« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008/12/23

『道をひらく』 松下幸之助

公私ともに最近いろいろ考えることも多く、
ずっと気になっていた松下幸之助の『道をひらく』を買いました。
寝がけに読んでいます。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/12/21

managerial functions 「管理職、マネジャーとしての役割」

「入門ビジネス英語」1月号 最初のスキットより

managerial functions は「管理職、マネジャーとしての役割」ということで、具体的には以下のようなものがある。

・setting objectives 「目標の設定」
・monitoring progress 「進捗状況の監督」
・delegating 「権限の委譲、職務の委任」
・coaching 「改善や育成のための指導」
・performance appraisal 「業績の評価、査定」
・giving and receiveing feedback 「日ごろの双方向のフィードバック」
・motivating 「動機づけ」
・rewarding and disciplining 「報奨および懲罰」

ヒロが、「それはすごい量ですよ!私の本来の仕事をする時間がなくなってしまいます。」と思わず口にすると、
上司のトムは、「ヒロ、マネジャーにとってはこれこそが本来の仕事だよ。業績管理の目的は仕事が「うまくいっている」のを確認することと君は言っていたが、そのとおりだよ。部下が仕事を行い、君はそれを監督するんだ。」と応えます。

「ジョンからのアドバイス(John's Advice)」も含めて、「入門ビジネス英語」は、英語学習のテキストであるとともに、ビジネス本でもありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/20

渡辺千賀のはたらけシリコンバレー

エンジニアならシリコンバレーで働くということに興味や憧れがあると思います。
こんなサイトがあるのを発見しました。

渡辺千賀のはたらけシリコンバレー
http://www.pasonatech.co.jp/hatarake_sv/index.jsp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/16

インフルエンザを英語で

インフルエンザを英語で言うと。。
英英辞典を引いてみました。

まずは、OXFORDでは。

influenza (formal) = FLU

インフルエンザはフォーマルらしいので、FLUを見てみましょう。

flu (also formal influenza) : an infectious disease like a very bad cold, that causes fever, pains and weakness

・The whole family has the flu.
・(BrE) She's got flu.

infectiousがポイントのようです。

infectious : an infectious disease can be passed easily from one person to another, especially through the air they breathe

・Flu is highly infectious.
・(figurative) infectious laughter

ふむふむ。

次は、Longmanも引いてみました。

influenza : an infectious disease that is like a very bad cold [= flu]

flu : a common illness that makes you feel very tired and weak, gives you a sore throat, and makes you cough and have to clear your nose a lot [= influenza]
・Steven's still in bed with flu.
・She's got the flu.
・I couldn't go because I had flu.
・the spread of the flu virus
・Doctors now fear a flu epidemic.

epidemicも引いてました。

epidemic :
1. a large number of cases of a disease that happen at the same time [→ pandemic]:
・Over 500 people died during last year's flu epidemic.
epidemic of
・an epidemic of cholera
2. a sudden increase in the number of times that something bad happens
epidemic of
・Britain is suffering an epidemic of petty crime.

pandemicも見てみなさいということです。

pandemic : a disease that affects people over a very large area or the whole world [→ endemic, epidemic]
・the AIDS pandemic

endemicにも矢印が。。

endemic : an endemic disease or problem is always present in a particular place, or among a particular group of people [→ epidemic, pandemic]
・Violent crime is now endemic in parts of Chicago.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/12/15

BARACK OBAMA バラク・オバマ の DVD

大統領就任式翌日の2009年1月21日にオバマ次期大統領のDVDが発売されるそうです。
すごいですね~。

最近毎朝、通勤の車の中でオバマ氏のスピーチを聞いています。
#正直、細かいところの意味はあまり分かっていないのですが。。(笑)
これから仕事に向かうぞって時に、何かやる気が湧いてきますよ。
おすすめです。

11月22日のブログ
http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2008/11/post-523f.html


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/12

Family always comes first. World peace begins at home.

トークマスターで録った入門ビジネス英語がたまっています。。
12月号のテキストを眺めていたら、ゲストのエン・ジャパンの岡島徹さんが、
Family always comes first. World peace begins at home.
をモットーにしていると書かれていました。
部下にも、
「家族に何かあったらすぐ帰れ。会社はいつでも取り替えがきくが、家族は取り替えられない」
とよく言っているとのこと。
私もそう思います。
いつも自分を支えてくれるのは家族。
家族が第一。家族が一番。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/07

クリスマス・キャロル (C.ディケンズ) - A Christmas Carol by Charles Dickens

以前、この映画がいいという話を聞いて、いつかDVDを観てみたいなと思っていましたが、なかなかその機会がありませんでした。
先日ふと思い出して、本を読んでみることにしました。
いつものように、小学生向けの本です。(^^)

『 クリスマス キャロル (新装版) (講談社青い鳥文庫) C. ディケンズ (著), 杉田 比呂美 (イラスト), こだま ともこ (翻訳) 』

最後の方はどんどん引き込まれて一気に読んでしまいました。
じーんといいお話でした。
そして、読んだ後の気持ちよさ。
何だか心がすーっとしました。

今度は、DVDを観てみたいと思います。
いくつかあるみたいだけど、どれがいいのでしょう?

それから、英語の原文がインターネット上で公開されていることも知りました。
少し英語で読んでみたら勉強になるかな?

A Christmas Carol by Charles Dickens - Project Gutenberg
http://www.gutenberg.org/etext/46

Charles Dickens - A Christmas Carol
http://www.charles-dickens.org/a-christmas-carol/

青空文庫で日本語訳も公開されていました。
でもこれは小学生向けの書籍の翻訳の方が断然読みやすいです。

ディッケンス Dickens 森田草平訳 クリスマス・カロル A CHRISTMAS CAROL
http://www.aozora.gr.jp/cards/000914/files/4328_8144.html


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/06

ミドルマネジャーの教科書

『ビジネス書の杜』 http://people.weblogs.jp/books/ という書評サイトをよく見に行くのですが、先日こんなエントリーがありました。

『ミドルマネジャーの教科書~100冊の啓発書よりこの一冊』 http://people.weblogs.jp/books/2008/11/post-3851.html

その中で、そうだなあと感じたのは、

・ミドルマネジャーは組織によって立場が違うし、人によってキャリアが違う。モデル化するよりも、フィールドワークから何かを学ぶことが重要である。

・今年はミドルマネジメントの本(いわゆる課長本)が大ヒットし、たくさん出版されたが、これらの本には管理行動だけしか書かれておらず、違うだろうという感覚があった。

というようなことが書いてあったところです。

私もこれまでいろんな本に目を通しましたが、結局、人は人、自分は自分であって、あたりまえですが、教科書なんていうものはないんですよね。

でも、様々な本を読むことで、その中から自分に活かせることが見つかればいいなと思い、読んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/05

東山魁夷アートカレンダー小型判 2009年版

今年も東山魁夷のアートカレンダーを買いました。
我が家の1階のトイレはちょっと和風っぽく作ってあるので、しっくり合うのです。

今年の夏休みに長野・善光寺に行ったのですが、隣接する長野県信濃美術館・東山魅夷館では、生誕100年東山魅夷展が開かれていて、いつもと比べてすごい数の作品を観ることができました。

東山魁夷アートカレンダー小型判 2009年版 (2009)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »