« Japanese Smile 「ごまかし笑い・照れ笑い・愛想笑い」 | トップページ | シェリー ( SHELLY ) さん »

2008/06/11

英語のルール

今、 『あたりまえだけどなかなかできない 英語のルール (アスカカルチャー)』 伊藤 哲哉 (著) という本を読んでいます。

文法的には合っているのに、ニュアンスの違いがあったり、我々日本人の感覚では丁寧だと思う言い方が、実はアメリカ人にとっては失礼な言い方だったり、といった例を紹介してくれています。

「へぇ~」というのがたくさん出てきます。

ずばり「おもしろい」。

すべて実話だということですが、その中でも、伊藤さん本人の体験談の Episode を二つほど。

ルール5 : 社内会議で Do you have any suggestion? という質問を受けて、その案件についてはあまり精通していないので「ありません」と回答したいとき。。

× I have no idea. 「さっぱりわかりません、どうでもいいです。」 私も絶対こう言っちゃいそうです。
○ I have no suggestion. 「特に何も提案することはありません。」

ルール10 : 何か物思いにふけっている友達に。。

× What are you thinking? 「一体、お前は何を考えているんだ!」 (責める表現になる)
○ What do you think? 「何を考えているの?」

こんな感じで、おもしろいエピソードがいっぱい紹介されています。

著者の伊藤さんは、『かかってこい!英会話~英語が絶対話せるっていってやる!~』 http://w117.d.fiw-web.net/ というサイトの管理者だそうです。

このサイト、以前見たことがありました。

|

« Japanese Smile 「ごまかし笑い・照れ笑い・愛想笑い」 | トップページ | シェリー ( SHELLY ) さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70286/41504928

この記事へのトラックバック一覧です: 英語のルール:

« Japanese Smile 「ごまかし笑い・照れ笑い・愛想笑い」 | トップページ | シェリー ( SHELLY ) さん »