« I hear you. 「わかりました。」 | トップページ | In view of / Given 「~を考慮すると」 »

2009/10/19

quid and quo / caveat emptor / bona fides

2008年の「入門ビジネス英語」(ジェイソンさん、アイコさん)
11月号のテーマは「取引先と交渉する」です。

negotiation(交渉)に関して、ラテン語の表現がいくつか出てきます。

・quid and quo 「譲歩には譲歩を」「取引の代償、代償物」 something for something の意味
(from Latin) a thing given in return for sth else [OXFORD]

・caveat emptor 「買い手危機負担」 購入前に品物の品質や扱い方をチェックするのは買い手の責任とする考え。let the buyer beware の意。
(from Latin) the principle that a person who buys sth is responsible for finding any faults in the thing they buy [OXFORD]

・bona fides 「誠意」 good faith
(from Latin) evidence that sb is who they say that they are; evidence that sb/sth is honest [OXFORD]

その他に、こんな表現も出てきます。

・horse trade 「馬の売買:抜け目のない取引」
horse-trading : the activity of discussing business with sb using clever or secret methods in order to reach an agreement that suits you [OXFORD]

・You scratch my back, I'll scratch yours. 「私の背中をかいてくれたら、私もあなたの背中をかいてあげましょう。」「あなたがこうしてくれたら、私はこうできます。」

・loss leader 「損して得取れ」 最初は損をすることを承知で注文を取り、あとで大口の注文を取って元を取り返す。
loss-leader : an item that a shop/store sells at a very low price to attract customers [OXFORD]
そもそもは、目玉商品、特売品という意味のようです。

・give and take : これは日本語になっていますね。

|

« I hear you. 「わかりました。」 | トップページ | In view of / Given 「~を考慮すると」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70286/46529652

この記事へのトラックバック一覧です: quid and quo / caveat emptor / bona fides:

« I hear you. 「わかりました。」 | トップページ | In view of / Given 「~を考慮すると」 »