« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008/05/31

Please call me Abe-san.

5月号に入りました。インテルの安部さん登場です。

「NHKラジオ 実践ビジネス英語で英語をマスターしよう!」の本多さんも書かれていましたが、
外国人に対してこちらから、Please call me Abe-san. って言っていいんですね。

直球がズドーンと来ました。私も感動しました。

http://english.e16.org/2008/05/nhka-great-place-to-work-3-52-2008.html

--------------------

「入門ビジネス英語」 April 28

UNIT9 : Receiving Necessary Information from Your Supervisor

・May I have your advice on ... 「助言をもらえませんか。」

/ how to approach them? 「彼らにこの件をどう持ちかけたらいいか、」

/ whom to contact about it? 「だれに連絡をとるべきか、」

/ who else can help me? 「ほかにどなたの支援が得られそうか、」

/ any other alternatives? 「何かほかの代替案について、」

後ろの部分を入れ替える「今日の重要表現」の応用コーナーは、とっても役立ちますね。

advice のアクセントは vice 。

May I have ... ? は、スティーブ・ソレイシィさんの本でも一番に教えてくれました。

・I'm more concerned about the manufacturing people here. 「私はむしろ、こちらの製造部門の人たちのことが気がかりです。」 「むしろ」の more もさっと使えるようになりたい。

・Let me have a look at it. 「それを私に見せてほしいな。」 まるごと覚えよう。

・I'll have it on your desk by tomorrow morning. 「明朝までにお持ちします。」 この have も使えるようになりたいなあ。

・articulate 「明確に説明すること」

・critical information 「重要な情報」

・initiative 「発案、責任、決断」 アクセントは ni 。よく日本語で言う「イニシアチブ」は「主導権」のような意味だと思いますが、それだけではないのですね。

・take into account 「~を考慮する」


| | コメント (0) | トラックバック (0)

I'm mostly a baseball fan. 「私は(スポーツファンですが)主に野球ばかりです」

4月のソニーの和田真司さん。
5月のインテルの阿部剛士さん。
お話はとても参考になりおもしろかったです。
6月は新生銀行の吉田美紀さん。
この方もいろいろ興味深いお話が聞けそうだなあ。

--------------------

「入門ビジネス英語」 April 22

UNIT8 : Sports Small Talk

・beyond business 「仕事以外で」= besides business

・I'm mostly a baseball fan. 「私は(スポーツファンですが)主に野球ばかりです。」

・sometime はちょっと本気に聞こえるが、someday だと本気じゃないに聞こえる。「いつか」

・strategies of the game 「試合の戦略」

・All righty! 「オーケー!」

・martial arts 「武道」

[米語の慣用表現 (野球関係より)]

・a ballpark figure 「およその数字、概算」

・a completely different ballgame 「まったく別の事態」

・bat around an idea 「アイデアをよく検討する」

・get to first base 「目標の第一段階に達する」

・out in left field 「完全に間違っている」

・play hardball 「強硬な態度をとる」

・right off the bat 「すぐに」

・take a rain check 「都合が悪いので次の機会にしてもらう」→ May 26 の Other Useful Expressions に出てきました。

・touch base 「連絡をとる」


| | コメント (0) | トラックバック (0)

I understand that you played baseball in college. 「君は大学時代に野球をやってたんだってね」

おー、野球の話題ですね。
I played baseball in high school. ですよ。
bad hitter, bad fielder でした (笑) 。。

--------------------

「入門ビジネス英語」 April 21

UNIT7 : Getting to Know Your Colleague as a Person

・get to know Jake / as a person 「ジェイクの人柄を知る」

・Hey, what's up? - Nothing much. 「やあ、どうしてる?」「とくに変わりないよ。」 what's up? には Nothing much. と答えるのが定番。

・Ditto. 「僕もさ、同じく、賛成」

・TGIF! (Thank God It's Friday!)

・I understand that / you played baseball in college. 「君は大学時代に野球をやってたんだってね。」

今回の understand は「知っている、聞き及んでいる」で、「理解している、承知している」とは少しニュアンスが異なる。
同じ意味で I heard that や I learned that という言い方もあるが、「うわさで聞き知った」というニュアンスを避けるには「I understand that」が一番いい。

・You wanna come? - You bet! 「君も来る?」「もちろん!」

・That would be great! 「そりゃいいなあ!」


| | コメント (0) | トラックバック (0)

レバレッジ

最近よく目にする「レバレッジ」って leverage で、lever とは「てこ」の「レバー」なんですね。

今回のスキットは、I would like to 連発ですね。
くどいかなとかあまり考えず、きちんと言うべきなのですね。

--------------------

「入門ビジネス英語」 April 15

UNIT6 : Requesting Your Supervisor's Support

・Why not leverage that? 「それをうまく活用しようじゃないですか。」

・leverage 「有効利用する、(テコの力を使って)効果を上げる」= make use of 「利用する」= take advantage of 「活用する」

・cutting-edge tachnology 「最先端の技術」

・I don't think /it will work. 「それは難しいと思うよ。」

・I believe we can do it. 「(大丈夫です。という気持ちを込めて) できると思います。」 I think, I guess よりも「強く思う」「信じる」

・The U.S. excels in research and China in manufacturing. 「米国は研究に優れ、中国は製造に優れている。」

・clear it with headquarters 「本社の承認を得る」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/30

understand は100パーセント理解していること

アイコさんの声や雰囲気っていいですね。
大好きです。
ところで「DJ AIKO62」の62ってどういう意味なんでしょう??

--------------------

「入門ビジネス英語」 April 14

UNIT5 : Supervisor-Subordinate Alignment 「上司と部下のベクトル合わせ」

・I understand / the challenge I'm facing. 「直面している仕事の難しさは承知しています。」

・Could we clarify your main responsibilities? 「あなたの主要職務を明確にしませんか。」

・As I understand it, we are on the same page. Is that correst? 「私の理解では、皆さん同意ですね。正しいでしょうか?」

・be limited to 「~に限られている」

・be involved in 「~に参加する」

・throughout Asia 「アジア中全域」

・It's clear that 「~が明らかだ」= It's obvious that <-> It's not clear that

・on a much larger scale 「~よりもずっと大きな規模で」

・Let's keep a close watch / for the first quater / to see / how it goes. 「最初の四半期の様子をよく見守っていこう。」

・constraint 「制約」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/28

be on the same page 「同じ認識を持つ、同意している」

ドリコムRSSがまったく表示されないのですが、どうなっているのでしょう??
お気に入りブログのリンク (My Blog List) はすべてドリコムに頼っているので、どこへも行けません。。
さみしいです。。

--------------------

「入門ビジネス英語」 April 8

UNIT4 : Requesting Project Responsibility (2)

・The first step is to ... The second step is to ... The final step is to ...

・What would be the next step? 「その次のステップはどうなる?」

・be aware of 「~を認識する、~に気づく」

・specifically 「具体的に」

・I would be helpful if you could help me with the report. 「報告書作成を手伝ってくれると助かるんだけれど。」 I wish I could, but I have a full plate. 「できればそうしてあげたいんだけど、こちらも手一杯なんだ。」

・hammer out a timeline and the specific action steps 「時間枠と具体的な行動計画を打ち出す」

・day-to-day guide 「日々の指標」

・meet with 「~と会談する」

・be on the same page 「同じ認識を持つ、同意している」

・open up the browser 「ブラウザを開く」

・bring the issue up 「その問題を取り上げる」


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/27

I would like to suggest that ~ 「~という提案をしたいと思います」

今日で5月のレッスンも終わりですね。
インテルの阿部さんともお別れ。。
私のブログは4月の復習中です。
これからトークマスターに録音しておいた今日の放送を聞きます。

--------------------

「入門ビジネス英語」 April 7

UNIT3 : Requesting Project Responsibility (1)

[Today's Key Expression]

・I would like to suggest that / I (should) take on the responsibility of managing the new project. 「今度の新規プロジェクトの責任者には私がなる / という提案をしたいと思います。」

[Other Useful Expressions]

1. Do you think / you have the experience for this? 「関連の経験はあるのかな?」

2. Can I count on you? 「君を当てにしていいかな?」 Absolutely. 「もちろんですとも。」

3. That's why / I would like the responsibility. 「だからこそこの仕事をやりたいんです。」

4. This work is (right) up my alley. 「自分の得意とするところ、自分の興味にぴったりだ」 [OALD] によると、BrEでは、(right) up your street というようです。(informal) very suitable for you because it is sth that you know a lot about or are very interested in

・expatriate 「海外赴任者」[OALD] (also informal expat) a person living in a country that is not their own.

・career enhancement 「キャリアアップ」

・be copied on the progress 「進捗状況に関するメールを cc で受け取る」


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/26

編集後記

今朝も、川本佐奈恵さんのメルマガ 『NHKビジネス英語を120%利用』 が届けられました。
ついつい、いつものようにマウスのホイールをクリッ。クリッ。
編集後記まで飛んでみると。。

「だれですか?画面をスクロールしてここまできてしまった人は?(笑)
戻って杉田先生とスーザンさんの会話もお楽しみくださいね。」

Sanae さん、すべてお見通しでした。。(^^)

http://archive.mag2.com/0000038545/20080526090520000.html

毎回すごいボリュームのディクテーション。いつも本当にありがとうございます。

------------------------------

「入門ビジネス英語」 April 1

UNIT2 : First Meeting (2)

・subsidiary 「子会社」

・The promotion was a great opportunity for me to grow professionally. 「その昇進は私が仕事の上で成長するためのとてもよい機会でした。」 (opportunity は「機会、チャンス(好機)」、chance は「運、賭け、偶然、公算」)

・opening 「空き」 [OALD] a job that is available [SYN] vacancy

・Boy, I blew my presentation today. 「ああ、今日のプレゼン失敗した。」 blow - blew - blown

・new hire 「新入社員」

・I majored in management in college. 「経営学を専攻しました。」


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/25

Let's get started! 「さあ始めましょう」 Let's call it a day. 「今日はこれぐらいにしましょう」

第1回から復習します。早く放送に追いつかないと。。

「入門ビジネス英語」 March 31

UNIT1 : First Meeting (1)

・practical degree 「実用的な学位」

・We've been working on this project for 12 hours straight. 「12時間かかりきり」

・OK, let's call it quits for now and start up again tomorrow. 「これでおしまいにして、また明日始めよう。」

・Who call the shots in this project? 「決定権がある」

・Let's call it a day. 「今日はこれぐらいにしましょうよ。」 (日中に行っていたことを終了するとき。夜遅くなってやめるときは Let's call it a night.) な~るほど。。

・Let's get started! (Shall we get started? よりも強いリーダーシップを感じさせる) 圭南先生がいつも言っていました。

・Can you get it done by Friday? 「仕上げる、し終える」

・M as in Mary. 「M は Mary の M です。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/24

只管朗読

今日、図書館で 『國弘正雄の英語の学びかた』 という本を読みました。
国弘先生は「只管朗読」といって、意味の分かった英文をひたすら繰り返し音読することを勧められています。
最近、声に出していないなあ。。
そういえば、数年前に英語に急に目覚めて、初めて取り組んだ本は、『英会話・ぜったい・音読』 という本でした。
今はもう手元にありませんが、その本の中でも巻頭で、国弘先生が推薦文を書かれていたと思います。
おじさんが中学校の教科書から抜粋した英文をひたすら「音読筆写」したことが思い出されます。
その時のブログはこちら(私がやったのは旧版のものでした)
http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2005/05/cd__feb7.html
そんなわけで、『入門ビジネス英語』 の音読を始めました。
週2回とはいえ、4月から始まってもう16回もレッスンが進んでいるんですね。
これまで聞きっぱなしになっていたので、復習の意味もあります。
音読していると、自分の話し方って、何だかインテルの阿部さんに似ているような気がしてきました。
今まであまりこんな感じじゃなかったような気がしますが、影響を受けているのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/20

input 「意見、考え」

『入門ビジネス英語』を聴いていると、「こんな風に使われるんだ。」と思うことが多々あります。

知っている人からすれば当たり前のことかもしれませんが、新鮮な驚きでいい気分です。

例えば "input"

・I need your input on our new design. For example, ... 「私どもの新デザインに関するご意見が必要です。たとえば、... 」 (May19)

・Second, develop a plan offering early retirement or relocation within the company. You wil need to do this with input from HR. 「第二に、早期退職や社内での配置転換の提案書を作る。これは人事部の考えを聞いた上で行う必要がある。」 (April 29)

・Thanks for your cooperation on this. We really will appreciate your input. 「この件に関するご協力に感謝します。あなたの考えをぜひ聞かせてください。」 (May 6)

今度、「さらっと」使ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/18

体感!ニューヨーカーの会話術

今日は6月号のテキストを買ってきました。
『入門ビジネス英語』
『「赤毛のアン」への旅 - 原書で親しむAnneの世界』
の二冊です。
この二つの講座は今のお気に入りです。
テキストを読んでいても興味深い内容が多く、楽しく続いています。
帰ってきてテキストを広げたら「しおり」が挿まれていました。
NHKのテキストでは初体験でした。不思議な感じ。

『「赤毛のアン」への旅』は3か月トピック英会話の枠なので6月までですね。
テキストの後ろの方に7月からの新番組が紹介されていました。
タイトルは、『体感!ニューヨーカーの会話術』
舞台は、ニューヨーク、マンハッタン島。
オールニューヨークロケということで「きっとニューヨークへ行きたくなりますよ!」と書かれています。
講師は浅田浩志さん(マネジメント・コミュニケーションズ・コンサルタント)
またまた楽しみですね。

2008年6月15日、浅田さんについてブログに書きました。

浅田浩志の 「ニューヨーク直送! ネイティブの英語表現」
http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2008/06/post_a474.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語おすすめメルマガ

私が現在登録しているメルマガは以下の5つです。
みなさんのおすすめのメルマガを教えていただけないでしょうか。

『NHKビジネス英語を120%利用』
http://www.mag2.com/m/0000038545.html

『時間のないあなたに!即効TOEIC250点UP』
http://www.mag2.com/m/0000112188.html

『NHKラジオ英会話300%フル活用術』
http://www.mag2.com/m/0000139807.html

『NHK実践ビジネス英語を骨までしゃぶるメルマガ』
http://www.mag2.com/m/0000147095.html

『ロンドン駐在員の「英語、そういえばいいのか!!」』
http://www.mag2.com/m/0000258541.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/05/16

ぼちぼちいこか

『 ぼちぼちいこか 』 マイク・セイラー (著), ロバート・グロスマン (イラスト), 今江 祥智 (翻訳)

子供が幼稚園の時によく読んだ絵本です。
懐かしいなあ。。
最近また仕事でほとんど寝に帰ってきている状態のため英語学習は停滞気味ですが、
今はそういう時かなと思って、「ぼちぼち」でいきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/12

勝間和代さん

今日の 「情熱大陸」 http://www.mbs.jp/jounetsu/
は、今大人気の勝間和代さんの特集でした。

私はお金もうけ自体にはあまり興味がありませんが、勉強法、時間投資、効率化など、勝間さんの本から得ることはたくさんあります。
いつも具体的で分かりやすいんですよね。
新刊が出ると必ずチェックしています。

しかし改めてエネルギッシュな人ですねえ。カッコいいです。

「勝間和代公式ブログ: 私的なことがらを記録しよう!!」 http://kazuyomugi.cocolog-nifty.com/private/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/11

アンの青春

『 アンの青春 (シリーズ・赤毛のアン) 』 ルーシー・モード モンゴメリ(著), Lucy Maud Montgomery(原著), 村岡 花子(翻訳)


『赤毛のアン』 http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2007/12/post_a1cf.html
に引き続き、村岡花子さんがジュニア向けに翻訳したポプラ社の『アンの青春』を先日購入し、先ほど読み終えました。
私のようなおじさんが赤毛のアンを読むなんてちょっとおかしいかもしれませんが、今回もよかったです。
話の展開に引き込まれ、最後はじんわりじーんと来て、次も読みたくなりました。

今日本屋さんで知ったのですが、ポプラポケット文庫として半額くらいの価格になって、新しく発刊されているようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久しぶりのインターネット

ゴールデンウィーク明けからずっと仕事が忙しく、インターネットから離れた生活をしていました。
久しぶりにブログを書いています。
英語もまったく停滞状態であります。。

今日は母の日でした。
先日、楽天でカーネーションのギフトを贈りましたが、同じくらいの鉢植えが近所のスーパーで525円で売っているのを見て、ショッキングーでした。。
送料無料とかって書いてあっても、やっぱり値段に入っているんですよね。。

それから、今日はプールに行ってきました。
私は泳ぎがそんなに得意ではないので、頑張って25メートル泳いでハーハー状態です。
しかし、私のようにバタバタ泳ぐのでなく、力を抜いてきれいなフォームで何往復も延々と泳いでいる方がいます。
どうしたらああなれるのでしょう。
私の泳ぎは疲れるばかりで長続きしません。
コツがあったら知りたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/06

コウビルド英英辞典

ヒロ前田さんのブログで Collins COBUILD 英英辞典 が紹介されていました。
以前から気になっていましたが、なかなか田舎の本屋さんでは実物を見ることがなく、購入にまでは至りませんでした。
前田さんのブログを読んで、また興味がわいてきました。
今度出張の際にチェックしてこようと思います。

TOEIC対策 疑問ひたすら100連発 by ヒロ前田
http://toeic-info.jugem.jp/

コウビルド英英辞典

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/05/04

プール

若きアスリートたちの肉体美に感化されたメタボリックおじさんは、本日プールに行ってきました。
よく考えたら、プールに行くのは、何と1年ぶりでした。
1年間、車のトランクに眠っていた、かわいそうな私の水着。
仕事の帰りに行こうと思っていましたが、結局行かずじまいだったのです。。
久しぶりに体を動かしたことを実感しました。
しかし、プールに行った日の晩ごはんは、なぜあんなにおいしいのでしょう。
消費した分、いやそれ以上のカロリーを摂取してしまいました。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静岡国際陸上を観戦

昨日(5月3日)は、エコパ・スタジアムへ、陸上の北京五輪代表選考会を兼ねた日本グランプリ第4戦「第24回静岡国際陸上競技大会」を見に行ってきました。
実は陸上のことはまったく分かりませんが、せっかく近くで行われているのだからということで、行ってみました。
陸上競技の大会を見るのは初めてのことです。
スケジュールもまったく分からぬまま、10:00に会場に到着。
エコパはやっぱり素晴らしい競技場です。

まずは、県内の小中学生のリレーが行われていました。
小学生とはいえ、みんな速い。
この中から、将来のオリンピック選手が生まれるのかもしれません。
そして、応援のお母さんたちが熱いです(^^)。
さらに中学生ともなると、もう迫力がありますね。
かっこいいです。

11:00の女子砲丸投げから、招待選手の競技が始まりました。
どこに座ったらいいのか分からず、とりあえず、第4コーナーをまわったあたりに(競馬じゃないけどこういう言い方するのかな?)陣取りました。

印象に残った選手といいますと、
女子400Mの丹野麻美選手。
アメリカのウォラス選手と競り合い、惜しくも2位でしたが、日本新を目の前で見ることができ感動です。

男子400Mの金丸祐三選手。
五輪参加A標準記録突破。
何よりも、彼の走りには力強さを感じました。
何て表現したらいいのか分からないのですが、200Mまでグーっとスーっと行って、その後もグイグイと。
とにかく他の選手とは違うと、素人の私が見ても感じました。

記録が出ると、お客さんは「オー」っと唸りますね。
女子200Mの福島千里選手も日本新記録達成。っと思いきや追い風参考。
残念。でも素晴らしい走りでした。
4月29日の織田幹雄記念国際陸上の100Mで日本タイを出しているそうですが、まだまだ速くなりそうな、そんな雰囲気がありました。

男子走り高跳びの醍醐直幸選手。
この競技は最初の方はお客さんもあまり注目していないのですが、最後の方で人が絞られていくと、みんなの目が集まります。
会場中が手拍子で盛り上げ、跳んだ瞬間、みんなが「やったー」となります。

メインスタンド前では、女子走り幅跳びが行われました。
スタート地点の付近に席を移動して見ることにしました。
池田久美子選手が跳ぶときは、砂場の向こうのカメラマンの数は半端じゃありません。
1回跳ぶたびに監督さん(福島大学の川本和久監督)がスタンドからアドバイスをしていました。
優勝は池田選手。貫録勝ちでしょうか。
選手たちを本当に間近から見ることができたのですが、鍛え上げられたあのカモシカのような(死語?(笑))脚は、変な意味じゃなく、本当に美しいですね。かっこいいです。
あと、走り幅跳びで他に気になった選手は、枡見咲智子選手(桝見咲智子選手かな?)と岡山沙英子選手です。
池田選手はもちろんですが、この二人にも「雰囲気」を感じました。
これからも頑張ってほしいです。

北京オリンピックに向けて、陸上に対する興味がぐんぐん盛り上がってきました。

陸上ファンの方|日本陸上競技連盟
http://www.rikuren.or.jp/fan/
競技者向け|日本陸上競技連盟
http://www.rikuren.or.jp/athlete/

昨夜から陸上関係のホームページをネットサーフィンしています(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/05/03

ゴガクルに登録

NHKエデュケーショナルの「ゴガクル」というサイト。
改めて見てみると、内容盛りだくさんなんですね。
今日登録してみました。
NHKで勉強している方はみなさん既に登録されているのかな?

ゴガクル NHK語学講座で学ぶあなたを応援します
http://gogakuru.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/01

strategy and tactics

4/29 (火) の 「入門ビジネス英語」 Intel の阿部さんのお話より

I suppose we should aware of difference between strategy and tactics.

Actually strategy means what we do.

And then tactics represents how to do.

So strategy in Japanese is 戦略, tactics means 戦術.

・strategy -> what

・tactics -> how

戦術は戦略をサポートしている。

よって what を達成するためには、how 何をするか。

#話は変わりますが、tactics は単数形?複数形? 悩んでいろいろ見てみましたがよく分かりませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »