« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007/08/29

「英辞郎 on the Web」がリニューアル

私もいつも利用させていただいているアルクのオンライン英語辞書「英辞郎 on the Web」。
少し前からβ版を公開していましたが、リニューアル版が正式に公開されたようです。
AND検索を使って例文を探せたり、スペル間違いをしても候補を表示してくれたりと、いっそう便利になりました。
他にもいろいろ便利な機能がありそうです。

地球人ネットワークを創るアルク:スペースアルク
http://www.alc.co.jp/index.html

英辞郎 on the Web・ヘルプ - 基本的な使い方・便利な機能・高度な使い方:スペースアルク
http://eowimg.alc.co.jp/content/help/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/28

フォニックス7級

松香洋子さんのフォニックスの本、少しずつですが読み始めました。
おもしろいなあと思ったのは「フォニックス7級」です。
最後に "e" がつくと、前方の母音がアルファベットの読み方に変身してしまうというものです。

例えば、

a : mat (しきもの) - mate (仲間) : a はアルファベットの読み方だから 「エィ」
e : pet (ペット) - Pete (男の名) : e はアルファベットの読み方だから 「イー」
i : win (勝つ) - wine (ぶどう酒) : i はアルファベットの読み方だから 「アィ」
o : hop (はねる) - hope (望む) : o はアルファベットの読み方だから 「オゥ」
u : cut (切る) - cute (かわいい) : u はアルファベットの読み方だから 「ユー」

こんなルールがあるんですね。なるほどなあと思いました。

アメリカの子供が「英語を覚える」101の法則-日本人には目からウロコの発音術 (講談社プラスアルファ文庫)』 松香 洋子 (著)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/25

『アメリカの子供が「英語を覚える」101の法則-日本人には目からウロコの発音術』 松香洋子

アメリカの子供が「英語を覚える」101の法則-日本人には目からウロコの発音術 (講談社プラスアルファ文庫)』 松香 洋子 (著)

今度は英語の本です。(笑)
フォニックスって何となく聞いたことがあって、前から興味がありました。
先日、kuri2mamaさん( http://kuri2mama.blog46.fc2.com/ )に、
松香洋子先生の『英語、好きですか-アメリカの子供たちは、こうしてABCを覚えます』という本を紹介していただきました。
インターネットで探してみたら、タイトルを変えて文庫本になっていることが分かり、値段も安いので、Amazonで注文しました。
少し読み始めたのですが、これはなかなかおもしろいです。
最近、子供の英語の勉強を見ていて思うのですが、単語を読むとき、覚えるとき、どうしても小学校で習ったローマ字の(悪い)影響を受けているように感じます。
フォニックスのルールを覚えて、子供に教えてあげたいと思います。
一緒に覚えられたらいいなあと思います。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

『確実に上達する 小学生バレーボール』 東金町ビーバーズ (監修), 浦野 正 (著)

確実に上達する 小学生バレーボール (SPORTS LEVEL UP BOOK)』 東金町ビーバーズ (監修), 浦野 正 (著)

バレーボールはもっと分かりません。
スパイクの時、もっとジャンプしなくちゃって、思いますが、
自分でやろうとしても、ジャンプの仕方が分かりません。
ほんと難しいスポーツです。
この本を読んで一から勉強します。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ぐんぐんうまくなる!ソフトテニス』 熊田 章甫 (著)

ぐんぐんうまくなる!ソフトテニス』 熊田 章甫 (著)

私はテニスのことは分からないことだらけなので、本を買うことにしました。
いろいろな本が出ているのでどれがいいか迷いましたが、熊田道場の熊田章甫さんの本を選びました。
ソフトテニスマガジン推薦というのもポイントでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/24

「最近仕事が忙しくて英語を勉強する時間がありません。。。」

二年前にこんなエントリーを書いていました。

http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2005/06/__f047.html

杉田先生!ありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/08/18

NHKテキスト9月号

疲れからか風邪をひき、咳が止まりません。
今日は会社を休み、医者に行ってきました。
今週はお医者さんもお休みの所が多く、あちこち探して耳鼻科へ。

その後、久しぶりに本屋さんへ。
NHKのテキストもすでに9月号が並んでいました。
もう前半戦の最後なんですね。
4月号の頃は山積みだったテキストが、今日はちょっとしかありませんでした。
みんな挫折しているんだなあ。。仲間だ。。
とりあえず「英単語ネットワーク」と「基礎英語1」を買ってきましたが、実は、たまっています。
何とかしないと!

そういえば10月から、テレビでは大西泰斗先生、ラジオではマーシャ・クラッカワー先生が帰ってきます。
楽しみですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/08/12

元気出していこう!

このところ仕事が忙しく、英語の勉強ができていません。
今夜も花火の音を会社の中で聞いていました。
今年は夏休みも取れそうにありません。。
こういう時って、家族がいることのありがたみを感じます。
疲れがたまり、モチベーションが下がりがちですが、
少しでも子供たちと話をしていると元気が出ます。
夜はすでに寝ているので会えませんが、
朝、会話をすることで元気をもらっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/08/05

リーダー・マネジメント関連本

今日の午後は図書館で過ごしました。
ちょっと英語と離れて、数冊の本を借りてきました。

いま、なぜ「武士道」か―美しき日本人の精神(こころ)』 岬 龍一郎 (著)

プロジェクトを成功させる 現場リーダーの「技術」』 岡島 幸男 (著)

カリスマヘッドハンターが明かすリーダーの条件』 古田 英明 (著)

プレイング・マネジャー―現場と管理職を兼任する人のためのコーチング術』 本間 正人 (著)

ケースで鍛える 人間力リーダーシップ』 保田 健治 (著)

太っ腹の上司力―何事も“水に流せる”上司が部下を伸ばす』 城戸 啓太郎 (著)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/04

甲子園が割れた日-松井秀喜5連続敬遠の真実

甲子園が割れた日-松井秀喜5連続敬遠の真実』 中村 計 (著)

あの日、私は、家内(まだ結婚前でした)と、共通の友人である、私の高校の同級生の女性の実家に呼ばれて、流しソーメンをしていました。

居間のテレビでは甲子園の中継を放送しており、松井の5連続敬遠を、皆で目の当たりにしました。

彼女は、高校時代野球部だった私に「○○くん、どう思う?」と聞いてきました。

私は。。。答を見つけられませんでした。。。

私には、明徳の野球を否定することはできませんでした。

しかし、松井の無念さも、もちろん分かりました。

今でも夏が来ると思い出します。

彼女の「○○くん、どう思う?」という言葉を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »