« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009/12/30

Bird's-Eye Bull's-Eye

昨日書いた 『Wiiフィット プラス』 の USのサイト。

Fitness Game for Nintendo Wii - Wii Fit Plus
http://wiifit.com/

当たり前ですが、ゲームのタイトルが英語で出ていました。

Bird's-Eye Bull's-Eye はゴロ的にもいい感じですね。
辞書で見てみると、意味もなるほどです。
Bird's-Eye : 鳥瞰(ちょうかん)的な、上空から見下ろした
Bull's-Eye : (アーチェリー・ダーツなどの)的の中心

Obstacle Course も辞書に載っていました。
Obstacle Course : (軍)障害物のある訓練(場)、障害(物)の多い場所
ところで、フィールド・アスレチックっていうのは和製英語なのだろうか?

Tilt は「傾ける」って意味ですね。
昔、ピンボールで台を揺らし過ぎると「ティルト」になって終わりなんてことがよくありました。
子供の頃は「ティルト」って英語なんだろうとは分かっていましたが、変な語感の言葉だなと思っていました。
日本人の脳にピンと来ないというか、カタカナ英語になりにくい感じ?
あちらでは日常的に使う言葉でしょうか。

それにしても、やっぱり日本語の「パタパタ飛行」とか「コロコロ玉入れ」は、日本人にはピッタリきますね(笑)。

◆ トレーニング+ ( Training Plus )
腰フリ10 ( Perfect 10 )
パタパタ飛行 ( Bird's-Eye Bull's-Eye )
ジャグリング ( Big Top Juggling )
サイクリング ( Island Cycling )
雪合戦 ( Snowball Fight )
スケボー ( Skateboard Arena )
リズムカンフー ( Rhythm Kung Fu )
アスレチックMii ( Obstacle Course )
コロコロ玉入れ+ ( Table Tilt Plus )
ゴルフレッスン ( Driving Range )
バランス色分け ( Tilt City )
バランスMii+ ( Balance Bubble Plus )
セグウェイチャレンジ ( Segway(R) Circuit )
足踏みパレード ( Rhythm Parade )
ジョギング+ ( Basic Run Plus )

◆ バランスゲーム ( Balance Games )
ヘディング ( Soccer Heading )
バランススキー ( Ski Slalom )
スキージャンプ ( Ski Jump )
コロコロ玉入れ ( Table Tilt )

◆ 有酸素運動 ( Aerobics )
フープダンス ( Hula Hoop(R) )
踏み台リズム ( Basic Step )
ジョギング ( Basic Run )
2人でジョギング ( 2 People Run )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/29

家族みんなで Wii Fit Plus

サンタさんのプレゼントの 『Wiiフィット プラス
家族みんなで楽しんでいます。
あれこれやると結構疲れますよ。
運動不足の私はメタボ解消になるかな?
アスレチックMiiでついつい本当にジャンプしてしまって最初に戻ってしまうのはショック~(笑)。

松嶋菜々子さんテレビCM公開中
http://www.nintendo.co.jp/wii/rfpj/index.html

Nintendo USAのホームページで英語もトレーニング?
Fitness Game for Nintendo Wii - Wii Fit Plus
http://wiifit.com/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/28

「指導者の条件-人心の妙味に思う」 松下幸之助

年末年始に読もうと、松下幸之助の 『指導者の条件-人心の妙味に思う (PHP文庫 マ 5-8)』 を買ってきました。

REAL LEADER'S REQUIREMENTS - Konosuke Matsushita


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ALL NIGHT LONG - RAINBOW

Allnightlongall day long は 「一日中」
all night long は 「一晩中」

オール・ナイト・ロングといえば、こんなレコードが出てきました。
レインボーです。1980年です。

I wanna touch you
I wanna feel you
I wanna make you mine

I wanna love you all night long
I wanna be with you all night long
I wanna loove you all night long
I wanna be with you all night long

ベタベタですなあ~。

love が loove になっているのは、単なる typo かしら?

グラハム・ボネット
コージー・パウエル
ロジャー・グローヴァー
ドン・エイリー
リッチー・ブラックモア

懐かしいですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/27

副詞のthat

副詞のthat

I don't like it that much. 「そんなに好きではない。」

thatが副詞として使われることにピンと来ませんでした。
ジーニアスで確認しました。

1. それほど、そんなに(前述の具体的な数量・程度をさし、形容詞・副詞を修飾する)
・ I hope he'll be that lucky. 「彼にそのくらい運が向いてくれるといいわ。」
・ Has she been away from home that long? 「彼女はそんなに長いこと家をあけている[いた]のですか。」

2. [通例疑問文・否定文で] [(all) that ...] あまり(・・・でない)((not) very)(否定を弱める)
・ He isn't (all) that rich. 「彼はあまり裕福ではない。」

3. [結果を表す節を伴って] とても、それほど (so)
・ I can't hardly move; I am that tired. 「私はとても疲れてほとんど動けない。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音読の回数

50イングリッシュですが、50の基本文はほぼ覚えました。
通勤の車の中では、前の車のナンバーを見て、その番号の基本文を言ってみる。なんて感じで続けています。
ただ、本の中では30回は音読すると書いてあるのですが、これができません。
飽きっぽい性格そのままで、30回も声に出す前に飽きてしまうのです。。
覚えてからが本番ですからね。
まだまだこの50の基本文を繰り返せねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/20

to make matters worse

To make matters worse, ... 「さらに悪いことには・・・」
を辞書で確認してみると、OXFORDにこんな例文が。
And then, to make matters worse, his parents turned up.

ここでの turn up の意味が分からなかったのでジーニアスで確認。
<客・バスなどが>現れる、到着する <機会などが>訪れる、(会などに)出席する、姿を見せる
とありました。
「そしてさらに悪いことに、両親が姿を見せた。」 って、この少年は何をしたというのだ??

ちょっと忘れてましたが、worse って、bad, badly の比較級。
(形) good - better - best, bad - worse - worst
(副) well - better - best, badly - worse - worst

中学校の英語でしょうか(^^)。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/19

新幹線の中の変なおじさん?

『 50イングリッシュ 』 の暗記。

今日は新幹線の中でぶつぶつ練習してきました。
物語を読み直して、絵と番号と英文と本のページ位置とを結びつけて。
空いていたのでよかったですが、変なおじさんと思われたかな?
そうです、私が変なおじさんです(^^)。。
ぱっと言えるのはまだ半分くらいかなあ。もうちょっと行ってるかな?

クリスマスプレゼントにどうかな~と思って秋葉原で電子辞書を見てきました。
XD-SF4800 が19800円でした。
ちょっと迷ったのですが、結局今日はやめておきました。
私の好みで買うのでなく、本人と相談して決めようと思います。

CASIO Ex-word 電子辞書 XD-SF4800WE ホワイト 音声対応 100コンテンツ 高校生学習モデル 5.3型液晶クイックパレット付き
CASIO Ex-word 電子辞書 XD-SF4850WE ホワイト 音声対応 120コンテンツ 高校生学習モデル 英語音声教材充実 5.3型タッチパネル クイックパレット付き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/15

50イングリッシュ

何年も前からずーーーっと気になっていた
『 [新版] 50イングリッシュ 』 サム・パク(著), Sam Park(原著), 青柳 優子(翻訳)
を買ってしまいました。

シンさんのブログ : 自的好奇心★オンライン英会話の勉強日記
http://blog.livedoor.jp/takao_rival/
hanaさんのブログ : hanaのつれづれなるままに・・・
http://plaza.rakuten.co.jp/haripogo/
を参考にさせていただきました。

よろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/12/13

Every cloud has a silver lining.

「入門ビジネス英語」 March 16,17 2009 UNIT95,96

・Can you give me a sense of what you accomplished there? 「そこであなたが達成したことを説明してくれますか。」
give me a sense of ~ は、「~(の意味)を説明する」
give me an account of ~ と言い替えてもよい。

・That exactly coincides with my competence. 「私の能力とぴったり一致します。」
What a coincidence! 「すごい偶然ですね。」というのは知っていましたが、coincides with を初めて知りました。。

・Hang on a minute. You sound like a jack-of-all-trades and a master of none. 「ちょっと待ってください。君は何でも屋さんで、何一つ専門がない感じですね。」
a jack-of-all-trades and a master of none は、「器用貧乏、他芸は無芸」ということで、ネガティブな表現。

・I was the silver lining. 「私が希望の星でした。」
a/the silver lining は、英語のことわざ Every cloud has a silver lining. 「不幸なことの中にも何かいいことはあるもの。」から来ていて、「希望のきざし、一筋の光明」というところ。人、物事両方に使う。

・It's in my wheelhouse. 「得意中の得意です。」
in one's wheelhouse は、「自分の能力や適性にピッタリだ。」という意味。
wheelhouse は文字どおりには「船の操舵室」。
口語で、野球の「ヒッティングゾーン、ど真ん中」の意味でも使われるそうです。メモメモ。

「英語はツール、道具。国際ビジネスにあたって英語を使えるのは基本。」とジェイソンさん。

------------------------------

2008年~2009年の「入門ビジネス英語」

ジョン・K・ギレスビー先生(John K. Gillespie)
嶋川洋一先生
ジェイソン・ハッチェルさん(Jason Hatchell)
AIKOさん(DJ AIKO62)

4月「自分をPRする」
5月「仕事に必要な情報を手に入れる」
6月「誤解を解消する」
7月「プロジェクトメンバーに必要なフィードバックをする」
8月「プロジェクトリーダーとしてミーティングをリードする」
9月「既存顧客に新製品のプロポーザルをプレゼンする」
10月「顧客を訪問する」
11月「取引先と交渉する」
12月「アメリカ企業に技術移転を行う」
1月「PDCAサイクルで部下の業績を管理する」
2月「コーチングを行う、人を動かす」
3月「採用面接を行う」

ジェイソンさん、アイコさん、楽しく、ためになる放送をどうもありがとうございました。

『NHKラジオ 入門ビジネス英語 ベストプラクティス1(NHK CDブック)』

『NHKラジオ 入門ビジネス英語 ベストプラクティス2(NHK CDブック)』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

if I may 「よろしければ」

「入門ビジネス英語」 March 10, 2009 UNIT94

今日も仕事で使いそうな表現をピックアップ。

・One final question, if I may. 「よろしければ、最後に一つ質問させてください。」
・I want to make one suggestion, if I may. 「よろしければ、一つ提案させていただけますか。」
・One clarification question, if I may. 「よろしければ、確認のための質問を一つさせてください。」

if I may は、許可を求める may を使って、「よろしければ」という意味。
One final question. 「最後の質問です。」
A quick question.「手短にうかがいます。」
は、質問するときによく使う表現だが、if I may をつけた方が丁寧な言い方になる。

・Now I understand what you mean. Let me take a stab at it. 「やっとそちらの言っていることが分かりました。私にもちょっとやらせてください。」

take a stab at ~ は、「~を試しにやってみる」
take の代わりに have や make を使うことがある。
stab は、「一突き、試みにすること」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/12

Well put. 「そうだね。」

「入門ビジネス英語」 March 9, 2009 UNIT93

Well put. 「そうだな。」「そうだね。」

ここの put は、「述べられた、表現された」の意味で、
Well put. は、「うまく表現した、言い得て妙」という賛辞と同意を示しているそうです。

well の後ろに過去分詞が来た形の「賛同の表現」。

Well done! 「上出来だ!よくやった!」

Well said. 「君の言うとおりだ。」
同じ意味で Good point. もあり。

Well done! は知っていましたが、Well put. Well said. は初めて知りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/11

ポータブルラジオレコーダー SANYO ICR-RS110M

川本佐奈恵さんのブログで、SANYOのポータブルラジオレコーダー ICR-RS110M が紹介されていました。
http://www.sanyo-audio.com/icr/rs110/index_rs110m.html

私は古いトークマスターⅡを使っています。
当時は、こういうニッチなマーケットは、なかなか製品化するメーカーがないのだろうと思い、
サン電子はやるなあ。と思っていましたが、
サンヨーがこの価格で出しているんですね。
Sanaeさんの記事や、Amazonのカスタマーレビューを見てもよさそうですね。

SANYO ラジオ付きICレコーダー(シルバー) [ICR-RS110M(S)]


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/10

A good problem. 「うれしい悲鳴だな。」

やっと昨年度の 「入門ビジネス英語」 3月号まで来ました。
来日14年のジェイソンさんから、リクルーティングのアドバイス。

March 2,3 2009 UNIT91,92

・A good problem. 「うれしい悲鳴だな。」

・trade secret 「企業秘密」

・Listen! I have a good idea. Try this on for size. 「ねえ、いい考えがあるんだ。まあ、聞いてみてよ。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/02

Let me put it this way. 「こう言ったらいいでしょうか。」

「入門ビジネス英語」 February 24, 2009 UNIT90

・Let me put it this way. 「こう言ったらいいでしょうか。」

この put は「言う、表現する、述べる」ということで、前に言ったことを言い替えたり、伝えたい内容を明確にする際に使う表現。
ゲストの稲墻さんの上司も、自分の意図が十分に伝わっていないと感じた時や、何か強調したいときに使っているそうです。

・There's some truth to that. 「そう言ってもいいと思います。」
There's some truth to ~ 「~には真実がいくらかある」ということ。
必ずしも真実だとは言い切れないにしても、考慮する必要があるという意味。

There's some truth to your argument. Let's discuss this further. 「そちらの論にも一理あります。もう少し話し合いましょう。」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/12/01

小さいことにくよくよするな!- しょせん、すべては小さなこと

『小さいことにくよくよするな!- しょせん、すべては小さなこと』
リチャード カールソン (著), Richard Carlson (原著), 小沢 瑞穂 (翻訳)
を読みました。
デール・カーネギーの 『人を動かす』 に通ずるものがありました。
ひとつひとつのお話が短く、読みやすいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »