« if I may 「よろしければ」 | トップページ | 50イングリッシュ »

2009/12/13

Every cloud has a silver lining.

「入門ビジネス英語」 March 16,17 2009 UNIT95,96

・Can you give me a sense of what you accomplished there? 「そこであなたが達成したことを説明してくれますか。」
give me a sense of ~ は、「~(の意味)を説明する」
give me an account of ~ と言い替えてもよい。

・That exactly coincides with my competence. 「私の能力とぴったり一致します。」
What a coincidence! 「すごい偶然ですね。」というのは知っていましたが、coincides with を初めて知りました。。

・Hang on a minute. You sound like a jack-of-all-trades and a master of none. 「ちょっと待ってください。君は何でも屋さんで、何一つ専門がない感じですね。」
a jack-of-all-trades and a master of none は、「器用貧乏、他芸は無芸」ということで、ネガティブな表現。

・I was the silver lining. 「私が希望の星でした。」
a/the silver lining は、英語のことわざ Every cloud has a silver lining. 「不幸なことの中にも何かいいことはあるもの。」から来ていて、「希望のきざし、一筋の光明」というところ。人、物事両方に使う。

・It's in my wheelhouse. 「得意中の得意です。」
in one's wheelhouse は、「自分の能力や適性にピッタリだ。」という意味。
wheelhouse は文字どおりには「船の操舵室」。
口語で、野球の「ヒッティングゾーン、ど真ん中」の意味でも使われるそうです。メモメモ。

「英語はツール、道具。国際ビジネスにあたって英語を使えるのは基本。」とジェイソンさん。

------------------------------

2008年~2009年の「入門ビジネス英語」

ジョン・K・ギレスビー先生(John K. Gillespie)
嶋川洋一先生
ジェイソン・ハッチェルさん(Jason Hatchell)
AIKOさん(DJ AIKO62)

4月「自分をPRする」
5月「仕事に必要な情報を手に入れる」
6月「誤解を解消する」
7月「プロジェクトメンバーに必要なフィードバックをする」
8月「プロジェクトリーダーとしてミーティングをリードする」
9月「既存顧客に新製品のプロポーザルをプレゼンする」
10月「顧客を訪問する」
11月「取引先と交渉する」
12月「アメリカ企業に技術移転を行う」
1月「PDCAサイクルで部下の業績を管理する」
2月「コーチングを行う、人を動かす」
3月「採用面接を行う」

ジェイソンさん、アイコさん、楽しく、ためになる放送をどうもありがとうございました。

『NHKラジオ 入門ビジネス英語 ベストプラクティス1(NHK CDブック)』

『NHKラジオ 入門ビジネス英語 ベストプラクティス2(NHK CDブック)』

|

« if I may 「よろしければ」 | トップページ | 50イングリッシュ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70286/47011789

この記事へのトラックバック一覧です: Every cloud has a silver lining.:

« if I may 「よろしければ」 | トップページ | 50イングリッシュ »