« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010/05/31

TOEIC新公式問題集Vol.4 Test2 Reading

TOEICを受験された方、お疲れさまでした。
今、TOEICブロガーの皆さんの熱いレポートを読んでいます。
どんどん難しくなっているということで、自分が受けたら、どうなってしまうのだろう。

私は家で、新公式問題集Vol.4のTest2のReadingをやりました。
先週のListeningに続いてボロボロで、ブログに書くのが恥ずかしいです。

Part5は、21分と、思ったより時間がかかりました。
よく分からずに時間をかけた問題はやっぱり間違っていて、結果は22/40。
半分しかできないって、情けない。

Part6は、Test1の時に比べると割とスムーズに行き、6分で、10/12。

Part7は、思いっきり時間がかかりました。
シングルパッセージを半分くらいやったところで、難しい問題にぶち当たり、残りの問題も難しそうだったので、これでは到底全部できないと悟り、ダブルパッセージへジャンプ。
結局、3つのシングルパッセージ(12問)、1つのダブルパッセージ(5問)、合計17問が時間切れでした。
解いた31問中、4問間違えて、27/48。

先週やったListeningと合わせた結果は、
Listening = 68 → 換算点 265 - 315
Reading = 59 → 換算点 205 - 255
合計 → 換算点 470 - 570

400点台とは。。
730点を目指そうって人の点数ではないですね。
顔を洗って出直します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/29

TOEIC TEST単語特急

明日はTOEIC公開テストということで、たくさんの方がブログに書かれていますね。
今まではあまり興味を持って読まなかったのですが、今は違いますね。
公開テストを受けたことのない私にとって、参考になることがいっぱいです。
受験される方、頑張ってください。

今週は、森田鉄也先生の 『1駅1題 新TOEIC TEST単語特急』 を購入し、やってみました。

新公式問題集をやっていても、語彙の問題が苦手な事を痛感していましたが、たまたまタイミング良く、近くの本屋さんで平積みで置かれていました。
いろいろなブログで評判を聞いていましたし、これだっと思って買いました。

私が買ったのは第2刷なのですが、森田先生のブログ「TOEIC満点&アメリカ移住への道」 http://toeicjuken.seesaa.net/ に載っていた正誤表についてはちゃんと修正されていました。

1周目の結果は以下の通りです。
(正解でも100%の確信がないものは△。分からない、もしくは間違いは×。)

[1章] ○:3, △:2, ×:3
[2章] ○:8, △:4, ×:6
[3章] ○:4, △:4, ×:4
[4章] ○:10, △:0, ×:7
[5章] ○:10, △:4, ×:3
[6章] ○:5, △:1, ×:2
[7章] ○:5, △:3, ×:2
[8章] ○:1, △:2, ×:7
[計] ○:46, △:20, ×:34

TOEICブロガーの皆さんを見ると、ほとんど○ばっかりなのですが。。
いやあ、これが私の実力。
やりがいがあります。
グルグル勉強法で、繰り返しやります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/28

先週末のTOEICの勉強

今週末はTOEICの方が多いと思います。
私は今月は受けないのですが、学習状況をブログに書いておきます。

最近仕事がはまっており、帰宅が深夜のため、正直、なかなか勉強ができていません。
その分、週末は頑張ろうと思い、先週の土曜日は、新公式問題集Vol.4のTest2のListeningをやりました。
しかし、あまりの不出来にがっくりでした。。
ボロボロです。
Part3,4はほとんど分からず、やるだけムダ状態でした。。
先読みができず、聞き取ることもできず、おたおたしている間にどんどん問題が進んで行きます。
ゴールデンウィークにTest1をやった時は、5年ぶりにしては、結構いけるじゃん。と思ったのですが、ぬか喜びだったようです。

採点後、解説を見るのを我慢して、もう一度やり直してみました。
まず、CDをMP3に落としました。
今度は、時間制限なしで、何度も何度も理解できるまで繰り返し聞きました。
家の用事があったりして、結局、土日かけてリスニングのやり直しとなりました。

ところで、Twitterにも書きましたが、オーストラリアとイギリスの英語にアレルギー状態です。。
ちょっと、というか、かなり苦痛になってきました。
本番でもあれくらいの割合で、各国の英語が出てくるのでしょうか?
基本的にはアメリカ英語で、その他はちょっと。かと思っていたのですが、新公式問題集では、ほぼ同じ割合ですよね。
あのオーストラリア人の男性の英語は何とかしてくれぇ。。。
思うに、私の聞きとる能力より、しゃべるスピードが速いんですよね。
オーストラリアなまりがつらいのに加えて、スピードについていけないのです。。
何度も聞いて、何度も真似して、慣れるしかないと思います。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/22

NHK 小さな旅

何気なくテレビをつけたら、NHK総合でRCサクセションの「多摩蘭坂」が流れていました。
NHKでなぜRC?と思ったのですが、清志郎の一周忌ということでした。
そうか、もう一年が経つのですね。
「多摩蘭坂」は大好きな曲です。若い頃を思い出します。

NHKの「小さな旅」という番組。
http://www.nhk.or.jp/shutoken/program/b-det0001.html

今日のテーマは、『キヨシローと歩む坂 ~東京都 国立市界わい~』 ということでした。

去年5月、58歳で世を去ったロック歌手、忌野清志郎。派手なイメージと裏腹に、素顔は穏やかで繊細な男だった。青春時代を過ごした国立市を愛し歌にしてきた。タイトルにもなった「多摩蘭(たまらん)坂」には今もファンが足を運び、花束を供えている。清志郎の歌に勇気をもらい歩む母と子。けなげなファンとふれあい、曲を聞くようになった夫婦。清志郎の歌を胸に、ひたむきに生きる人々を緑豊かな初夏の風景の中に訪ねる旅。 (NHKサイトより)

番組エンディングの音楽を聴いて、このメロディ、久しぶりに聞いたなあと思いました。
この番組っていつからあるんだろう。
日本全国のいろいろなところを紹介しているのですよね。

オープニングとエンディングに使われているテーマ音楽は、みんな聞けば、「あー、聞いたことがある」というのではないでしょうか。(Amazonで視聴できました。)
なんとも情緒があっていい曲です。

「小さな旅」テーマ曲『光と風の四季』 大野雄二
http://www.nhk.or.jp/shutoken/tabi/music.html


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/05/17

TOEIC千本ノック2 2回目

10日ぶりに 『1日1分レッスン ! 新TOEIC Test千本ノック ! 2 (祥伝社黄金文庫)』 をやってみました。

△や×から○になったものはいいのだけれど、なんと!○から×なんてのが結構ありました。。。
なんじゃそりゃ。最初から分かってなかったってことだ。

1周目 → 2周目
○ → ○ : 77
△ → ○ : 10
× → ○ : 17
○ → △ : 3
△ → △ : 2
× → △ : 11
○ → × : 13
△ → × : 5
× → × : 21

1周目の時に解説を読んで分かった気になっていましたが、2周目でも△が16個、×が39個もありました。
解説を読むだけでは覚えられないことが分かったので、今日は、○ → ○の77個以外をすべてノートに書き出して、自分が分かっていない箇所を明確化すると共に、1つ1つ書くことで頭に入れました。
しばらくはこのノートを手元に置いて、159問すべてを完璧に覚えるまで、繰り返し読もう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/16

NHK高校講座

NHK教育テレビの高校講座が結構おもしろいです。

「英語Ⅰ」は、
講師は、お父さんがアメリカ人でお母さんが日本人という、慶応大の由井ロバート (Yui Robert) 先生と、
お父さんがイギリス人でお母さんが日本という、東京外国語大のエミリー・スノードン (Emily Snowden) 先生です。

「Bittersweet Diaries」という、みどり(小池 唯)、純(本庄 正季)、ダン、リズ、あやの日米高校生男女の連続ミニドラマもあります。若いっていいですねえ。

「今日の豆知識」というコーナーでは、毎回の学習するトピックに関連して、英語の豆知識を紹介してくれます。
時間の表現の時は、時計の文字盤のことを、時計の顔でもあるので、英語では face という。なんてことを教えてくれました。毎週、へぇ~と思います。

「Crossroads」というコーナーでは、アメリカ英語のロバート先生とイギリス英語のエミリー先生が、英語でも国によって言い方が違うもの、文化によって意味が異なるもの、同じ単語や表現でもニュアンスが異なるものなどを取り上げてくれます。
英語では両側の家並に囲まれているイメージから"in the street"、米語では広い大陸の平面の上に住んでいるイメージから"on the street"だとか。このコーナーもおもしろいです。

今は内容も基礎的な要素が強いですが、1年間通したら、かなり勉強になると思います。

また、英語だけに限らず、「化学」「物理」「世界史」など見てみましたが、他の科目もためになります。
みなさんもお暇な時にでもいかがでしょうか。勉強が結構「新鮮」だったりします。

なんとインターネット上でも見ることができます。
NHK高校講座
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/index.html

放送内容をまとめたページを発見しました。
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/eng1/archive/resume001.html
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/eng1/archive/resume002.html
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/eng1/archive/resume003.html
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/eng1/archive/resume004.html
今のところ4回まで。

2009年度の放送分もライブラリーとして、ネットで見ることができます。
NHK高校講座 | ライブラリー
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/library/index.html


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/15

週末を迎えて

久しぶりのブログ更新です。

なかなか勉強できていないのですが、新公式問題集〈Vol.4〉の練習テスト(1)のPart5, 6をやり直してみました。
[Part5] ○:28, △:7, ×:5
[Part6] ○:9, △:1, ×:2
ということで、ちょっと前に一度やった問題ができていません。
覚えたようで覚えていないのですね。

以前から通勤の車の中で英語のCDを聴いたりしていたのですが、最近は公式問題集のCDを聴いています。
でも、Part2とか真剣に試験のつもりで聴くと、結構危ないですね。。
今まで、「車の中で聴いています。」なんて簡単に言ってましたが、ほとんど聞き流していただけだということがよく分かりました。。

この週末は頑張って勉強しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/06

TOEICブログ

ここ数日、TOEICブロガーの皆さんのブログを読み続けています。
これまで英語関係のブログということで、お名前を知っていて、リンクも張らせていただいていましたが、TOEICに関する記事をここまでしっかり読んでいませんでした。
しかし今回、自分がTOEICに興味を持った状態で読ませていただくと、その熱い情熱と情報量に圧倒されます。
皆さんすごいです。あれだけのことをやるから結果がついてくるのでしょうね。
そして、できる方は、ユーモアのセンスも抜群ですね。そこがまたカッコいい。

今日はOJiMさんのブログ 『OJiM's Diary rev2.01』 を読ませていただいています。
http://ojim.at.webry.info/
本当にすごいパワーです。参考になることばかりです。

----------

5月7日。
今日はHUMMERさんのブログ 『独学でTOEIC990点を目指す!』 を読ませていただいています。
http://independentstudy.blog118.fc2.com/
アツイ コトバがいっぱいです。すごいです!

----------

5月8日。
今日はmasamasaさんのブログ 『TOEIC征服日記』 を読ませていただいています。
http://ma3ma3.blog.so-net.ne.jp/
こちらもTOEIC関係の皆さんには定番のブログなんですよね。
読んでいて、こちらもモチベーションが上がっていきます。

あー。もっと早くからTOEICやる気モードになっていればよかったなあ。。

----------

5月9日。
ものすごい情報量です。
まだすべてを読むことができません。
本当に"熱い"です。
"本気"度が"半端じゃない"です。

----------

やっと最新エントリーまでたどり着きました。
思いっきり刺激を受けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/05

1日1分レッスン ! 新TOEIC Test千本ノック ! 2

今朝ブログを書いた後、TOEIC関係のブログを読みあさりました。
TOEICブロガーの方がたくさんいることは知っていましたが、これまではTOEICに関する内容を詳しく読むことはあまりありませんでした。
柴犬さんの 『英語がアカン人のTOEIC攻略日記』 という、とても参考になるブログを見つけ、最初から読ませていただきました。
http://shibadogtoeic.blog.so-net.ne.jp/

そうこうしているうちに、お昼も過ぎ、本屋さんへGO。
中村澄子先生の 『1日1分レッスン ! 新TOEIC Test千本ノック ! 2 (祥伝社黄金文庫)』 を買ってきました。

以前まだ中村さんが本を出される前に、DVDでTOEICのリーディングの勉強をしました。
メルマガはずっと読んでいましたが(編集後記を。。)、数年ぶりの購入です。

1問1問こつこつ解いていきました。
かっこの部分だけ見て答が分かっても、答え合わせの後に全文読んで意味を全部理解するようにしました。
間違いの選択肢も意味をすべて確認しました。

そしてそして。。
まさか1日でやろうとは思っていませんでしたが、結局全部やってしまいました。。
先ほど終わりました。
疲れた~。疲れた~。

1周目の結果は以下の通りです。
(正解でも100%の確信がないものは△。分からない、もしくは間違いは×。)

[1章] ○:19, △:4, ×:5
[2章] ○:14, △:5, ×:10
[3章] ○:15, △:3, ×:12
[4章] ○:16, △:1, ×:13
[5章] ○:21, △:3, ×:6
[6章] ○:8, △:1, ×:3

×が多いですねえ。
特に、語彙の問題、熟語の前置詞を埋める問題は、分からないのが多かったです。
やっぱりボキャ不足は深刻です。
文法問題も結構間違えています。
全部を○にできるように、今後も何周もまわしたいと思います。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/04

新公式問題集Vol.4テスト(1)の復習

昨日は、一昨日やった公式問題集の復習をしました。
朝から始めて、途中いろいろあって、終わったのは夜遅くでした。

最初にリーディングから。
いきなり解説を見ないで、もう一度、時間を気にせず自力で考えるようにして進めました。

Part5, 6は、熟語も含めた語彙の問題の間違いが多いです。
文法もぽつぽつ落としています。
もう一度しっかりやり直した方がよさそうです。

Part7は、最初の方は結構出来ていますが、内容が難しくなってくると、お手上げですね。
ボキャブラリ不足&長文を読むことの不足です。

リスニングも、解答を見る前に、分かるまで何回も何回も聞いてみました。

Part1は、ちょっと怪しい迷ったのがやはり間違っていました。

Part2は、5年ぶりとは思えないくらい結構出来ていました。
何となく今回の問題はやさしい部類のものなのかも。
テスト(2)ではどうだろうか?

Part3は、先読みが勝負だと思うのですが、先読みした時にどんなお話かの想像がつかないと、パニックですね。
場面を想像できた時は、答もすっと分かるものです。
逆に場面を想像できないと、先読みといっても内容を読めないわけで、質問の意味も分からないし、選択肢も何これ何これって感じです。Part4も同様です。
Part3もPart4も、自分としてはかなり頑張った気がしますが、合わせて45/60だから、まだまだ点数を伸ばすことができるんですね。

旧形式のTOEIC本は何冊かあるのですが、リーディングは何か1冊買ってこようかな。
リスニングは公式問題集のCDを聞きこみたいと思います。

テスト(2)もやりたいのですが、家族がいない時でもないとなかなか家ではできないですね。
家のこともやらずに一人で英語の勉強やパソコンをやっていると、ご機嫌が。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Carnation

今度の日曜日は母の日ですね。
今年も
『花キューピット』

で、シンプルな赤のカーネーションの花束を選びました。
どんな花束が届いているのかいつもドキドキですが、お花屋さんに期待しましょう。

母の日 (Mother's Day) の カーネーション (Carnation)
http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2009/05/mothers-day-car.html
http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2008/04/mothers_day_car_272d.html
http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2007/04/post_fae3.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/02

TOEIC新公式問題集Vol.4の練習テスト(1)をやってみた

今日の午後、『TOEIC テスト新公式問題集〈Vol.4〉』 の練習テスト(1) をやってみました。
なかなか家で長い時間をとって実施するのも大変です。

TOEIC模試をやるのも何年振りだろう。。さあスタート!

[Part1]
おーっ結構いけるぞっ。いいペース。 → 8/10

[Part2]
ここは旧形式と変わらないから、質問の最初の単語に集中して。
いけるぞ、いけるぞ。そんなに難しくないかも。 → 28/30 マジですかっ!信じられない。

[Part3]
さあ、昨日ボロボロで、鬼門のPart3。
TOEIC本によると、とにかく先読みが大事。
それは昨日のサンプルテストでも感じました。
なかなかペースがつかめない。。
いきなり連続で落とした。。
しかし、だんだんペースが合ってきた。
なんとか頑張れ! → 22/30 よしっ!

[Part4]
ここもPart3同様、先読み先読み。
ペースを守れ。 → 23/30

リスニングは、81/100。
5年ぶりにトライしたわりには、出来過ぎです。
正直ビックリ。

[Part5]
Part7の時間がなくならないように、とにかくどんどん行きます。
深く考えすぎないように先に先に。 → 26/40 結構間違えたなあ。。やっぱり力が落ちていることを痛感。これはしっかり再学習が必要です。

[Part6]
このパートも新形式なので、慣れていません。
やはりどんどん行きましょう。 → 5/12 どんどんはいいけど、ボロボロじゃん。。涙。

[Part7]
なんとここで50分残っていました。
それだけPart5, 6を意識して急いでやったのですが、こんなに早くやったのは初めてです。
結果がついてきていないのが残念ですが。。
さあ、昨日はできなかったPart7。
最初は結構分かります。
時間の余裕があるからかな。
シングルパッセージの最後の方はやはり間違いが多かったです。 → 22/28
そして、ダブルパッセージ。
2問目と4問目がまるでダメ。 → 13/20

リスニングは出来過ぎかなと思いましたが、リーディングはやはりそれなりでした。66/100。

結果は、
Listening = 81 → 換算点 355 - 415
Reading = 66 → 換算点 265 - 315
合計 → 換算点 620 - 730

5年前のTOEICが、L 360点 R 330点 合計 690点 でしたから、それなりというか、L は今回は出来過ぎかな。
リーディングの点数の方が現状を表していると思います。
さあ、これから内容の詳細をチェック。
1冊みっちりやるつもりです。

しかし疲れた~。
畳の上でやったので、腰も痛い痛い。
途中、家の用事で何度か中断もありました。
やっぱり家でやるのは大変だ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

本屋さんでTOEIC本をチェック

昨夜のサンプルテストで惨敗だったので、今日は、本屋さんへ行って、TOEIC本をチェックしてきました。
私は5年間もTOEICとご無沙汰でしたので、新形式も未経験で、解き方というか進め方が分かっていません。
昨日のサンプルテストでそれを痛感しました。
何冊か立ち読みしましたが、Part3の先読み、Part7の解き方が今の自分には大事だと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンプル問題を解いてみた

昨夜は、サンプル問題を解いてみました。
Part1, 2は、何とかOK。
しかし、Part3, 4は全滅。1回では分かりませんでした。
新形式に慣れていないこともあり、スピードについていけません。
リーディングは、Part5, 6は、一応できたけど「勘」が多い。
そして、Part7のダブル・パッセージがぼろぼろ。。
というわけで、これは「TOEIC対策」が必要だと痛感したのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/01

TOEIC公式問題集を買ってきた

急に思い立って、家にある旧TOEIC公式問題集のミニテストをやってみました。
Part1以外、全然できませんでした。。
感覚を忘れているし、というより、英語の力が「ガタガタ」なのが分かります。
昔のブログを見てみたら、前回TOEICを受けたのは、なんと5年前!
それから、トイックのトの字もなしで、だらだらと趣味の英語を続けてきた感じです。
やっぱり何か目標があったほうがいい気がします。
さっそく、本屋さんへ行って、 『TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉』 を買ってきました。
新形式も未経験な私。
しかも最近は昔よりかなり難しくなっているそうですね。
いろんな方のブログを見ると、高得点の方がたくさんいますね。
私もああいう風になりたいなあ。
この連休は新たなスタートです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »