« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008/08/31

ABCの歌 どこで区切る?

先日、読売新聞のサイト「YOMIURI ONLINE」を見ていたら、ふとこんな文字に気づきました。

ABCの歌 どこで区切る?(駄) : 趣味・教育・教養 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2008/0820/199476.htm?from=os4

おー。懐かしい。
そうそう私も最初にあれを聞いた時は衝撃(笑?)でした。

以前、下記のエントリーでも書いたのですが、あれは30年前(泣)。。

みなさんはどちらのバージョンでしょうか?

----------

英語学習モチベーション : キャロライン洋子
http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2005/05/post_ad5f.html

現在、英会話上級の講師をされているマーシャ・クラッカワーさんは、すごく昔に「基礎英語」か「続基礎英語」の講師かアシスタントかをされていたと思います。私は、中学生の時に「基礎英語」「続基礎英語」を聴いていたんですが、その時にマーシャさんだったのか?どうもその辺が思い出せません。えーと、年がばれちゃいますが(もうとっくにばれてる?)、1978~1979年頃です。ただ、一つだけ憶えているのは、「基礎英語」で、週末に、キャロライン洋子さんがマザーグースを歌うコーナーがあったことです。「ABCのうた」や「ロンドン橋」や「ハンプティダンプティ」なんかを聴いたのを憶えています。「ABCのうた」は、"ABCDEFG-"のあと、"HIJK-LMNOP"という風に、"L"から"P"まで早口言葉みたいに歌うのを初めて聴いて、すごく印象に残っています。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/08/28

jot down

先日、電車の中の広告で覚えた単語です。

jot down 「簡単に書き留める、ちょっとメモする」

プレゼンの最中に、上司が部下に「これメモしとけよ。」みたいな感じで使っていました。

[Oxford] to write sth quickly : I'll just jot down the address for you.

[Longman] to write a short piece of information quickly : Let me jot down your number and I'll call you tomorrow.

実はわたくし、"jot" という単語を初めて見ましたので、とても新鮮でした。

こんなに短い簡単な単語なのに、ほんと「はじめまして」でした。

これだから英語はおもしろいなあ。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/27

名ばかり管理職 : nominal manager

今日、Yahoo!ニュースを見ていて、新しい単語を知りました。

名ばかり管理職トピックス - Yahoo!ニュース
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/nominal_manager/

nominal

[OALD] : being sth in name only, and not in reality
・the nominal leader of the party.
・He remained in nominal control of the business for another ten years.
・The shares were sold for well below their nominal value.

[Longman] : officially described as being something, when this is not really true
・the nominal head of the rebellion.
・Their conversion to Christianity was only nominal.

でも、"nominal manager" でGoogle検索してみると、583件しかありません。

「名ばかり管理職 = nominal manager」っていうのは、いかにも日本的な表現なのかな?

『 名ばかり管理職 (生活人新書 (260)) NHK「名ばかり管理職」取材班 (著) 』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/24

Let's go for it! 「がんばりましょう!」

なかなかブログ更新ができませんでした。
勉強もできていないなあ。。

----------
「入門ビジネス英語」 August 18

UNIT39 : Summarizing and Concluding a Meeting (1) 「ミーティングを要約して締めくくる」

・We've dealt with ~ 「~をやり終えた」

・Let's wrap up. 「まとめましょう。」

・rollout 「初公開」

・The Chinese / may well / have their own interpretation of the specs. 「中国側が仕様書を彼らなりに解釈することは十分にあり得る。」 may well ... 「~するのはもっともである、~することもありそうだ」。well を動詞の直前に置いて「容易に、おそらく、十分」というニュアンス。単純に may だけを使うより、may well の方がずっと可能性が高い感じ。

・That's why / I'll be meeting / next Wednesday / with Mr. Chou. : will + 進行形で「すでに決まっている」というニュアンス。

・sound out 「~を打診する」

・OK, let's go for it! 「よし、全力で取りかかりましょう!」 日本語の「がんばりましょう!」に近い表現。

・jump ship 「途中で投げ出す」

・This is our rock-bottom price. Take it or leave it.「これが底値ですよ。嫌ならやめてください。(承諾するかやめるかはあなた次第だ)」

・The new television program took many viewers by storm. 「その新テレビ番組は多くの視聴者の人気を博した。魅了した。」

・He never takes no for an answer. 「彼は引き下がらない人だ。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/11

No question about it. 「そのとおりです。」

北京オリンピック。書きたいことがいっぱいです。北島選手はやっぱり凄いですね。

Google のサイトがおもしろいです。毎日違う種目のイラストロゴが表示されます。

http://www.google.co.jp/

今日はテキストが黄色いマーカーでいっぱいになってしまいました。

---------

「入門ビジネス英語」 August 5

UNIT38 : Mediating a Point of Conflict

・How shall we maintain it? 「その保守はどうしましょうか。」

・My idea exactly. 「まったく同感ですね。」

・I'd be willing to serve in that capacity. 「私がその役目を果してもいいですよ。」 I'd (= I would) と、仮定法で「もしその方針でいくのなら」という含み。be willing to do は、「~する意思がある、するのをいとわない。」

・I've been involved in this project / from the beginning. 「このプロジェクトは最初からかかわってきました。」

・Hang on a second. 「ちょっと待ってください。」 Hang on a minute.

・Hang on. We're almost done. 「がんばれ。もう少しで終了だ。」

・So, you wanna hang a right here? 「で、ここで右折するんだね?」

・Please do not hang up. 「切らずにお待ちください。」

・I'm getting the hang of parallel parking. 「縦列駐車のコツがつかめてきました。」

・If we consider this / from the customer's standpoint, wouldn't it be better / to have a geek / like me / as the point person. 「お客様の立場で考えたら、僕みたいな専門家を連絡窓口にしたほうがいいんじゃないでしょうか。」

・It's true that ~ 「なるほど、~ですね。~と言えますね。」

・put a damper on ... 「~に水を差す、~を台なしにする」

・No question about it. 「そのとおりです。」「疑問の余地はない、間違いはない」

・Then we'll take another look. 「そのときにもう一度みんなで考えましょう。」

・malfunction 「誤動作」

・jeopardize 「危うくする」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/09

Let's clarify that point first. 「まずその点を明確にしましょう。」

私がこの「入門ビジネス英語」が好きなのは、スキットに感情移入できるからだと思います。
これまでいくつもの英会話の講座を聞いてきましたが、幅広い層のリスナーを対象にしているので、どうしても自分の興味ある内容ばかりではありませんでした。
今回の「入門ビジネス英語」は、私の日常の会社生活とリンクして、興味深い話題が続いています。
保存版にして、繰り返し勉強したいと思います。
でも逆を言えば、まったく興味がわかないという方もいるのではないかと思います。

---------

「入門ビジネス英語」 August 4

UNIT37 : Clarifying and Confirming a Point

・facilitating a meeting 「ミーティングを円滑に進める」

・go along with 「~に賛成する」

・I don't think it will matter. 「問題ないと私は思います。」 動詞 matter は「重要である」という意味で、否定文でよく使われ、「問題ない」「構わない」となる。主語には it がよく使われる。 It does'n matter.

・the last minute 「最後の瞬間、土壇場」

・as often happens, 「実際によく起こることだけど」

・dig (further) into 「(よりいっそう) 徹底的に調べる、丹念に調べる、研究する」

・Just so I'm clear, 「ということはつまり、明確にしたいので聞きますが」

・So, in other words, 「言い換えると」

・So if I understand correctly, 「そうすると私が間違っていなければ」

・Let me see if I understand. 「ちょっと確認させてください。」

・Let's clarify that point first. 「まずその点を明確にしましょう。」

・Well, looks like we've got to go back to the drawing board. 「やれやれ、最初からやり直しかな。」

・He just went overboard. 「彼は少々やりすぎた。」

・move up one's delivery dates 「納期を繰り上げる」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »