« procrastinate 「ぐずぐずと先延ばしにする」 | トップページ | 『 日本人の知らない日本語 』 蛇蔵 & 海野凪子 »

2009/03/20

中澤佑二選手 「サッカーに専念するために、いろいろなものを捨てました。」

先日、ラジ子さんのブログ 「NHKラジオ/英語復習帳」
http://nhkradio-everyday.seesaa.net/

で、comfort zone という言葉が取り上げられていて、以前 「ビジネス英会話」 のテキスト巻頭で杉田先生が書かれていたお言葉を思い出しました。

2005/06/24のエントリー 「英語を勉強したいという意欲はあるのですが、時間がない。どうしたらいいでしょう」
http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2005/06/__f047.html

久しぶりに読み返してみて、身が引き締まる思いでした。

先ほど、録画しておいた 「プロフェッショナル 仕事の流儀」 を見ました。
今週のゲストは、サッカー日本代表の中澤佑二選手でした。

彼の 「サッカーに専念するために、いろいろなものを捨てました。」
という言葉を聞いて、一歩上に行くためには、一流になるためには、やはりそうなのだなあ。と改めて感じました。

中澤選手の言葉、茂木健一郎さん・住吉美紀アナウンサーとのやり取りは、住吉さんのブログに詳しく書かれています。
http://www.nhk.or.jp/professional-blog/100/17149.html

|

« procrastinate 「ぐずぐずと先延ばしにする」 | トップページ | 『 日本人の知らない日本語 』 蛇蔵 & 海野凪子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70286/44406927

この記事へのトラックバック一覧です: 中澤佑二選手 「サッカーに専念するために、いろいろなものを捨てました。」:

« procrastinate 「ぐずぐずと先延ばしにする」 | トップページ | 『 日本人の知らない日本語 』 蛇蔵 & 海野凪子 »