« Part3の音読 | トップページ | TOEIC単語特急はすごい »

2010/08/07

[代不定詞] 同じ動詞を繰り返すのを避けるために、to不定詞のtoだけを用いる

先日からTOEICのPart3の音読をしていますが、
新公式問題集Vol.3のTest1のPart3の10ユニット目の最後の男性のセリフで、
"I'll be happy to stop by your desk if you need me to."
「必要とあれば、喜んできみの机のところに行くよ。」 という文があります。

今まで気にしてなかったのですが、音読してみたら、最後の to の存在が気になります。
この to って必要なのだろうか?
省略しているとしたら、なぜ to からばっさり省略しないで、to だけ残しているのだろうか?
って言うか、こういう省略の仕方ってありなの??
ひょっとして need の特殊な使い方か何か?

インターネットで少し検索してみましたが、よく分からないので、Twitterで質問してみました。
すると、すぐにみなさんから返事をいただきました。

英語は繰り返しを嫌って省略したがるため、to の後の stop by your desk が省略されているということでした。
確かに今回の例文だと、to なしで 「もし私が必要なら」でもよさそうな気もしますが、本当は、me が to stop by your desk することが必要なら、って言いたいのですね。
そして、こういう用法を 「代不定詞」 ということも初めて知りました。
さっそく文法書を見てみたら、ちゃんと載っていました。

< 総合英語Forest 6th edition より >
to不定詞のtoの後では、反復を避けるために前に出てきた動詞を省略することがある。このtoは代不定詞と呼ばれる。
反復を避けるために代不定詞を用いる場合、動詞がbe動詞の場合にはtoだけでなく、to beを残す。

< ロイヤル英文法―徹底例解 より >
同じ動詞(+目的語など)を繰り返すのを避けるために、to不定詞のtoだけを用いることがあり、これを代不定詞という。一種の省略法で、くだけた言い方に多い用法である。構文としては、wantやintendなどのようにto不定詞を目的語や目的補語にとる動詞の場合や、ought to, have to, be able toなど、不定詞を含む成句の場合にもよく見られる。

教えてくださったみなさん、本当にどうもありがとうございました。
「代不定詞」 っていう用語はさておき、こういう使い方をするのだということが分かり、とても勉強になりました。
スッキリしました。

----------

2010/08/09 「toがないとだめなのだろうか?」
http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2010/08/to-8634.html
へ続きます。



|

« Part3の音読 | トップページ | TOEIC単語特急はすごい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70286/49083968

この記事へのトラックバック一覧です: [代不定詞] 同じ動詞を繰り返すのを避けるために、to不定詞のtoだけを用いる:

« Part3の音読 | トップページ | TOEIC単語特急はすごい »