« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008/10/20

The horse kicked at me. 「馬がぼくを蹴ろうとしたけど、当たらなかった。」

10月から始まった「新感覚☆わかる使える英文法」。
1日10分の放送ですが、なかなか見る時間が取れず、録画が少々たまり気味です。
それでもこの分厚いテキスト、ちょっと空いた時間を見つけては読んでいます。
まだまだちょっとしか読めていませんが、先日、巻末の「英文法CAN-SAY mini-Test」にチャレンジしてみました。
(今書いていて気がつきましたが、これってCAN-SAYで完成とかけている??)
その中で、こんな問題がありました。

10. The horse kicked at me. はどちらの状況を表現したものでしょうか。
A. 馬がぼくを蹴ろうとしたけど、当たらなかった。
B. 馬が僕を狙って蹴り、実際に当たった。

えっ。。そんなこと言われても。。分からない。。

テキストの本文のどこに説明があるのか、探してみました。
最初、過去形の章にあるのかとあれこれ探しましたが、なかなか見つかりませんでした。
もやもやは積もるばかり。
そしてやっと見つけました。

今週放送の、
Chapter4 動詞で語る「コト」の世界
1. 働きかけ(作用・影響)のあるなし:他動詞と自動詞
の中に、こんな説明がありました。(P.127)

The horse kicked me. 「馬が僕をけった。」
The horse kicked at me. 「馬が僕をめがけてけった。」

at が「~のところに」という意味合いであることから、本来他動詞の kick がここでは自動詞として「それを狙ってけった」という意味合いになります。
at を入れて使うことから、ここでは対象に直接は当たらなかったという感じになります。

へ~。

at ひとつで、そんな違いがあるのですか。。

ジーニアス英和辞典で at を引いてみました。
[III] [方向] (一点に向けての意図的な目標・試みを示す)
7 [試み] [catch, strike, shoot, grasp, guess などの他動詞と共に] <<・成就を目指す行為・運動を示すが、成就したかどうかは不明。at がなければ通例成就したことを示す>>
[例] The hunter shot at the bird. 「ハンターは鳥をねらって撃った。<<・比較: ... shot the bird. 鳥を撃ち落した>>」
という説明がありました。

英語って奥が深いなあ。。
今週の放送が楽しみです。

新感覚☆わかる使える英文法1 コトの世界を語る:動詞の文法1DVD(単行本)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/10/19

遠距離恋愛と単身赴任

「入門ビジネス英語」の巻末にあるケイ・ヘザリさんのエッセイ「Business As Usual?」
久しぶりに読んでみました。
10月号は「When Love and Business Are Miles Apart」
遠距離恋愛がテーマ。
そういえば今月のゲストのスターバックスコーヒー・ジャパンの関根久仁子さんも、広島-東京間の遠距離恋愛とか、デトロイトに単身赴任!とか書いてありました。
私は遠距離恋愛も単身赴任も経験がありませんが、大変だと思います。

最近(年のせいもあるでしょうが)、思うのですが、仕事の辛さに耐えられるのは家族がいるから、帰るところがあるからだと感じます。感謝しています。

「Hamburgers - and Other Essays on America and Japan : Kay Hetherly」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/11

英語学習モチベーション : バックナンバー ・ カテゴリー

カテゴリー

DVD
FUN
NHKラジオ講座
TOEIC
VOCABULARY
おすすめサイト
インターネット
スポーツ
ツール
テレビ講座
ビジネス英会話
ブログ
入門ビジネス英語
徹底トレーニング英会話
英会話
英会話入門
英検
英語口
英語本
音楽

バックナンバー

2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年3月
2008年2月
2008年1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年9月
2007年8月
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2007年2月
2007年1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年9月
2006年8月
2006年7月
2006年6月
2006年5月
2006年4月
2006年3月
2006年2月
2006年1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年9月
2005年8月
2005年7月
2005年6月
2005年5月
2005年4月
2005年3月


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »