« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007/06/29

NHKビジネス英会話

本多義則さんの『「ビジネス英会話」を骨までしゃぶるメルマガ』 http://www.mag2.com/m/0000147095.html
によると、「ビジネス英会話」で、SOX法(Sarbanes-Oxley Act)が取り上げられているんですね。

中村澄子さんのメルマガ『時間のないあなたに!即効TOEIC250点UP』 http://www.mag2.com/m/0000112188.html
の編集後記では、最近TOEICの教室の生徒に、監査法人で仕事をされている方が増えているとか。

今、監査関係の仕事をされている方は、大忙しで大変ですよね。

うーん、やっぱり「ビジネス英会話」はトピックスが楽しそうだなあ。。

SUGITA FORUM
http://www.ethospathoslogos.com/cgi-bin/bbs/wforum.cgi?page=0
では、杉田敏先生が、またまた10月号のテーマを紹介していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/27

モニカ・ホーガンさんのTongue Twister Time

先週の「新3か月トピック英会話 ハワイでハッピーステイ ~チェリッシュの滞在型旅行英会話~」の 
「Tongue Twister Time (早口言葉) 英語の口を作ろう!」は、

Can you hear the difference between “ear” and “year”, and “east” and “yeast”?
「earとyear、それからeastとyeastの違いが聞き分けられますか?」でした。

モニカ・ホーガン(Monica Horgan)さんの口元をじーっと見ましたが、難しいです。。
聞き分けられません。。言い分けられません。。

楽しかったこの番組も早いもので今週で終わりですね。
アローハ!Aloha!

http://www.nhk.or.jp/gogaku/english/3monthnew/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/26

皆さん、どちらにお住まいですか?

ブログを始めて2年と3ヶ月。
最近ちょっとネタに困り気味な気もしますが(笑)、
現在のカウンタは、234,414。
延べの数字だとはいえ、ちょっと信じられない数字です。
始めたときにはこんなに続くとも思っていなかったし、
こんなにたくさんの方に見ていただくことも想像しませんでした。
ところで、皆さんは、どちらにお住まいですか?
どんなところからこのブログを見に来てくださっているんでしょう?
自分が行ったことのないところで、私のブログが読まれている。。
以前、海外からコメントくださった方もいらっしゃいました。
本当に本当に不思議な気持ちです。
私は日本の静岡県に住んでいます。
残念ながら自宅から富士山は見えません。
皆さんはどちらにお住まいですか?
メールアドレスやURLは空欄でもコメントできますので、
「○○から来たよ」ってコメントいただけるとうれしいです。
何だか日本中を、いや世界中を旅しているような。。
いつもありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007/06/23

「ビジネス英会話」後期のプログラム

杉田敏先生のホームページ ( http://www.ethospathoslogos.com/ ) を久しぶりに見たら、
掲示板に、ビジネス英会話の10月からのプログラムについて、先生の書き込みがありました。

後期のレッスン1は「上司を管理する」というテーマだそうです。
ユーモアの要素を意図的に入れ込んでいるということです。

「ビジネス英会話」のビニェットは、日本語として読んでも、いつも興味あるテーマでおもしろいです。
英語では私にはちょっと難しすぎるのですが。。

いつかは「ビジ英」!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TOEIC対策本

この二冊、
新TOEICテスト 直前の技術?スコアが上がりやすい順に学ぶ 』 ロバート ヒルキ (著), ポール ワーデン (著), ヒロ前田 (著), Robert Hilke (原著), Paul Wadden (原著)
TOEIC Test 「正解」が見える【増補改訂第2版】 』 キム デギュン (著), 樋口 謙一郎 (翻訳)
は、旧版(旧形式のTOEIC用のもの)を持っているのですが、どれくらい内容が違うのか、ご存知の方いらっしゃいますか?
テスト形式が変わったところだけ内容が違うのか、それとも、まったく新たに書き直しているのか?
1冊目を持っていると、2冊目を買うべきか、迷ってしまいます。。

カテゴリー『TOEIC』
http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/toeic/index.html


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/18

pull off 「困難な状況の中で何かを成功させる、何かをやってのける」

今月は、Working 「仕事をする」 がテーマなので、これ覚えときたいな。って表現が多いです。

英会話入門 6月号の Today's Phrase より

・Everything is A-OK. 「すべてまったく問題ありません。」
・This looks like a huge project! 「これは大変なプロジェクトのようですね!」
・I have that information. 「その情報ならあります。」

・This won't do. 「それはまずい。」
・You're pulling your weight. 「あなたはやるべきことはやっている。」
・I think we can pull this off. 「やってのけることができそうだ。」

・I'm happy to hear that! 「それはうれしいですね!」
・That's the way it goes. 「現実はそうなるのです。」
・I couldn't help it. 「しかたがなかったんです。」

遠山顕の5ワード英会話―短い言葉で気持ちが伝わる表現集


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/16

マスターズ甲子園

今日、図書館へ本を返しに行ったら、何気なくこんな本が目に飛び込んできました。

『 夢・続投!マスターズ甲子園 』 重松 清/マスターズ甲子園実行委員会

マスターズ甲子園?なんだそれは?初めて聞きました。

全国の高校野球OB/OGが、性別、世代、甲子園出場・非出場、元プロ・アマチュア等のキャリアの壁を超えて出身校別に同窓会チームを結成し、全員共通の憧れであり野球の原点でもあった『甲子園球場』で白球を追いかける夢の舞台を目指そうとするものだそうです。

そんな大会があったなんて知りませんでした。
しかも今年は、明日、6月17日に開催されるとのこと。

私は、死ぬまでに一度でいいから母校が甲子園に出場するのをこの目で見たい。(笑)
なんて思っていましたが、
自分自身が甲子園の土を踏めるなんてことが実現したら、天にも昇る想いでしょう。。

もしも甲子園のグランドに立てたら。。。
ベースランニングでダイヤモンドを一周して、最後はホームにヘッドスライディングしたい。
シートノックを受けることが出来たら、飛びついて飛びついて、ユニフォームを泥だらけにしたい。
校歌を大声で歌いたい。泣いてしまうかもしれません。

人が聞いたら笑っちゃいますね。。

なんと、チームとして出場できなくても、甲子園球場でキャッチボールできるプログラムもあるようです。
甲子園でキャッチボールが出来る。。甲子園の土が踏める。。そんなとんでもない夢が叶うなんて。。

男の子がいる方は、親子で参加なんていったら、これまた、たまらないでしょうね。

今度の正月にみんな集まったら、先輩や後輩にも声をかけてみよう。

マスターズ甲子園公式サイト
http://www.masterskoshien.com/

今夜、サイトと本を、もう少しじっくり読みたいと思います。
いいオヤジが、久しぶりに野球をやりたくなってきました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トークマスター2の128MBモデルにホワイトモデル登場

TalkMasterは、シリーズ発売以来、販売台数10万台を突破しているのだそうです。
そんなに売れているとは、すごい。。
ニッチな分野の隠れたヒット商品ってところでしょうか。

今回、トークマスター2の128MBモデル「TalkMasterⅡ-S」に白色モデルが追加されました。
これで、トークマスター2の128MBモデルは、シルバー、レッド、ホワイトの3色から好きな色を選べるということですね。
発売記念として、先着限定1000台に「巻取り式イヤホン」が同梱されるそうです。

サン電子のホームページへのリンク
サン電子のホームページへ

オンライン書店 boople.com(ブープル) のトークマスターⅡのページへのリンク
オンライン書店 boople.com(ブープル)へ

三省堂書店 楽天市場店 のトークマスターⅡのページへのリンク

我が家のトークマスター2です。親子でお世話になってます。
Talkmaster2_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Making Love Out Of Nothing At All:Air Supply (エア・サプライ:渚の誓い)

今日の「ものしり英語塾」は、
エア・サプライ:Air Supply の「渚の誓い:Making love out of nothing at all」でした。
いやあ、懐かしいですね~。
「渚の誓い」は1983年ですか。

歌詞を眺めていると、
I know just ...
And I know just ...
が、これでもか、これでかと続いていますね。
「訳している時に、あれ?今どこを訳しているのだろう?と、つい分からなくなるほど、繰り返しの多い歌詞でした。」by ジェームズ天願先生。(笑)

実は、エア・サプライは、私が初めて洋楽に興味を持った頃にまさにブレイクしたグループでした。
友だちの家で「ロスト・イン・ラブ:Lost in Love」のレコードをよく聴いたなあ。
やっぱり夏が近づくと聴きたくなる?
「オール・アウト・オブ・ラヴ:All Out Of Love」も大好きでした。

そう言えば、今日ここに書いた曲は、みんな"Love"が付いてますね。

ここ二日、帰りが午前様のため、7月号のテキストが発売になったのに、本屋さんに行けません。
早く新しいテキスト見たいです。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/13

鈴木広子先生の「英単語ネットワーク ~めざせ10,000語!~」

7月からの「英単語ネットワーク ~めざせ10,000語!~」ですが、
NHKの外国語講座のページを見ると、
「語彙(ごい)を増やしたいと思っている人は、こちら!」として、
この講座のお知らせが出ています。

http://www.nhk.or.jp/gogaku/english/3monthnew/popup.html

引用しますと、
・ 使用頻度などを考慮したコンコーダンス(語彙索引)を用意し、最も重要な20語を中心に展開。既知の単語をスタート地点に、クモの巣のように語彙が広がっていくのが面白い!
・ 出演者はすべてネイティブスピーカー、番組はほぼすべて英語で展開。SITCOM風のスキットやクイズを通して、効率よく語彙を習得。
・ テキスト巻末には語彙リストを掲載。7月号~9月号の3冊合わせると、10,000語のリストがそろいます。

ところで、東海大学教育開発研究所・教授の鈴木広子先生の専門分野は、認知心理学・英語教育・認知意味論だそうです。
単なる英語学習番組というよりも、英単語を覚えることに特化した、記憶のメカニズムといったところに焦点を当てた講座になるのかな。
どんな番組になるのか、何だかおもしろそうですね。

http://prog.pr.tokai.ac.jp/tokai_renew/TkpJinInfo?p_shoc=876100&p_kyoushoc=138878&p_lang_flag=0&p_kijikubun=0101&p_flag=0

------------------------------

2008年4月追記

「新3か月トピック英会話 英単語ネットワーク めざせ10,000語!」のDVDが発売されました。
Amazonを見ると、【封入特典】【特典映像】があるようですが、どんな内容なのでしょうか。

「新3か月トピック英会話 英単語ネットワーク めざせ10,000語! DVD-BOX」ゲーリー・スコット・ファイン


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ミス・ユニバースの森理世さんのブログ

ミス・ユニバースの森理世さんのブログがあることをYahoo Newsで知りました。

http://myblog.ask.jp/muj_riyo_mori/

静岡出身ということもあり、気になっていました。

これから世界の舞台でさらに飛躍してほしいと思います。

私は、英語でのエントリーを読んで、英語学習したいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/06/09

正直は割に合う、すなわち「正直は最善の策」である

武士道 - 人に勝ち、自分に克つ強靱な精神力を鍛える 新渡戸稲造(著) 奈良本辰也(訳)」を読んでいます。
現代語で読みやすく書かれていますが、こういう本は集中して真剣に読まないとダメですね。
改めて思いました。これは流し読みは出来ません。。
ところでこの翻訳本は、「註」の量がハンパじゃありません。註だけで32ページあります。
その場その場で、後ろの註をめくって見ていると、なかなか進みません(笑)。。
逆に、この註がない翻訳本は、なんとなく読み過ごしてしまうのでしょうか?
多すぎるのも、少なすぎるのも、難しいですね。

第7章「誠」より
正直は割に合う、すなわち「正直は最善の策」である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/08

英単語ネットワーク ~めざせ10,000語!~

7月からの新3ヶ月トピック英会話は、鈴木広子先生の
「英単語ネットワーク ~めざせ10,000語!~」
ボキャブラリーの力が知的な会話を可能にする!
NHKさん、今度はボキャビルで来ました。
またまた興味津々の内容ですね。
放送が楽しみです。

チェリッシュの「ハワイでハッピーステイ」も今月で終わりか~。
ほんとあの番組見てると、ハワイに行きたくなりますねー。

------------------------------

2008年4月追記

「新3か月トピック英会話 英単語ネットワーク めざせ10,000語!」のDVDが発売されました。
Amazonを見ると、【封入特典】【特典映像】があるようですが、どんな内容なのでしょうか。

「新3か月トピック英会話 英単語ネットワーク めざせ10,000語! DVD-BOX」ゲーリー・スコット・ファイン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHK July

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノーブレス・オブリージュ ( noblesse oblige )

新渡戸稲造の「武士道 - Bushido The Soul of Japan」ですが、
奈良本辰也の翻訳版「武士道 - 人に勝ち、自分に克つ強靱な精神力を鍛える」 を読み始めました。
平易な現代日本語で書かれており、段落ごとにサブタイトルがついていて、とても読みやすいです。
また註も非常に充実しています。

さて、その第一章で次のような一文があります。
「武士道は一言でいえば「騎士道の規律」、武士階級の「高い身分に伴う義務(ノーブル・オブリジェ)」である。」
ここではノーブル・オブリジェとありますが、ノーブレス・オブリージュ ( noblesse oblige ) と書かれることもあると思います。
この言葉、最近、どこかで初めて目にして、すごく印象に残っているのですが、どこで出会ったのかが思い出せないのです。。

英英辞典で引いてみると、以下のように書かれています。
noblesse oblige
[OXFORD]
・(from French) the idea that people who have special advantages of wealth, etc. should help other people who do not have these advantages.
[LONGMAN]
・the idea that people who belong to a high social class should behave in a kind and generous way towards people of a lower social class.
[Merriam-Webster]
・the obligation of honorable, generous, and responsible behavior associated with high rank or birth.
[The American Heritage]
・Benevolent, honorable behavior considered to be the responsibility of persons of high birth or rank.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/06

武士道

新渡戸稲造の「武士道」を読んでみようと思っているのですが、
翻訳版が何種類か出ているようです。
どの翻訳版がおすすめでしょうか?

漫画ものや、解説もの、対訳版などもあるようですね。
英語は無理だろうなあ。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/06/04

英会話入門 6月号スタート

今日から6月号のスタートです。

今月のテーマは、「Working」

巻頭の遠山先生のお言葉、「To Our Listeners」では、workを使ったおもしろい例文が紹介されています。

引用させていただきます。

・I need to work on the dialog. 「ダイアログをやらねば。」

・I'm working on it. 「まだですよ。」 (食べかけの料理を持っていかれそうなとき、給仕係に、現在しっかり食べているという気持ちを出して。)

・It works! 「効く!動く!」 (薬や機器などに。)

・How do I work this camera? 「このカメラはどう扱うのですか?」 (働かせるという意味合いの他動詞として。)

・It works for me. 「それで私は構いません。」 (スケジュールや方法などに関し。)

・Whatever works for you is fine. 「あなたのご都合で大丈夫です。」 (相手の都合に合わせたいとき。)

今日の放送では、「More Tips」のコーナーの英文も紹介していましたね。

これもうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »