« 入門ビジネス英語2月号 「コーチングを行う、人を動かす」 | トップページ | Nothing you do is more important than coaching. »

2009/02/03

Let's go through it. 「詳しく見てみよう」

「入門ビジネス英語」 February 2
UNIT83 : What is Coaching? (1) より

今月のゲストのファイザー株式会社の稲墻(難しい漢字だ。。)正さんも、ニューヨークのマーケティングチームとのメールでよく使うと言っていた "go through" 「~を詳しく検討する、調べる、説明する」

・Let's go through it. 「詳しく見てみよう」
・I would like you to go through it one more time to make sure that I understand it completely. 「完璧に理解したいので、もう一度詳しく説明してください。」
・Would you like me to go through it one more time? 「もう一度詳しく説明しましょうか。」

ジーニアスにはこんな例文が。
・go through the accounts 「帳簿をくまなく調べる」
・Let's not go through all that again. 「その件をむし返すのはよそうよ。」 Do we have to go through all that again? としても間接的に同じ意図を伝えることができる。

OALDでは、
go through sth
1. to look at or examine sth carefully, especially in order to find sth
・I always start the day by going through my mail. ← 私の電子辞書ではmailですが、インターネット版ではemailとなっていました。(^^)
・She went through the company's accounts, looking for evidence of fraud.

fraudという単語は初めて見ました。詐欺、不正という意味なんですね。
the crime of deceiving sb in order to get money or goods illegally

----------
What is Coaching? 「コーチングとは何か。」
Keep in mind three things. 「三つのことを覚えておくことだ。」

1. Listen to what your subordinates are saying. 「部下のメッセージに耳を傾けること。」
2. Follow up with questions. 「質問を投げかけること。」
3. Give whatever feedback is called for. 「必要なフィードバックをすること。」


|

« 入門ビジネス英語2月号 「コーチングを行う、人を動かす」 | トップページ | Nothing you do is more important than coaching. »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70286/43940166

この記事へのトラックバック一覧です: Let's go through it. 「詳しく見てみよう」:

« 入門ビジネス英語2月号 「コーチングを行う、人を動かす」 | トップページ | Nothing you do is more important than coaching. »