« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007/12/31

「徹底トレーニング英会話」

今年のことは今年のうちに 「徹底トレーニング英会話」

12/26(水) A Kind Person

・whine 「めそめそ愚痴を言う」 同音wine って書いていて、以前にも書いた記憶が。。
Cruel fate! 「残酷な運命だよ!」 http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2007/11/cruel_fate_a399.html
なんと先月のことでした。忘却の彼方。。(涙)

・inspiring 「感激させる、鼓舞する」 これは昨日(12/25)のレッスンです。

・generosity 「寛大、気前のよさ」(名) generous (形)

・trite 「古くさい、ありふれた」 これも今月号で出た覚えが。。ウィラ叔母さんの格言だから、12/4でした!

ディクテーションは、(2) の gets の s を忘れました。

As long as you keep practicing, your English is getting better and better.
「練習を続けているなら、あなたの英語はどんどんうまくなっているのです。」

----------

12/27(木) Let's Review!

(1) They say Mark and Susan are about to get married. 「マークとスーザンは結婚間近なんだってさ。」

(2) The manual doesn't say where to call for repairs. 最後の s を忘れました。

(3) We need to know if you're going to bring freinds to dinner.

You'll never improve your English without daily practice.
「毎日練習しなければ英語は上達しません。」

----------

12/28(金) Let's Read Out Loud!

・put on a play. 「お芝居を上演する」

・adaptation 「脚色、改作」

・primitive 「原始的な」

Remember you're headed in the right direction.
「正しい方向に向かっているということを忘れないで下さい。」

----------

12/29(土) Let's Listen!

・これ、必ず間違えます。。
A: Would you mind working on it alone until I get back? 「私が戻ってくるまで、1人でやっててくれる?」
B: No, of course not. 「ああ、もちろんいいよ。」

・Extremely tedious. 「ものすごく退屈だったわ。」

・I was worried sick. 「とっても心配したんだから。」

・the game ran long. 「試合が延びちゃって。長引いて。」

Your English will never get rusty if you keep practicing.
「練習を続ければあなたの英語はさびつくことは決してありません。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/30

赤毛のアンに隠されたシェイクスピア

今、この本を読んでいます。

『 赤毛のアンに隠されたシェイクスピア 』 松本侑子 (著)

とにかく、読んでいて、おもしろい。
シェイクスピアのことも、英米の文学や古詩のことも、何も知らない私ですが、「赤毛のアン」に隠された謎が一つひとつ解き明かされていくようで、「そうだったのか。」「なるほどー。」の連続です。
「モンゴメリの世界」にどんどん入り込んでいっている気がして、心地よい気持ちです。

それにしても「赤毛のアン」に散りばめられた「引用」の多さ。
松本侑子さんは、これは?と気になる表現を700箇所以上もピックアップし、インターネット上のGoogleで一発検索なんてない時代に、一つひとつ、その引用元を探し出していきます。
そして、その「引用の背景、モンゴメリーの意図」が、見つかっていく過程は、自分のことのように「どきどきわくわく」ものです。
「探究心」が満たされていきます。
しかし、松本さんの徹底調査ぶりには本当に恐れ入ります。

アーサー王伝説のエレーンのお芝居だって、それこそ「何のことだかチンプンカンプン」でした。
ギルバートが暗誦でアンを「まっすぐ見た」詩の内容を知り「おーっ」と頷きました。
とにかく、本を読んでいる時には、何も知らずに、何だか唐突だなあとも思いつつ、物語の一場面として読み過ごしてきた、その一つひとつのシーンや台詞に、もうひとつの世界があることを知り、唸ってしまうのです。

引用元やその背景を知っている欧米人にとって、何も知らない私のような人と比べて、この作品 「 Anne of Green Gables 」 には、何倍もの魅力が詰まっているでしょう。

私はこのようなおじさんになってから「赤毛のアン」を初めて読みましたが、そのすぐ後にこの松本侑子さんの本を読むことが出来て、とても幸せです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/28

誰も知らない「赤毛のアン」- 背景を探る

今、「赤毛のアン」がマイブームです。

昨夜、『 誰も知らない「赤毛のアン」- 背景を探る 』 松本侑子(著) を読み終えました。

この本は、「赤毛のアン」の物語の舞台、1880年~1890年頃のカナダ、プリンスエドワード島の時代背景がとても詳しく紹介されています。
また、作者のルーシー・モード・モンゴメリの波乱の生涯についても日記や手紙をもとに詳しく書かれています。

「赤毛のアン」を読んだ直後だけに、とても興味深く読め、一気に読んでしまいました。

巻頭にはこのように書かれています。
「『赤毛のアン』を、もっと深く、もっと知的に、さらに魅力的に味わいたいと思うすべての読者に捧げる 」

まさに、そんな一冊です。

赤毛のアン
http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2007/12/post_a1cf.html

ようこそ!"アン"の世界へ
http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2007/12/post_96ef.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/26

93%の単語を忘れない 竹蓋Vメソッド ボキャビルdrill

最近は立ち読みや図書館で我慢してきましたが、久しぶりに英語本を買ってしまいました。
竹蓋順子先生の 『 竹蓋Vメソッドボキャビルdrill - 93%の単語を忘れない 』 です。

竹蓋先生といえば、アルクの「ボキャビルマラソンMUST」。
以前から大いに興味があり、これまで何度受講を悩んだことか。。
資料を請求したりもしました。6ヶ月で44,100円。
http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/vocabulary/index.html
通信講座というものを体験したことがないので、
続けられるか。。自分の性格からして挫折は目に見えているかも。。
悩みに悩んで、結局、受講には至っておりません。

さて先日ふとしたことで、この本を知りました。
「ボキャビルマラソンMUST」と同じメソッドで作られた本で、ちょっと高いけど2,000円弱。
取り上げられている内容もなかなか面白そうです。
93%というのが何だか微妙(笑)。。

そんなわけで今朝、Amazonで注文。
発送可能時期は 2008/1/1 - 2008/1/2 なんて出ているけど、本当でしょうか??
2008年は、まずこの教材を頑張って、ボキャブラリをパワーアップしたいと思います。

竹蓋先生は基礎英語1の「スッキリ、ナットク!英語のギモンQ&A 文法・語法コーナー」も担当されていますね。
これ、ためになります。毎月楽しみにしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/12/25

徹底トレーニング英会話 - Let's Practice! -

12/24(月) That's unprecedented!

・That's unprecedented! 「それってこれまでにないことだわ!」

・I was about to sneeze, but then the urge went away for some reason. 「くしゃみをしそうになったが、それからどういうわけかしたくなくなった。」
ディクテーションでは、went away が思いつきませんでした。。

There's no such thing as an easy way to improve your English skills.
「あなたの英語力を簡単にアップさせる方法などないのです。」

----------

12/25(火) Read it for yourself.

・foster child 「里子」
ジーニアスより、adopt : 「<人が><孤児などを>養子にする」「一時期預かって養育する」はfoster

・Where do I sign up? 「どこで申し込めばいいの?」

今日のディクテーションは (1) が × 。
book と say の間に何かがある??
book でなくて booklet でした。。

Keep practicing and you'll see improvement before you know it.
「練習を続ければいつの間にか上達します。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/24

Let's Practice!

12/20(木) Let's Review!

(1) As an actress, she spent all her talent on low-quality horror movies.
「女優として、彼女は質の低いホラー映画にすべての才能を使った。」
・spend - spent - spent

(2) You'll run out of energy if you don't pace yourself.
「自分のペースでやらないと、気力がなくなるよ。」
・pace は動詞として使えるんですね。

(3) You'd better not confront him because you're no match for him.
「彼にはかなわないから、立ち向かわない方がいい。」

Tired after work? But you can still practice.
「仕事で疲れた?それでも練習はできますよね。」
zzz...
Greg, Greg!
Oh, sorry..
Practice!
(笑)

12/21(金) Let's Read Out Loud!

Daily effort will make your dream come true.
「毎日努力をすればあなたの夢は叶います。」

12/22(土) Let's Listen!

Be sure to read out loud every day.
「毎日必ず音読しましょう。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/23

赤毛のアン

我が家にある「赤毛のアン」です。先ほど読み終えました。

『 赤毛のアン (シリーズ・赤毛のアン) 』 ルーシー・モード モンゴメリ(著), Lucy Maud Montgomery(原著), 村岡 花子(翻訳)

この本はちょうど一年前に我が家にやってきました。
もっと早く読めばよかったです。

そうすれば、松本侑子先生の「ものしり英語塾:謎とき『赤毛のアン』」をもっと興味を持って聞けたと思います。残念。
再放送しないでしょうか。。

この本は、村岡花子さんがジュニア向けに書かれたものですので、完訳版というのも読んでみたいものです。

赤毛のアンの特集番組のことを12月9日のエントリーに書きました。
17日には、ふとしたことで思い出し、出演者の方々のサイトを巡り、追記しました。

詳しくはこちら。
http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2007/12/post_96ef.html

ところで、正式なタイトルは「ようこそ!アンの世界へ」なのか、「ようこそ!赤毛のアンの世界へ」なのかな?

放送が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

One Last Chance 「最後にチャンスをもう一度」

12/19 (水) 徹底トレーニング英会話

・get firm with him 「彼に厳しい態度をとる」

・tell him no more freeloading 「もうたかってもだめだと彼に言う」
OALDだと freeloader が見出し語で載っていて、freeload がその verb、freeloading がその adj. noun だと続きます。
freeloader : AmE (informal, disapproving) a person who is always accepting free food and accommodation from other people without giving them anything in exchange

・You have to confront them. 「彼らに立ち向かわないと。」
ジーニアスより、「向かい(front) 合う(con)」

・intimidating 「威嚇するような」アクセントは「ティ」

・It falls on deaf ears. 「耳を傾けてもらえない、聞き入れられない」
to be ignored or not noticed by other people [OALD]

It all depends on how hard you practice.
「すべてはあなたがどれだけ一生懸命練習するかにかかっているのです。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/21

Feel it! Say it! : クリス・マクベイ先生


今週の「出張!ハートで感じる英語塾」は、完了形でした。

大西先生とクリス先生の解説で、特に「現在完了進行形」の感覚がよく分かりました。

クリス先生の寸劇?(笑) は、いつも最高です。
とにかく分かりやすい!!

こういう文は難しく思えるかもしれない。
日常会話ではよく使われるんだよ。
練習してこの文に隠れている感覚をつかもう。
この文の感覚は? The feeling is
過去から現在まで続く絶え間ない動き。Non stop activity from the past until now.

一日中、ず~っとキッチンの掃除をしていたんだよ。。
→ I've been cleaning the kitchen all day.

前も、後ろも、横も、ずっと、ずっと、ボートのペンキ塗りをしていて。。
→ I've been painting the boat.

ずっと買い物をしていたらどんな気持ちになる?。。疲れるよね。
→ I've been shopping for hours.

デートの約束をしていたとしよう。
7時にデートの約束をしているのにもう8時だ。
7時からずーっと待っていたとしたらどんな気持ち?。。
待って、待って、待って、怒りがこみあげてきた。 プシュー、プシュー(笑)。
→ I've been waiting since 7.

僕の車のエンジンの調子が悪い。
2時間も修理しているのにまだ直っていないんだ。。
いらいらしているんだ。
→ I've been fixing my car for 2 hours.

クリス先生の Feel it! Say it!
あの「ヒューッ ポン」というのはどこから音が出ているのでしょう??

来週はもう最終回。3ヶ月はあっという間ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/19

ビジネス英会話のタイトルが変わる?

本多さん、Sanaeさん、とくパパさんのメルマガで
2008年の「ビジネス英会話 リスナーの集い」が紹介されていたので、
杉田先生のホームページの掲示板 (SUGITA FORUM) をのぞいてみたところ。。

来年4月から番組タイトルが「実践・・・」に変わると、先生からの書き込みがありました。

http://www.ethospathoslogos.com/

びっくりしました!!

「やさビジ」、「ビジ英」、今度はどうなるんでしょう??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

I'll look at it. But don't get your hopes up. 「見てみるよ。でも、あまり期待しないで。」

12/18(火) 徹底トレーニング英会話

・Do you mean to say that you gave up coffee ? 「つまり君はコーヒーをやめたって言っているのかい?」

・Believe it or not, 「信じられないかもしれないけど、こんなことを言っても信じないだろうけど」

・free up ~ 「~を自由に使えるようにする」

・run out of money 「お金がなくなる」

・pick up the slack 「不足分を補う」

・give ~ a litte thought 「~を少し考える」

・I'll look at it. But don't get your hopes up. 「見てみるよ。でも、あまり期待しないで。」

Now you know how important it is to keep practicing.
「練習を続けることがいかに大切か。もう分かっていますよね。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/17

12/17(月) 徹底トレーニング英会話

12/17(月) 徹底トレーニング英会話

・take a close look at ~ 「~を詳しく見る・調べる

・spend ~ on ... 「~を...に使う・費やす」

ディクテーションの(3)は、the が be に聞こえました??

Don't skip practice even if you are tired.
「疲れていても練習をさぼってはいけません。」

1月号のテキストを買ってきました。

1月4日(金)と5日(土)は特別企画として、11月に行われた「NHK教育フェア 公開収録」の模様が放送されます。
これは楽しみです。忘れないようにしないと。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

in the listeners shoes 「聞く側の立場になって」

12/14(金) 音読徹底トレーニング Let's Read Out Loud!

Put yourself in the listeners shoes, and speak clearly and confidently.
「聞く側の立場になって、はっきりと自信を持って話しましょう。」

・in ~'s shoes 「<人>に代って、<人>の立場に身を置いて」

----------

12/15(土) リスニング徹底トレーニング Let's Listen!

Who can improve your English? It's you.
「誰があなたの英語を上達させることができるのですか?それはあなたです。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

a little here and a little there

12/12(水) 徹底トレーニング英会話

・A dollar a day adds up to a lot of money over time. 「1日1ドルが長い間続くと大金になる。」

・Spending a little here and a little there adds up to a big expense. 「あちこちでちょっとずつ使っていくとそれが大きな出費になる。」

a little here and a little there って、おもしろくて不思議な表現だなあ。。

Set realistic goals and work toward them every day.
「現実的な目標を決め、それに向かって毎日頑張りましょう。」

----------

12/13(木) Let's Review!

If you want to become able to speak English, you have to practice speaking.
「英語が話せるようになりたいなら、話す練習をしなくてはいけません。」


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/15

語彙

AERA EnglishやENGLISH JOURNALで単語力が特集されていますね。

そういえば、ヒロ前田さんのメルマガで、
CDを買って歌詞を覚えようと思ったら、自分でアウトプットしながら(歌いながら)覚えるでしょう。
英単語を覚えるのもそれと同じですよ。というようなことが書かれていました。
なるほどその通りだなぁと思いました。
やっぱり聞き流していても身につかなくて、声に出さないとだめですね。

TOEIC対策 疑問ひたすら100連発 by ヒロ前田
http://toeic-info.jugem.jp/

毎回、巨大な音声ファイルを公開されていますが、ナローバンドな私は聞くことが出来ません(涙)。。

今日はNHKラジオ講座1月号のテキスト発売日でしたね。
本屋さんに行きたかったのですが、残念。
こういう日は必ず深夜まで残業になってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/12

徹底トレーニング英会話

12/11(火) 徹底トレーニング英会話

今日のディクテーションは、(3) で、ed を忘れました。

・What's the pay like? 「どれくらいもらえるの?」

・deal 「契約、取引」

・publicist 「広報係」

You don't have to rush. Go along step by step.
「あわてることはありません。一歩ずつ進んでいきましょう。」

・rush 「あわてる」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

I'm a little light now. 「今はちょっとお金が足りないんだ。」

12/10(月) 徹底トレーニング英会話

今日も、覚えたい、使えるようになりたい、表現がいっぱいでした。

・I'm a little light now. 「今はちょっとお金が足りないんだ。」 : light に(資金が)足りないという意味があるんですね。

・How's everything going? 「調子はどう?」

・the same old same old. 「いつもと変わらないよ。」

・You're looking chipper as ever. 「相変わらず元気そうだね。」

・I've been meaning to ~ 「~しようと思ってたんだ。」

・I'll tell you what. 「ちょっと話を聞いてくれ。」

・we'll call it even. 「貸し借りなし」

・That's a relief. 「助かったよ。」

・You're welcome to call us any time you feel like it. 「かけたいときにいつでも僕たちに電話をかけていいよ。」

be welcome to ~ 「自由に~していい」は、11/9(金) の音読徹底トレーニングに出ていましたね。

http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2007/11/youre_welcome_t_b586.html

・You're welcome to come along if you like. 「よかったら一緒に行きましょうよ。」

Stay away from negative thinking.
「否定的な考え方はやめましょう。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/09

「ようこそ!"アン"の世界へ」

来年2008年は 『赤毛のアン』 がアメリカで出版されてちょうど100年なのだそうです。
お正月、NHKでこんな特集番組が放送されます。

「ようこそ!"アン"の世界へ」

http://www.nhk.or.jp/gogaku/pop-anne.html

https://www.nhk.or.jp/gogaku/anne/index.html

2008年1月3日(木)午後10:00~10:58 教育テレビ

ゲストは、松本侑子さん、松坂慶子さん、茂木健一郎さん、山瀬まみさん、料理研究家の牧野哲大さん、写真家の吉村和敏さん
アン役は、大和田美帆さん
司会は、渡邊あゆみさん

「赤毛のアン」ファンの方、必見です。

Anne of Green Gables


【 12/17 追記 】

茂木健一郎さんのブログで、『ようこそ!赤毛のアンの世界へ』の収録の模様が書かれていました。

http://kenmogi.cocolog-nifty.com/qualia/2007/12/post_b2ce.html

来年、松本侑子さんと松坂慶子さんが出演する『赤毛のアン』を題材とした語学番組が始まるということです。
来年度の新3ヶ月トピック英会話の枠でしょうか?
以前、松本侑子さんが『ものしり英語塾』で赤毛のアンをテーマに講座を持たれていましたが、テレビ放送で、プリンスエドワード島の映像が加わったら、さらに素敵でしょうね。

その後、松本侑子さんのホームページを見てみたら、

http://homepage3.nifty.com/office-matsumoto/

「2007年は、松坂慶子さんと二人のお嬢さんとともに、プリンスエドワード島を旅しました。」
と書かれていました。

写真家の吉村和敏さんは、プリンス・エドワード島を20年間も追いつづけているのだそうです。
ブログはこちら。

http://kaz-yoshimura.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/100_f696_1.html

さらに、大和田美帆さんのブログもチェック。

http://ameblo.jp/miho-ohwada/entry-10060200767.html

村岡花子さんと同じ学校出身だなんて、ほんと運命ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Oh, no! I think I'm coming down with a cold. 「あーあ!風邪をひいたみたいだよ。」

12/8(土) Let's Listen!

「文句なんて言ってないよ。」って言っておいて、答が (A) とはっ。。やられた~。

Oh, no! I think I'm coming down with a cold. 「あーあ!風邪をひいたみたいだよ。」

Daily practice is a must to improve your English skills.
「英語力アップには毎日の練習が欠かせないのです。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Let's give it our best shot! 「全力を尽くしてやってみよう!」

12/7(金) Let's read Out Loud!

・long shot 「勝ち目のない大穴」

・Let's give it our best shot! 「全力を尽くしてやってみよう!」
[OALD] にはこんな例文がありました。
Just give it your best shot (= try as hard as you can) and you'll be fine.

・poignant 「心に強く訴える」 : having a strong effect on your feelings, especially in a way that makes you feel sad. [SYN} moving [OALD]

We're here every day to back you up.
「私たちはみなさんを応援するために毎日ここにいます。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

on Mondays

中学1年の教科書で
We have English on Mondays. 「月曜日には英語の授業があります。」
という表現がありました。

なぜ Mondays と s がつくのだろう??
でも教科書に載っている。。

ジュニア・アンカー英和辞典を見ると、
Sunday の項に以下のような説明がありました。
on Sundays と複数形にすると「日曜日はいつも」と習慣を表す感じが強くなる。

へぇー。
中1で習う英語を忘れていました(涙)。。

まだ現在形しか習っていないので、過去形も未来形も使えず、
というわけで、こういう例文になるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/07

have a stuffy nose 「鼻が詰まっている」

12/6(木) 徹底トレーニング英会話

やっと木曜日まで来ました。。

今日のディクテーション。
(2) は、have a stuff in nose なんて書いてしまいました。。

・have a stuffy nose 「鼻が詰まっている」

一昨日くらいから、どうもかぜ気味です。
のどが痛くて(have a sore throat)、鼻が詰まっています(have a stuffy nose)。
インフルエンザも流行っているようです。
みなさんも気をつけてくださいね。

Don't worry. You're practicing with the right method.
「心配いりません。正しい方法で練習しているのですから。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Quit slouching. 「うつむくのはよせよ。」

12/5(水) 徹底トレーニング英会話

・Quit slouching. 「うつむくのはよせよ。」
・slouch (スラウチ)

・Try to look handsome. 「ちゃんとしろよ。」

・I don't know what makes him tick. 「どうしてああなるのかね(ああいう行動をとるのかね)」
・what makes him tick 「人の行動の動機」

・get a head start on ~「~より先にスタートを切る」

You've made more progress than you realize.
「あなたは思っている以上に上達しているのです。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Tommorow is another day. 「明日は明日の風が吹く」

12/4(火) 徹底トレーニング英会話

知らない表現、覚えたい表現がいっぱいです。

・I'm telling you. 「いいかい」
・Look who's talking! 「よく言うよ!」
・Listen to yourself! 「何を言ってるんだ!」

・You're the big spender. 「君は気前よくお金を使ってるぞ。」

・Moderation in all things. 「何事もほどほどに」
・Moderation 「節度、中庸」

・trite, insipid saying 「古くさくて、面白くない格言」

・Every cloud has a silver lining. 「どんな悪い事にもいい面がある(どんな雲も裏は銀色に光っている)」
・lining 「裏」

・Tommorow is another day. 「明日は明日の風が吹く」

・be eager to leave the party 「パーティーを抜け出したい」

Don't give up halfway and keep trying.
「途中であきらめずに努力を続けましょう。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/06

ジョニー・ロットン(Johnny Rotten)

12/3(月) 徹底トレーニング英会話

久しぶりにパソコンの前に座りました。
すっかり、たまってしまった。。
これから一気にアップします。

・rotten 「腐った」
セックス・ピストルズ(Sex Pistols)のジョン・ライドン(John Lydon)がジョニー・ロットン(Johnny Rotten)と言っていたのはこれだったのか。
この年になって初めて知りました。

・I'm broke. 「一文無し」

・tune out 「無視する、そっぽを向く」

・hear birds chirping 「鳥がさえずっているのを聞く」

Nothing will start unless you give it a try.
「やってみなければ何も始まりません。」

・give it a try 「やってみる」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/01

『英語の達人』 杉田敏(著)

隣町の図書館でこんな本を見つけました。
10年ほど前に杉田先生が出された本です。
インタビューしているメンバーがすごいです。
英語学習への意欲が、再び燃え上がってきました。

達人たちの「成功の秘訣」- まえがきより
1.積極的な生き方、不屈の精神力
2.「バネ」としての英語
3.英語学習にかけた執念、努力
4.恥をかくことを恐れない
5.「聞く」「話す」「読む」「書く」のバランス
6.思考の大きな柱としての母国語の能力
7.目標設定、目的意識

『英語の達人』 杉田敏(著)

塩谷紘 : スーパーマンに憧れて「英語の空」を飛んでみた
佐々木かをり : アメリカ嫌いを克服して世界の現場に突撃取材
高円宮憲仁親王 : カナダ留学三年間でつかんだ「英語は『楽しき玩具』です」
石倉洋子 : 英語とコンピューターと自己主張が「世界で一流」への道を拓く
佐藤昭弘 : 「ウォールストリート・ジャーナル」一面を飾る記事を支えた膨大な読書量
野田聖子 : アメリカ留学ですっかり変身したお嬢様政治家の物真似英会話術
堀義人 : いつも新しい価値の創造をめざすアントレプレナー
杉田時男 : イギリス留学で鍛えた英語で外国人庶民の助っ人に
國弘正雄 : 漢文の素読で培った力で英語同時通訳の神様に
秋葉忠利 : アメリカ生活二十年を肥やしに草の根ネットワークを栽培中
長崎玄弥 : 奇跡の十五万語ボキャブラリー・ロボットの原点「英語はお経」
小林薫 : 一年の半分?を眠りながら、英語情報の海をスイスイ泳ぎ渡る
黒川康正 : 語学を勉強する時間がないという人たちへ貴重な時間活用体験
杉田敏 : ダメ教師に次々遭遇したからこそ自分で積極的に勉強していった

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トークマスター公式サイトがリニューアル

トークマスター公式サイトがリニューアルされていました。
http://talkmaster.jp/

「ラジオ講座のススメ」と題して、
・ラジオ講座徹底活用法
・NHKラジオ講座徹底解剖
・NHKラジオ英語レベル別ラインナップ
・ラジオで英語を学ぶなら!お勧め英語コース
・トークマスター+ラジオ講座で見事英検1級合格!
などが、掲載されています。

また、「ファンサイトのご紹介」には、
とくパパさんの 「トークマスター」ユーザー倶楽部 が紹介されています。

ラジオ講座の録音に!【トークマスター】公式サイト
http://talkmaster.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »