« リーダー・マネジメント関連本 | トップページ | NHKテキスト9月号 »

2007/08/12

元気出していこう!

このところ仕事が忙しく、英語の勉強ができていません。
今夜も花火の音を会社の中で聞いていました。
今年は夏休みも取れそうにありません。。
こういう時って、家族がいることのありがたみを感じます。
疲れがたまり、モチベーションが下がりがちですが、
少しでも子供たちと話をしていると元気が出ます。
夜はすでに寝ているので会えませんが、
朝、会話をすることで元気をもらっています。

|

« リーダー・マネジメント関連本 | トップページ | NHKテキスト9月号 »

コメント

こんにちは。

子供は大人の元気の源だとしたら、大人は子供の何だろう?
「帰るところ」かなあ?師匠かなあ?
それとも「反面教師」?

師匠は家族以外の人のほうがいい、とも聞きます。
内弁慶な娘たちは、私と1対1か1対2になると、猛烈にS系になって指示命令の嵐です。そうでもしないと学校などで静かにし続けてられないのだとか・・・
彼女たち「めっちゃくちゃ悪い子しても絶対嫌われない場」を手に入れないと、安心できないみたい。

投稿: しば | 2007/08/18 16:51

しばさん、こんにちは。
うーん、むずかしいですね。
うちの子供たちはどうなのかなあ?
いろいろ考えちゃいますね。

投稿: Mark | 2007/08/18 18:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70286/16081873

この記事へのトラックバック一覧です: 元気出していこう!:

« リーダー・マネジメント関連本 | トップページ | NHKテキスト9月号 »