« One Small Step | トップページ | You don't say! Now that's fascinating.「本当に!それはすごい。」 »

2007/11/12

Cruel fate! 「残酷な運命だよ!」

徹底トレーニング英会話 11/12(月)

・get so worked up 「とても興奮する」

・almost in tears 「ほとんど泣きそうな、べそをかいた」

・whine 「すすり泣く、泣き言を言う」(同音 wine)

・Cruel fate 「残酷な運命」
「運命」というと松任谷由実の destiny が頭に浮かびます。
fate というのは初めて知りました。
ジーニアスには、destiny, doom より口語的とあります。
doom も知らなかったのですが、悪い運命のようですね。

・out of proportion 「不釣り合いの」

・wear - wore - worn

It's too early to give up.
「あきらめるのは早すぎます。」

|

« One Small Step | トップページ | You don't say! Now that's fascinating.「本当に!それはすごい。」 »

コメント

しばらく前のスキットで、fateが出ていましたね。
私もMarkさんと同じく、ユーミンの destiny が
印象にあったのです。世代かな??

 その後、レッスン時先生に尋ねると、こちらの方が普段の会話には使いやすいそうです。destiny は、逃れられないさだめ、宿命のような感じらしいです。
 
 Cruel fate のCruel のl部分って、ほとんど
聞き取れなくて。最初、テキストを見ないでぼんやり
聞いていて、クルーフェイトって何??って
思ってしまいました。
 

投稿: kuri2mama | 2007/11/14 09:48

kuri2mamaさん、こんにちは。
日本語では同じ「運命」でも微妙にニュアンスが違うんですね。
こういうのはネイティブに聞けるといいですね。
どうもありがとうございました。
私もクルーフェイトって聞こえます。
こうしていろいろお話できて、これで fate は忘れないでしょう。
これからもよろしくお願いします。

投稿: Mark | 2007/11/14 22:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70286/17056175

この記事へのトラックバック一覧です: Cruel fate! 「残酷な運命だよ!」:

« One Small Step | トップページ | You don't say! Now that's fascinating.「本当に!それはすごい。」 »