« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010/01/31

漢字博士

近所の文具店でセールをしており、
大正10年創業という奥野かるた店が作っている 『 漢字博士 NO.1 』 を買ってしまいました。

家族で脳トレ。
遊びながら漢字の勉強ができたらいいな。

東京神田・神保町にお店があるそうですが、さすが東京、かるたの専門店があるんですね。

奥野かるた店のホームページとブログ
http://www.okunokaruta.com/
http://okunokaruta.jugem.jp/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/01/18

Universal English

先日、日経ビジネスオンラインの 「Universal English - マルチに使えるビジネス英語」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20070619/127791/
というページの Do you happen to ~ ? を紹介しましたが、
他にも、これは!という表現がいっぱいなので紹介させていただきます。
ぜひ読んでみてください。

1. You might want to ~ 「~した方がいい」
提案する時、相手が好印象を持つ表現
【You might want to+動詞の原型】
相手が自分と対等か、目下の人に助言・提言する場合に使える丁寧なフレーズ

2. I'd be Interested in ~ 「~したい」
自分の希望をさりげなくアピールする
【I'd be interested in+動詞の進行形または名詞・名詞節】
相手を問わず、自分の希望を丁寧に伝える時の表現。

3. Do you happen to ~ ? 「~してもらえますか?~ありますか?」
相手からうまく情報を引き出す一言
【Do you happen to+動詞の原形(主にhaveやknow)】
頼み事や質問を遠回しに伝える

4. That may be true, but ~ 「確かにそうかもしれませんが~」
自説を主張する前に相手に配慮する
【That may be true, but +文】
相手の意見や立場を認めながら自分の意見を述べる時の前置き表現

5. Would it help if I ~ 「~すればお役にたつでしょうか?」
困っている相手に手を差し伸べる
【Would it help if I+動詞の過去形】
相手を問わず、さりげなく支援を申し出る時の表現

6. make sense 「理解できる」
「自分は理解した」と明確に伝えるフレーズ
【make sense】
理解や納得の意を表す。否定文で使えば、納得できないと、相手にハッキリ伝えられる

7. Is there any way ~ ? 「何とか~できませんか」
「そこを何とか…」と、相手にすがりたい時に
【Is there any way + 節 またはto+動詞】
依頼が受け入れられそうにない時、相手に訴えかける表現。

8. I wish I could ~ 「~できたらいいのですが」
断る時に申し訳ない気持ちを伝えたい
【I wish I could+動詞】
依頼や申し出に対して、「本意ではないのだが」と丁重に断る表現

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/01/16

頑張れ受験生 ありあけのハーバー

出張で新横浜駅を利用するときは、いつもお土産に「ハーバー」を買ってきます。
私は数年前までこのお菓子を知らなかったのですが、家内は子供の頃東京に住んでいたので、懐かしがっています。
何よりおいしいので、子供たちも、横浜の時は「ハーバー」を買ってきてくれることを期待しているようです。
ところで、昨日は、ちょっと変わったものを見つけたので、買ってきました。

「合格祈願 必勝ハーバーアソート」なるもので、2010年1月7日から2月28日までの期間限定販売なのだそうです。
箱には、なかなか面白いことが書いてあります。

必勝① 『ハーバーは栗がたっぷり!』
栗は昔、武士が出陣の際に「打ち鮑、勝ち栗、昆布」を供え、「打ち勝って喜ぶ」と願いを託し、縁起の良いものとされています。ハーバーは栗がたっぷり!「勝ち栗」にあやかり絶対受験に「勝つ!」

必勝② 『ハーバーの復活パワーをあなたに!』
一度は姿を消してしまったハーバーですが、たくさんの人々の思いに支えられ、見事に復活を果たしました。ハーバーは困難にもめげずそれを乗り越える象徴として横浜土産No.1としてご愛顧いただいています。

必勝③ 『夢に向かって!クイーン・メリー2』
ハーバーのイラストには世界最大級豪華客船であるクイーンメリー2をイメージしています。日本に寄港した客船の中では過去最大No.1!!1番を腹に据えて、大船に乗った気分でリラックスして頑張って下さい!

株式会社ありあけ 復活横浜銘菓「ありあけのハーバー」
http://www.ariakeharbour.com/index.html

こんなパッケージです。
Ariakeharbour1Ariakeharbour2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/14

Do you happen to ~ ?

日経ビジネスオンラインより
Do you happen to ~ ? 「~してもらえますか? ~ありますか?」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20070719/130238/?P=2

Do you happen to + 動詞の原形(主に have や know )で、頼み事や質問を遠回しに伝える。

・Do you happen to have ~ ? 「~をお持ちですか?」
~があったら欲しいと、遠回しにお願いしている。
I need to ~ などに比べ威圧感がなく、相手の気分を害せずに頼んだり、情報を得たりしたい時に有効。

・Do you happen to know ~ ? 「~を知らないでしょうか?」
「もし知っていたら、教えてほしいなぁ」と返答を無理強いしない表現になる。

・You don't happen to know his cell phone number, do you? 「ひょっとして君、彼の携帯電話の番号、知ってる?」
You don't happen to ~, do you? は Do you happen to ~ ? と意味も使い方も同じだそうです。
「この人なら携帯電話の番号を知っているかもしれない」という期待を込めた、柔らかい表現。

Do you happen to ~ ?
相手からうまく情報を引き出す一言として、覚えておきたいです。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/01/12

off the top of your head

[OXFORD]
off the top of your head : (informal) just guessing or using your memory, without taking time to think carefully or check the facts
・I can't remember the name off the top of my head, but I can look it up for you.

[LONGMAN]
off the top of your head : (informal) if you say something off the top of your head, you say it immediately, without thinking carefully about it or checking the facts
・Just off the top of my head, I'd say there were about 50.

[ジーニアス]
off [out of] the top of one's head 「十分に考えずに、思いつきで、不用意に」
・I said that right off the top of my head. 「思いつくままにそう言った。」

オックスフォード現代英英辞典 第7版
ロングマン現代英英辞典 [5訂版] DVD-ROM付
ジーニアス英和辞典


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/11

That is,

50イングリッシュの会話文は10番台も覚えました。
やっぱり何度も口に出すといいですね。

今日は That is, を辞書で引いてみましたが、that is (to say) がありました。
[OXFORD] used to say what sth means or to give more information
・He's a local government administrator, that is to say a civil servant.
・You'll find her very helpful - if she's not too busy, that is.
この文は、You'll find her very helpful. That is, if she's not too busy. でもいいですよね。
本屋さんで見たジーニアスの4版にも That is, if ~ の例文が載っていましたが、我が家の3版には載っていませんでした。

次は20番台を暗記中です。
最後に長いのがあるんだよなあ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/10

What makes you think ~ ? 「どうして~と思うんだ?」

What makes you think ~ ? 「どうして~と思うんだ?」

最初はどうも慣れなかったのですが、What makes you think までかたまりで見るようにしたら、~ の文もよく見えて、全体がすっきりしました。
こういう言い方って英語的でパッと口からできるようになりたいです。

2009年04月25日の「英語5分間トレーニング」でも、こんな例文が出ていました。

What makes you think I like her? 「どうして僕が彼女を好きだと思うんだ?」
http://gogakuru.com/english/phrase/4265_What_makes_you_think_I_like_her.html

やっぱり岩村圭南先生の講座はいいですね。
続けられない自分が情けない。。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010/01/09

名古屋出張

今週は久しぶりに名古屋に出張でした。

タワーズプラザレストランの江南でラーメンを、
ジェイアール名古屋タカシマヤのデパ地下で地雷也の天むすを食べました。
とてもおいしくいただきました。
ブログパパとしてはこういう時は写真を撮ってきてブログにアップしたいですね。。

それから三省堂でいろいろ立ち読みしてきました。
都会の本屋さんは本がたくさんでいいですね~。
お目当ての英語本やビジネス本だけでなく、専門書も充実していました。
あれもこれも欲しくなってしまいました。

50イングリッシュの会話文の暗記の方は、0番台は覚えられたのですが、10番台、更には20番台の長い文になるとなかなか覚えられません。。
どうしてこういう文になるのかイマイチ分からないものもあって、ちょっと壁に突き当たっている感じです。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/02

コロケーション collocation

50イングリッシュは基本文は一通り覚えたので、会話文の暗記を始めてみました。

今日は、conduct research という表現を知ったので、コロケーションで覚えようと、例文検索で辞書を確認しました。

・carry out [conduct, do] research [some research] into [on] the causes of brain damage. 「脳障害の原因についての研究を行う。」 [ジーニアス]

・to do / conduct / undertake research [OALD]

conduct の他に、carry out / do / undertake が使えるようです。
また、どんな research かを続ける時は into / on を使うようです。

日向清人先生のブログ「日向清人のビジネス英語雑記帳」の中で、「なぜコロケーションは重要なのか」という記事がありました。
http://eng.alc.co.jp/newsbiz/hinata/2009/11/post_627.html

代表的なコロケーションが分かっていると、話したり書いたりするのが楽になり、スピードアップできると共に、
シチュエーションに応じて、所定のコロケーションの中から意識的に選択できるようになることで、コミュニカティブな英語が使えるようになると書かれています。

即戦力がつくビジネス英単語』の帯より

- 「即戦力がつく」シリーズ第3弾 -
ビジネスの現場でよく使われる英単語400とコロケーション2000を収録
単語の意味だけでなく、どんな状況でどうやって使うのか?
使い方を徹底的に解説

日向先生の本は、こういうところを 「とことん」 書かれていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/01

英語学習モチベーション

新年明けましておめでとうございます。

昨年は本当にいろいろあった1年でした。

今年は家族みんなが健康で、素晴らしい年になりますように。

英語の勉強も、「英語学習モチベーション」を維持し、こつこつ頑張ります。

今後ともよろしくお願い致します。

平成22年 元旦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »