« You can take your time. 「ゆっくりどうぞ。」 | トップページ | 八方池までトレッキング »

2006/08/14

嵐のキャンプ

8/12(土)13(日)と富士山のふもとの「田貫湖」にキャンプに行ってきました。
http://www.city.fujinomiya.shizuoka.jp/kankou/shukuhaku/tanuki.htm
土曜日は朝から大気の状態が不安定ということでしたが、着いてみると薄日も差したりで、思い切って来てよかったねえ。なんて話していたのですが。。
午後3時頃から遠くで雷がゴロゴロ鳴り出しました。
そして。ポツポツ来たと思ったら。。
ものすごい雨と横なぐりの風。
まるで台風。いや、まさに嵐です。
テーブルやチェアも風で飛ばされ、タープが飛んでいかないように押さえているのに精一杯。家内も私も体はびしょ濡れ。
子供たちはテントの中にいますが、テントも形を変えて、飛ばされそうです。
何十分も降り続きます。
私たちはやっとタープの高さを低くすることに気付き、テントのフライの中へ避難。
その後も一向にやむ気配がありません。
びしょ濡れの体は寒さに震え、新聞紙をシャツと体の間に入れて、少しでも寒さを和らげようとしますが、たまりませんでした。
1時間くらい降り続いたでしょうか。
とんでもないキャンプになってしまいました。

その後、やっと雨もやみ、日も出てきたので、カレーを作って食べ、お風呂「天母の湯」へ。http://anmonoyu.com/
芯から冷えた体が温まりました。
夜はあの雨と風がうそのように、穏やかないい天気でした。

私は経験の浅いキャンパーなので、今回、どうしたよいかおろおろ状態でしたが、とにかく体を濡らさないようにして、早くテントに入って雨のやむのを待つことだと思いました。
雨が上がってみると、私たちのように雨の中でびしょびしょになった人と、まったく濡れていない人と、半分半分でした。

帰ってきて新聞を見たら、田貫湖だけの話でなく、各地で雷と激しい雨だったそうですね。
あの嵐の中でキャンプをしていた私たちって。。

|

« You can take your time. 「ゆっくりどうぞ。」 | トップページ | 八方池までトレッキング »

コメント

こんにちは、Markさん。
大変なキャンプになってしまいましたね。風邪など引いていないと良いのですが。
 私は、週末、大分県に行っていたのですが、ひどい雷と大雨に遭いました。しかし、翌日は朝からカラッと晴天。天気に振り回された2日間でした。
 ふと、6月号の More Reading Out Loud にあった "That's the way the weather is. (天気ってそういうものよね)" を思い出しました。(^^;)

投稿: 13kabak | 2006/08/14 07:38

13kabakさん、こんにちは。
こちらも日曜の朝からカンカン照りです。
本当に天気に振り回されました(笑)。
「徹底トレーニング英会話」にはたくさんの表現が詰まっているので、こういう日常の出来事にあてはめてみると、面白いし、勉強になりますね。どうもありがとうございました。
#九州は行ったことがないので、一度行ってみたいです。
これからもよろしくお願いします。

投稿: Mark | 2006/08/14 10:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70286/11425353

この記事へのトラックバック一覧です: 嵐のキャンプ:

« You can take your time. 「ゆっくりどうぞ。」 | トップページ | 八方池までトレッキング »