« 英辞郎の新機能 「整列」 「頻度集計」 | トップページ | TOEIC公式問題集を買ってきた »

2010/04/30

ディクテーションの宿題

先日子供の高校でForestが配られたことを書きましたが、他にも教材&宿題がいっぱいです。
その中に「フランダースの犬」のCDを聞いてディクテーションするというのもあるそうです。
時代の違いというか、今の高校生はディクテーションの宿題があるのかとびっくりしました。すごいですね。
CDだとディクテーションの繰り返し聞くのが大変なので、MP3に落としてあげて、パソコンかトークマスターのA-B間繰り返し機能を使うようにすすめました。
しかし、自分の高校生の頃、あんなに勉強したかなあ。。
今の子は大変です。。

CD BOOK 耳で読むLISTENING LIBRARY : 桐原書店
A Dog of Flanders(フランダースの犬)
http://www.kirihara-kyoiku.net/book/eigo_0605_01.html

|

« 英辞郎の新機能 「整列」 「頻度集計」 | トップページ | TOEIC公式問題集を買ってきた »

コメント

厳密にはディクテーションのように英語を書き取るというよりも、CDを聞いて、別冊の問題集を解いていくようです。
日本語の要約の穴埋め問題があったりして、単純なディクテーションの方が楽では?とも思えます。(^^)

投稿: Mark | 2010/04/30 21:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70286/48224667

この記事へのトラックバック一覧です: ディクテーションの宿題:

« 英辞郎の新機能 「整列」 「頻度集計」 | トップページ | TOEIC公式問題集を買ってきた »