« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007/11/24

11/24(土) リスニング徹底トレーニング

今日の覚えたい表現

・every other day 「1日おき」

・Can I offer you another cup of coffee? 「もう1杯コーヒーどう?」

・I was just going to ask for one. 「ちょうどお願いしようとしていたんだ。」

・go check it out 「行って調べる」

Daily effort is an investment in the future.
「毎日の努力は将来への投資なのです。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

It's getting late in the fall. 「秋も深まってるんだから。」

11/23(金) 音読徹底トレーニング

今日の覚えたい表現

・spirited argument 「活発な議論」

・It was rare to own a television back then. 「そのころはテレビを持っていることが珍しかった。」

・It's getting late in the fall. 「秋も深まってるんだから。」

秋というより、もう冬ですね。

All you have to do now is keep practicing.
「今やらなくてはいけないのは、練習を続けることです。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/23

ブログを始めた頃

私がこのブログを始めたのは2005年3月。
新年度のNHKのラジオ講座のテキストを買って、燃えていたなあ。
久しぶりに昔のエントリーを読むと、懐かしいですね。
書きたいことがいっぱいって感じです。

2005年3月 バックナンバー
http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2005/03/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/22

今日のディクテーション

11/22(木) 徹底トレーニング英会話

今日のディクテーションは、(3) の taught が何度聞いても分かりませんでした。
言われてみれば・・・なのですが。。

Practice right now, not tomorrow.
「明日ではなく、今すぐ練習しましょう。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/21

Rereading them cheers me up when I'm down. 「落ち込んだときに、それを読み直すと元気が出るの。」

11/21(水) 徹底トレーニング英会話

・compartmentalize 「区分する、区切る」

・Rereading them cheers me up when I'm down. 「落ち込んだときに、それを読み直すと元気が出るの。」

・intense job 「きつい仕事」

・superb = excellent 「すばらしい、とびきり上等な」

・day-to-day stress 「日々のストレス」

・get over a cold 「風邪が治る」

このところ急に寒くなって風邪をひいている人が増えていますね。
毎年、私が会社からもらってきて、家族にうつしてしまうので、気をつけなければ。。
うがい。うがい。

・gargle 【OALD】
[v] ~ (with sth) : to wash inside your mouth and throat by moving a liquid around at the back of your throat and then spitting it out
[n]
1. a liquid used for gargling
2. an act of gargling or a sound like that made when gargling

Don't compare yourself with others.
「自分と他の人を比較してはいけません。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

naturally 「もちろん」

11/20(火) 徹底トレーニング英会話

・His mother was naturally distraught. 「母親はもちろん取り乱してた。」

・naturally 「もちろん」
【ジーニアスより】
[しばしば文修飾] もちろん、予想されていたように、思っていたとおり
naturally は論理的に考えて「もちろん」、of course は「誰にも明白である」を含有して「もちろん」
こんな書き方されると、余計に分からなくなったりして。。

・disraught 「取り乱した、とても動揺した」

・indicate 「それとなく示す、ほのめかす」アクセントは先頭。

・objective 「客観的な」 <-> subjective 「主観的な」

・at stake 「危機に瀕している」

・That's why I can't afford to get too emotionally involved. 「だから感情的になりすぎてる余裕なんてないの。」
get involved が、日本語に結び付けようとするせいか、どうも分かったような分からないような。。

今日は、珍しく? Let's Read Out Loud! をみっちり音読しました。

Always keep a forward-looking attitude.
「いつも前向きな姿勢を持ち続けましょう。」

・forward-looking <-> backward-looking

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/20

Hardly. 「そんなことはないわ。」

11/19(月) 徹底トレーニング英会話

・stabilize 「安定させる」
「スタビライザー」というのがありますが、あれは完全な日本語読みだったのですね。
危ない、危ない。。ちゃんと stable から発想しよう。

・precious life 「大切な命」

・It's literally a life-and death situation. 「文字どおり死ぬか生きるかの状況だよね。」

・Hardly 「そんなことはないわ。」
【ジーニアスより】
[間投詞的に用いて ; お世辞などに対して] とんでもない、ちっともそうじゃないよ
"You're lucky." "Hardly!" 「ついてるね」「とんでもない」

最後の文 : Your training kicks in and you work through the situstion.
in and you のあたりが、聞きとるのも、読むのも、つらいっ!

There's no limit to your possibilities.
「あなたの可能性に限界はありません。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/17

You're welcome to come along if you like. 「よかったら一緒に行きましょうよ。」

11/9(金) の音読徹底トレーニングを読んでいたらこんな表現が出ていました。

・You're welcome to come along if you like. 「よかったら一緒に行きましょうよ。」

You're welcome. と言ったら 「どういたしまして」 だと思うんですが、どうしてこんな意味になるのだろう??

英辞郎を見てみたところ、

・You're welcome to ~ 「遠慮せずに~してください、あなたが~することを歓迎します」

日本語の 「どういたしまして」 に限定して考えるから、???になってしまうんですね。
元は同じ感覚なんでしょうね。

----------

リスニング徹底トレーニング 11/17(土)

英語耳 (?) が錆びついていて、なかなか一発で分かりません。。
ていうか集中力が無さ過ぎです。何回も聞けると思ってはいけませんね。

・dim 「暗くする」
・give it a try 「試しにやってみる」
・read up 「読んで調べる」
・infer 「推測する」

You have unlimited power.
「あなたには無限の力があるのです。」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/11/16

涙でない tear

音読徹底トレーニング 11/16(金)

・pest 「有害な動物、やっかい者」
・flower bed 「花壇」
・tear up 「ずたずたに引き裂く」
tear にこのような意味があることを知りませんでした。
しかも「涙」とは発音が違うから要注意。
tear - tore - torn

・proceeds 「収益」
・donate blood 「献血する」
実は今日献血しました。年に2度の趣味です(笑)。

・stop in 「立ち寄る」
・serve coffee 「コーヒーを出す」
・brew coffee 「コーヒーをいれる」

Keep practicing to get the best results.
「最高の結果を得るために練習を続けましょう。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/15

His way of talking made me fall in love at first sight.「彼の話し方で、私は一目惚れしてしまったの。」

徹底トレーニング英会話 11/15(木)

Let's Listen and Write More!

・His way of talking made me fall in love at first sight.
「彼の話し方で、私は一目惚れしてしまったの。」
ジーニアスで first & sight で例文検索すると、やっぱり fall in love とセットで出てきました。
I fell in love with him at first sight.

・There's no way I can handle all this work by myself.
「僕1人ではとてもこの仕事を全部処理できない。」

・She spoke to me in a voice that was barely audible.
「彼女はかろうじて聞こえる声で僕に話しかけた。」
後から聞いてみればちゃんと in に聞こえるのですが。。難しい。

・audible 「聞こえる」

・work in medicine 「医療の仕事をする」

Goals plus practice equals improvement.
「目標を持って練習すれば上達するのです。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/14

You don't say! Now that's fascinating.「本当に!それはすごい。」

急に思い立って、月曜日から、1年ぶりに「徹底トレーニング英会話」を聞き始めました。
月のスキットも既に半分終わっていますが、テキストも買ってきました。
さあこれから毎日頑張るぞー。と張り切っていたのですが、昨日は、またまた深夜残業になりまして。。
家に着いて、トークマスターのスイッチをON。
あれっ。ない?!
よく見ると「月・水・金」の予約設定になっていました (涙) 。。
そんなわけで、日曜日の再放送を聞きたいと思います。
なーんてことをブログに書き込もうとしたら。。
昨夜はココログがメンテナンス中でした。
がっくり。。

徹底トレーニング英会話 11/13(火)

・nurse-practitioner 「臨床看護師」

・You don't say! 「本当に!」
こんな表現があるんですね。
ネットでサーチしてみたら、アルクのサイトを見つけました。

石原真弓先生の英会話質問箱:スペースアルク
http://www.alc.co.jp/eng/kaiwa/shitsumon/060810.html

なるほど。なるほど。分かりやすくて、勉強になりますね。
「これまでの質問一覧」も少しずつ読んでみよう。

・Now that's fascinating. 「それはすごい。」

・intense 「激しい、猛烈な」

・awesome 「格好いい、すばらしい」

・Ward 「病棟」

・riveting 「面白い、うっとりさせる」
rivet 「リベット → 釘づけにする」 から来ているんですね。

Let's Listen and Write! は、今日の放送でディクテーションしました。
(3) の if は聞き取れませんでした。

それでは今日のレッスンに入ります。

徹底トレーニング英会話 11/14(水)

・It was the usual stuff. 「いつものことよ。」

・scrape [skreip] 「すり傷」

・cardiac 「心臓(病)の」

・just about 「大体、ほとんど、ほぼ、おおむね」

Tenacity is what you need now.
「ねばり強さが今あなたに必要なのです。」

・tenacious (形)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/12

Cruel fate! 「残酷な運命だよ!」

徹底トレーニング英会話 11/12(月)

・get so worked up 「とても興奮する」

・almost in tears 「ほとんど泣きそうな、べそをかいた」

・whine 「すすり泣く、泣き言を言う」(同音 wine)

・Cruel fate 「残酷な運命」
「運命」というと松任谷由実の destiny が頭に浮かびます。
fate というのは初めて知りました。
ジーニアスには、destiny, doom より口語的とあります。
doom も知らなかったのですが、悪い運命のようですね。

・out of proportion 「不釣り合いの」

・wear - wore - worn

It's too early to give up.
「あきらめるのは早すぎます。」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »