« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »

2009/09/29

give it a whirl 「試しにやってみる」

「入門ビジネス英語」 December 16, 2008
UNIT72 : The Decision-Making Process (2)

・vote ~ up or down 「賛成か反対か採決する」
・vote for ~ 「~に賛成投票する」
・vote against ~ 「~に反対投票する」

・ruffle one's feathers 「人を動揺させる、怒らせる」

・give it a whirl 「試しにやってみる」 = give it a try

・one-on-one meeting 「個別(1対1)のミーティング」

・a fair say 「公正な発言の機会」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/28

Coming right up. 「かしこまりました。」

「入門ビジネス英語」 December 15, 2008
UNIT71 : The Decision-Making Process (1)

・What gives / with the necktie? It's awful! 「そのネクタイ、どうしたの? ひどいわね。」
What gives? は、「どうなっているのか、何が起きているのか」という意味で、いぶかしむような、ネガティブな響きがあるそうです。
"What's wrong?" "What's the matter?" も同様。

・clue 人 in 「(人)に必要な情報を知らせる、教える」

・Coming right up. 「かしこまりました。」
Ann にお願いされた Hiro が答えています。
レストランなどで注文を受けた店員のように、「はい、ただ今。」「かしこまりました。」

・Fine and good, but ~ 「まあそれはいいんですが、~」
「それ自体はいいけれど、まずいこともあるかもしれない」と、不都合がある可能性を示唆する前置きとして。

・near and dear 「親密な」

・safe and sound 「無事に」

・short and sweet 「手際のいい、簡潔な」

・peace and quiet 「静寂な、静寂」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/27

What we don't want is just to rig up a system held together by band-aids. 「我々が避けたいのは、その場しのぎの解決策でつぎはぎされたシステムを急いでつくることさ。」

「入門ビジネス英語」 December 9, 2008
UNIT70 : Transferring Your Company's Core Technology (2)

・What we don't want is just to / rig up a system / held together / by band-aids. 「我々が避けたいのは、その場しのぎの解決策でつぎはぎされたシステムを急いでつくることさ。」

・It won't do / the customer or us / any good / to save money upfront, only to spend large sums later on / to repair the band-aids. 「最初にお金を節約しても、一時的な解決策を修正するのに多額のコストがあとでかかることになれば、お客様や当社にとって何の得にもならない。」

うーむ。頭が痛いです。そうなんですよね。大事なことです。分かっているんです。。

・What we don't want is just to 「~することは最悪である」 岡島さんも、「絶対にしたくないこと」という意味で本当によく使うと話していました。
・rig up 「急いで作る」
・hold together 「つなぎ合わせる」

・band-aid 「一時しのぎの処置や解決法」 商品名がそのまま使われているんですね。
・not do ~ any good 「~に何の得にもならない」
・only to 「~なだけだ」 期待はずれの結果になることを述べるときによく使われる。

・wrinkle 「小さな問題点」 元の意味は「しわ」
・potential client 「見込み客」
・go for 「~に賛成する、~を好む」

昨日は12月号を最初から音読しましたが、このスキットはなかなか難しいです。
ちょっとやそっとではスラスラ出てくるようにはなりません。
トレーニング不足を実感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/26

英語のことわざ

「入門ビジネス英語」 December 9, 2008
UNIT70 : Transferring Your Company's Core Technology (2)

英語のことわざがいくつか紹介されていました。
使われる表現(題材)は違えども、日本も外国も考えることは同じなんですね。

・Practice what you preach. 「自分の説教を実行せよ。言行一致(げんこういっち)」「人に説教して回るなら、自ら行動で示せ。」

・You cannot see the forest for the trees. 「木を見て森を見ず」「細かいことに気を取られて大局が見えない。」

・You don't need to preach to the choir. 「聖歌隊に説教する必要はない。釈迦に説法」「もうすでに納得している人たちに説いて回る必要はない。無駄な骨折りをするな。」

・Don't count your chickens before they're hatched. 「孵らないうちからひよこを数えるな。取らぬ狸の皮算用」「まだ成功するかどうかわからないうちにあまり期待を高くするな。」

・penny-wise and pound-foolish 「一文惜しみの百失い、安物買いの銭失い」「小額のお金(ペニー)には細かく、知恵が回るわりに、高額のお金(ポンド)にはうとく、愚かなことをする」というイギリスの慣用表現。アメリカ人のジェイソンさんは知りませんでした。

UNIT74 にはこんなものも出てきます。

・Easier said than done. 「言うは易し、行うは難し」 "It's easier said than done." の It's が省略されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/25

I think I'm getting the picture. 「わかってきた気がします。」

「入門ビジネス英語」 December 9, 2008
UNIT70 : Transferring Your Company's Core Technology (2)

チャックに、"Meaning?" 「というと?」 と聞かれたので、
ヒロが、ほかの表現で言い替え、具体的に説明すると、
チャックが、"I think I'm getting the picture." 「わかってきた気がします。」と答えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/24

Meaning? 「というと?」

「入門ビジネス英語」 December 9, 2008
UNIT70 : Transferring Your Company's Core Technology (2)

今日もテキストが黄色いマーカーでぎっしりです。
これを全部書いていたら、ただ書くだけで終わってしまいそうです。。

ヒロがアメリカ人のチャックも知らないことわざ(イギリスの慣用表現だった)を言った後、
チャックが、"Meaning?" 「というと?」 と聞いています。
「どういう意味ですか?」 ということですね。
今日は、これだけ覚えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/23

know ~ inside out 「~を熟知している」

「入門ビジネス英語」 December 8, 2008
UNIT69 : Transferring Your Company's Core Technology (1)

・Let's get the ball rolling with 「~から始めよう」

・take off 「(景気が)上向く、(商品が)売れ出す」
飛行機の離陸のイメージで覚えましょう。

・know ~ inside out 「~を完全に知っている、熟知している」
ジーニアスでは、スキットのように、通例 know と共に用いる。と載っていました。

・drawback 「欠点、障害、不都合なもの」
岡島さんが、It sounds too good to be true. Any drawbacks? 「ちょっと話が良すぎやしないかい。大丈夫?」と確認みたいな感じで使うと紹介していました。

・tweak 「微調整する」
覚えにくそうな単語です。
「つねる、つまむ、ぐいと引っぱる、ひねる」という意味から派生してきたのかな?

・robust 「堅牢な」
製品の製造バラツキや使用環境に対して影響を受けにくい設計を行うことを、「ロバスト設計」と言います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/09/22

I've got to lay it on the line. Smoking is not allowed on the premises. 「はっきり申し上げなければなりませんね。この敷地内は禁煙です。」

「入門ビジネス英語」 December 2, 2008
UNIT68 : Fundamentals of Technology Transfer (2)

テキストが黄色いマーカーだらけです。
覚えないと。。

・But at the very involves / A, B, C, / things like that. 「しかし最低でも ~ といったこと(などなど)が含まれます。」

・re-doing the design 「設計のやり直し」
さりげなく re-doing を使うとかっこいいかも。

・getting budgetary approval 「予算の承認」

・upfront assessment 「事前評価」

・in the way of 「~という点で、~の手段・方法として」

・installing the devices 「装置の取りつけ」
ソフトウェアのインストールのイメージが強くて、物理的な「取り付け」としてパッと出てきませんでした。

・precise situation 「正確な状況」

・Which part will you tackle first? 「まずどれから手をつける?」
アメフトやラグビーのタックルばかりではありません。

・Given my experience, 「私の経験を考慮すると」

・lay out 「広げてよく見えるように置く」という元の意味から「きちんと明瞭に説明する」

・I've got to / lay it on the line. 「はっきり申し上げなければなりませんね。」

・Smoking is not allowed / on the premises. 「この敷地内は / 禁煙です。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/21

toe the mark with respect to meeting deadlines. 「締め切りの順守に関して従う」

「入門ビジネス英語」 December 1, 2008
UNIT67 : Fundamentals of Technology Transfer (1)

今日は、録っておいた放送を聞いてみました。
ジェイソンさん、アイコさん、お久しぶりです。

・toe the mark / with respect to / meeting deadlines. 「締め切りの順守 / に関して / 従う」

deadline には meet なんですね。

・oversee 「監督する」= supervise

一瞬 overseas かと思いました。。oversee は知りませんでした。

・I would like to put it / on your plate. 「君に任せたいのさ。」「~を責任として割り当てる」

・I've got too many things to do / on my plate. 「やらなくてはならないことがありすぎるな。」

on one's plate は、この講座によく出ました。
ゲストの岡島さんは、「割り当てる」の意味では assign をよく使うと言っていました。
これは私たちも (すでに日本語として) 使いますね。

・sketch out 「概略を述べる、概要を説明する」

岡島さんは sketch out もよく使うと言っていました。そうなんだ~。
OXFORD では、outline と同意と出ていました。
outline って動詞としても使うんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/20

ふたたび 「入門ビジネス英語」

「入門ビジネス英語」 December 1, 2008

UNIT67 : Fundamentals of Technology Transfer (1)

いろいろあってずっと書き込みができませんでした。久しぶりの更新です。
英語どころではなかったのですが、少し落ち着いてくると、何となく、もう一度やってみようかなと思い始めました。
今日は、昨年の「入門ビジネス英語」の12月号を読み返しました。
やっぱりこの講座は覚えたい表現がいっぱいです。

・We have our work cut out for us / with Quantum Digital. 「我々にはやらなきゃならない仕事が待っている。」

have (all) one's work cut out (for one) 「手一杯仕事をかかえている (ジーニアス)」

・I appreciate the confidence you have in me. 「信頼を寄せてくださって感謝します。」

confidence には in なんですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »