるのです
#37 お兄ちゃんはお母さんの恋人です
#39 ニッポンの将来はどうなりますか?
#40 やさしさだってあるのです
#41 生きてる限りせつないのです
#42 男は生きがいをもとめるものです
#43 愛しているから別れるのです
#44 友情ってなんでしょう?
#45 愛しているから哀しいのです
#46 男の旅はいつまでも続きます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/14

単語特急2と文法特急2

最近は、この2冊を繰り返しやっています。

新TOEIC TEST 単語特急2 語彙力倍増編 森田鉄也 (著)

新TOEIC TEST 文法特急2 急所アタック編 花田徹也 (著)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

第157回TOEICテストのアビメ (ABILITIES MEASURED)

9月12日に受けたTOEIC公開テストの結果です。

【フォーム】4GIC19
【スコア】L380 R385 T765
【LAM】 76 86 84 65
【RAM】 77 88 65 76 76

TEX加藤先生のブログの正答数換算表によりますと、

LISTENING ABILITIES MEASURED
1つ目 76 21問中5問誤答
2つ目 86 22問中3問誤答
3つ目 84 19問中3問誤答
4つ目 65 37問中13問誤答

READING ABILITIES MEASURED
1つ目 77 13問中3問誤答
2つ目 88 16問中2問誤答
3つ目 65 20問中7問誤答
4つ目 76 29問中7問誤答
5つ目 76 25問中6問誤答

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/04

第157回TOEIC公開テスト(2010/9/12)の結果

9/12の公開テストの結果がインターネットで発表されました。

結果は L 380 R 385 T 765 でした。

もっとボロボロかと思っていましたが、何とか踏みとどまった感じ??
L より R の方が高いというのは初めてでした。
中身はどうだったのか、スコア表(AM=Abilities Measured)を見てみたいです。

10月はお休みですが、11月はどうしようかなあ。
テストのような目標がないと、だらだらして勉強が続かないのも事実です。。

2010年9月12日(日) 第157回TOEIC公開テスト受験記
http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2010/09/2010912-157toei.html

これまでのスコア
1. 1992年 7月 L 165 R 100 T 265
2. 1995年 2月 L 235 R 150 T 385
3. 1999年 7月 L 240 R 215 T 455
4. 2002年 7月 L 355 R 310 T 665
5. 2005年 7月 L 360 R 330 T 690
6. 2010年 6月 L 370 R 305 T 675
7. 2010年 7月 L 400 R 370 T 770
8. 2010年 9月 L 380 R 385 T 765

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »