« 弱気は最大の敵 | トップページ | 電子辞書修理完了 »

2008/02/03

テラビシアにかける橋 - Bridge to Terabithia

『 テラビシアにかける橋 - Bridge to Terabithia 』 を観てきました。
内容はネタばれになってしまうので触れませんが、
この映画の魅力はなんといっても、レスリー役のアナソフィア・ロブ AnnaSophia Robb でしょう。輝いていますね。
チャーリーとチョコレート工場にも出ていたそうなので、DVDを借りてきて見てみようと思います。

テラビシアの「シ」は sh でなく th なんですね。
当たり前ですが、スクリーンではみんな、ちゃんと th で発音していました。
私も声に出してみましたが、bi から th にうまく口が動きません。。
それから、Leslie はレズリーって感じで、にごっていました。

今回、英語で聴こう聴こうという気持ちで観ていました。
結構、「あっ。聴けた。」っていうのがあった気がします。

帰りに単行本を買ってきました。
『 テラビシアにかける橋 (偕成社文庫 3264) キャサリン・パターソン (著), 岡本 浜江 (翻訳) 』


|

« 弱気は最大の敵 | トップページ | 電子辞書修理完了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70286/17936815

この記事へのトラックバック一覧です: テラビシアにかける橋 - Bridge to Terabithia:

« 弱気は最大の敵 | トップページ | 電子辞書修理完了 »