« 涙でない tear | トップページ | Hardly. 「そんなことはないわ。」 »

2007/11/17

You're welcome to come along if you like. 「よかったら一緒に行きましょうよ。」

11/9(金) の音読徹底トレーニングを読んでいたらこんな表現が出ていました。

・You're welcome to come along if you like. 「よかったら一緒に行きましょうよ。」

You're welcome. と言ったら 「どういたしまして」 だと思うんですが、どうしてこんな意味になるのだろう??

英辞郎を見てみたところ、

・You're welcome to ~ 「遠慮せずに~してください、あなたが~することを歓迎します」

日本語の 「どういたしまして」 に限定して考えるから、???になってしまうんですね。
元は同じ感覚なんでしょうね。

----------

リスニング徹底トレーニング 11/17(土)

英語耳 (?) が錆びついていて、なかなか一発で分かりません。。
ていうか集中力が無さ過ぎです。何回も聞けると思ってはいけませんね。

・dim 「暗くする」
・give it a try 「試しにやってみる」
・read up 「読んで調べる」
・infer 「推測する」

You have unlimited power.
「あなたには無限の力があるのです。」

|

« 涙でない tear | トップページ | Hardly. 「そんなことはないわ。」 »

コメント

You're welcome to ~、私も気になったので、
昨日、質問したところです。
 「相手に押しつけることなく、断る余地も残しての誘い方」だそうです。
 これは友達同士とか、会社の同僚への話し方だそうです。たしかに、あの日本文でもそうですね。
 まちがっても目上の方とか、上司には××ですって。
欧米ではよく使うフレーズなので、丸暗記しなさい、と
言われました。
ああ、そんなに私の頭には入らないです。
 思わぬ課題が出てしまいました。

投稿: kuri2mama | 2007/11/20 15:14

kuri2mamaさん、こんにちは。

ネイティブの方に聞いてくださったんですね。
どうもありがとうございます。

>「相手に押しつけることなく、断る余地も残しての誘い方」だそうです。

なるほど、そうなんですね。

>これは友達同士とか、会社の同僚への話し方だそうです。たしかに、あの日本文でもそうですね。
>まちがっても目上の方とか、上司には××ですって。

これは難しいですね~。
こういうのはほんとネイティブでしか分かりませんよね。

>欧米ではよく使うフレーズなので、丸暗記しなさい、と言われました。

はいっ!分かりました。ありがとうございます。

You're welcome to come along if you like. 「よかったら一緒に行きましょうよ。」

この例文を暗記したいと思います。

いいこと教えていただきました。うれしいです。

投稿: Mark | 2007/11/20 23:17

この間、ラジオでJTのCMを聞きました。ロンドンでは次の人のためにドアを開けて待っている習慣がある。次の人が「Thank you!」と言ったことに対して、待っていた人が「You're welcome」と答えていた。

もともと「イラッシャイって」(ドアを開けて歓迎していた)意味が転じて「どういたしまして」になったのかなあと考えちゃいました。

投稿: Takaちゃん | 2009/02/10 14:12

Takaちゃんさん、こんにちは。
コメントいただき、どうもありがとうございました。
な~るほど。
こうして改めて考えてみると、言葉っておもしろいですね。
どうもありがとうございました。

投稿: Mark | 2009/02/11 01:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70286/17098273

この記事へのトラックバック一覧です: You're welcome to come along if you like. 「よかったら一緒に行きましょうよ。」:

« 涙でない tear | トップページ | Hardly. 「そんなことはないわ。」 »