« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006/03/31

英語口 Lesson55~57

『英語口 英文法ができると英会話ができる 初級編〈1〉』

Lesson55~57

『英語口』をやってきて、本当によくできた例文だなあと感じます。
私のやっている『初級編1』は、構文自体は中学1年レベルです。
でも、本当に中学1年生が学ぶ例文(中1レベルの単語を使った)では、こちらは3日で飽きてしまうでしょう。
単語やフレーズのレベルは低くないです。
大人のための、言えそうで言えない、それでいてシンプルな表現がたくさんです。

あと、日本語をそのまま和英辞典で訳したら、こんな単語を使ってしまいがちだけど、そうではないよ。というのもたくさん紹介されています。

"How long ago did ... ?" : どのくらい前に~しましたか?
この表現は初めて知りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/30

NHKラジオ英会話レッツスピークベストセレクション

NHKラジオ英会話レッツスピークベストセレクション

岩村圭南先生が2002年度から2004年度までの「英会話レッツスピーク」のベストセレクションを出版されました。
先日、先生の講座は好きなんだけど、スキットにいまいち興味を持てない時があるというようなことを書きましたが、実はそれは、先生の一番最初のレッスンのスキットの印象が強く残っているからです。
そのテーマとは、ゴミ置き場のカラスの問題。
今回、ベストセレクションでもトップに持ってきているということは、先生はこういう話題が好きなのかなあ。。
考え方によっては社会性を表したスキットと言えます。これで舞台がアメリカなら杉田先生のビニェットの雰囲気になって、ミーハーな私はかっこいいと感じてしまうだけなのかもしれませんね。

さて、この本ですが、スキットに加えて、表現練習用の Let's Focus! と、モノローグの使って音読演習する Let's Read Out Loud! が収録されています。
私は、モノローグの使って音読演習する Let's Read Out Loud! をまとめた本が出ないかなあと、前から思っていました。
今度は金曜日のモノローグをまとめた本が出ないかなあ。これは好きな話題が多いんですよ。(勝手なこと言ってますね。)

----------

もうすぐ4月。新講座は『徹底トレーニング英会話』に決めました。
ポジティブ思考で行こう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/29

英語口 Lesson49~54

『英語口 英文法ができると英会話ができる 初級編〈1〉』

Lesson49~54

一日でこんなに進めたわけではありません。
ブログに毎日記録できなかったものですから。。

Our head office's in Chicago.
「あります」というと"There's ..." を使いがちだが、特定な内容の時にはbe動詞を使う。

中尊寺ゆつこさんの本で紹介されていた『必ずものになる 話すための英文法』の旧版のものでは、この文法テーマが一番最初に出ていたと思います。

それを読んでから、市橋先生の本に興味がわいたことを思い出します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/28

下村式 『小学漢字学習辞典』 『小学国語学習辞典』


下村式 小学漢字学習辞典

下村式 小学国語学習辞典

みなさん、「長」の書き順を知っていますか?「用」の書き順を知っていますか?

子供の漢字の勉強に付き合っていると、「ちょっとその書き順違うでしょう。」ということがよくあります。
しかし、注意した私の方が実は間違っているのです。
何十年も正しいと思っていたものが実は間違っていました。。

これまでは「国語辞典」があれば「漢字辞典」は要らないと思っていましたが、買ってあげました。
「国語辞典」と同じ「下村式」を買いました。

この人の辞典はマイナーかもしれませんが、すごくいいです。
読んでいて楽しいです。
小学生のお子さんを持つみなさんにオススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語口 Lesson42~48

『英語口 英文法ができると英会話ができる 初級編〈1〉』

Lesson43~48

How many ?
How much ?
How old ?
How big/tall/high/fast/hot/far ?
How long ?
How often ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/25

栗原はるみのジャパニーズ・クッキング - Harumi's Japanese Cooking (Conran Octopus Cookery S.)


栗原はるみのジャパニーズ・クッキング

Harumi's Japanese Cooking (Conran Octopus Cookery S.)

4月からの3か月トピック英会話『挑戦こころを伝える英語』に出演される栗原はるみさん。
「グルマン世界料理大賞グランプリ」を受賞したこの本をずっとずっと探しているのですが、ここら辺りの本屋では一度も見つけることができません。
いつか東京方面へ出張へ行ったら、必ず探そうと思います。
(と言っておきながら、いつもその時になると忘れてしまう。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/24

NHKの英語講座をフル活用した簡単上達法

本屋さんへ行ったら、川本佐奈恵さんのNHKの英語講座をフル活用した簡単上達法が改版されて、この4月からの講座も紹介されていました。

「テキスト(講座)は一本に絞る」
「しゃべりたいのなら会話から!」
「英語はあなたを裏切らない、やった分だけ返ってくる」

改めて読んでいると、『徹底トレーニング英会話』に集中して頑張りなさい。と言われているような気がしてきました。

川本佐奈恵さんは、『英語学習・英会話スクール - All About [英語の学び方・活かし方]というサイトも担当されています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/03/23

"I think ..." にご注意を

少し前になりますが、3月8日の『シニアのための物知り英語塾』で、馬越先生が興味深いお話をされていました。

"I think ..." にご注意を

「やっぱそうかなぁって感じ。。」馬越先生が若者言葉の真似をされました(笑)。
「もっとはっきり言ったら。」って言いたくなるが、よく考えてみたら自分自身も、「~ではないでしょうか。」「~ではないかと思います。」とやわらかい表現をよく使っているということです。
たしかに私もそうだなぁと感じました。

"She's right."を、"I think she's right." と言うと、"I'm not sure but maybe that's right."「確かではないけれどたぶんそうだろう。」となって、言い切る自信がないと思われてしまうそうです。

日本語では、「彼女は正しいです。」「彼女は正しいと思います。」どちらも同じような印象を与える。
でも、英語では違いが出る。
ですので、英語で意見や感想を言う時は注意が必要だということです。

先生は続けます。
「つい"I think .." で文を始めたくなりますよね。」
「"I think.." を言っている間に、次に何を言おうかなーなんて考えること、私よくあるんですよ。」(^^)
「ちょっとそれをこらえる。ということも大事だと思うんですね。」

"I think you're a great cook." じゃなくて、シンプルに"You're a great cook." と言った方がいい。

英語でもはっきり断言しない時もあって、そういう時には、
"I guess..." "I suppose..." などの表現を使えばいいそうです。

馬越先生のお話はいつもためになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/21

NHK4月号のテキスト買いました

日曜日にやっと本屋さんへ行って4月号のテキストを買ってきました。

1時間以上悩んで、買ったのは、『徹底トレーニング英会話』と『基礎英語1』の2冊です。

徹底トレーニング英会話
実は、今年はこれにしようと最初から決めていました。『英語口』で声に出すことの楽しさが身についてきました。今年はとにかく口を動かすぞ!
しかし、スキットを見た瞬間、「うーん。。」と少し考えてしまいました。
今月のテーマは「ペット」。私の中には外国に対する憧れみたいなものがあるのかなあ。アメリカやイギリスが舞台だったりするとそれだけですごく興味が湧いたりするのですが、岩村先生のスキットにはいつもどうしてもカッコよさを感じないのです。。悩みながら、テキストを隅から隅まで立ち読みしました(笑)。
テーマは「ペット」と、私の興味から離れたものですが、何度も読んでいると、この会話の表現覚えたいなあというものがたくさんあることに気が付きました。そして1日のスキットも短めというのもいいです。様々なトレーニングをさせてくれる方針は相変わらずでとても魅力です。金曜日の「音読徹底トレーニング」は、以前から気にいっていました。土曜日は今までのはあまり好きではなかったのですが、今度の「リスニング徹底トレーニング」はおもしろそうです。
そして、圭南先生の雰囲気が好き。ジュリアさんの声は聞き取りやすくて大好き。ということで、やっぱりこれに決めました。
毎年何冊も買ってあれこれ聞いてみんな中途半端になるので、今年は基本的に『徹底トレーニング英会話』1本で行きたいと思います。

基礎英語1
子供が英語の勉強を始めたいというので、中学1年生の時以来の『基礎英語』を買いました。
これはかなりいいですよ。
4月号というと、最初は、"Good Morning." "How are you?"。。から始まると思うじゃないですか。
しかし、このあいさつが出てくるのは、4月号の最後のレッスンなんです。
それまでは、身近な生活の中にある様々な英単語を言ってみましょう。ということで、ピクチャー・ディクショナリーのようなテキストが続きます。
わたしの部屋、台所、ダイニング、洗面所、野菜とくだもの、動物と乗り物、教室、音楽室と理科室、スポーツ、顔の部位、数字、方角。。
いつも目にするものなのに、私も知らない単語がたくさんありますし、子供と一緒に楽しく学べそうです。
その後、アルファベットの練習があって、本格的にストーリーが始まるのは5月から。
初めて英語に触れる人が興味を持てるように、思い切った構成になっていて、工夫されているなと感心しました。楽しんで続けてほしいなあ。

基礎英語2
すみません見てきませんでした。

レベルアップ英文法
この講座もかなり気になっていました。
本当に基本から一つ一つていねいに英文法を勉強しましょうという感じです。正統派の雰囲気です。基礎英語3と言ってもいいかもしれません。余裕があれば聞いてもいいかも。

ものしり英語塾
この放送は今年も楽しみです。テキストは買いませんでしたが、必ず聞きたいです。
大杉先生は4月のテーマは辞書です。毎月毎月ネタがつきませんねえ。すごいです。
馬越先生の英語インタビューも楽しみですね。
ジェームズ天願先生は私の好きな曲をかけてくれるかな?

英会話入門
高本先生が『英会話中級』の時のように、1レッスンで1つずつ重要表現をピックアップし、進めていきます。
ストーリーは、語学留学する女性のアメリカ到着から始まります。5月号ではグリーンカードの申請なども取り上げられるようで、かなり惹かれます。。こういうテーマが好きなんですよ。
これまたさんざん悩みましたが、二つは無理だよ。。ということでとりあえず買わないことにしました。
でもちょっと聞くだけ聞いてみて、よかったらもう一度なんて(笑)。。
実は高本先生の声より岩村先生の声のほうがラジオで聞いていて好きなんです(変な意味じゃなく)。圭南先生がグリーンカードをテーマでなーんてのがあったらいいのになあ。

英会話上級
まさに上級者向け。英語のできる人ならすごく楽しめそうです。さすが遠山先生。
残念ながら、私には難しすぎると思います。

ビジネス英会話
まったくこれまでと同じですね。ビニェットの内容もとても興味深いです。杉田先生の取り上げるテーマはいつも大好きです。カッコいいです。
でも、今までは背伸びして聞いていましたが、(そしていつも挫折していましたが)、今年は思い切って最初から聞かないことにします。
私にはまだ早い。いつかは『ビジ英』を夢見て。。

3か月トピック英会話-栗原はるみの挑戦こころを伝える英語
テキストがゴージャスです。ちょっと厚い紙で、オールカラーっていうんでしょうか。これで同じ350円。
テキストをぱらぱら見た感じでは、栗原はるみさんとネイティブとの会話は、私のように会話慣れしていない人にとても役立ちそうです。放送が楽しみです。

新感覚☆キーワードで英会話
これもかなりおもしろそう。単語をイメージでとらえます。大西先生の講座にも通じるものがあるかな?
テキストのイラストも雰囲気がよくて、買いたい衝動をこらえました。放送は保存版体制で録りたいと思います。

テレビで留学!-コロンビア大学初級英語講座
この講座も楽しみにしていました。今年はコロンビア大学だそうです。
4月~6月は初級クラスということで、"should"や"be going to"の使い方から始まります。
毎年、だんだん見なくなってしまうので、今年はテキストを買って、真剣に見てみようかなとさんざん迷いましたが、今日のところは買わないでおきました。
でも今年は流し見でなく、しっかり見たいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

英語口 Lesson40~42

『英語口 英文法ができると英会話ができる 初級編〈1〉』

Lesson40~42

It goes really well with your suit. (あなたのスーツにとてもよく合っています):

先日も紹介した「英会話レッツスピーク/1日1フレーズ」 http://blog.mag2.com/m/log/0000154987 というメルマガの3月10日号で、"go with"は、身につけるものや食べ物などに関して「~に合う」の意味でよく使われると紹介されていました。

レッツスピークいいですねえ。勉強になります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/19

「ハートで感じる英文法 使役構文」&「英語口 Lesson37~39」

「ハートで感じる英文法」今回のテーマは「使役構文」で"make"と"have"のイメージを勉強しました。

"have"のところで、「そうかー。そうだよなー」と感じた部分がありました。

"have"は、「持っている」と訳されるので、動作を"have"の意味だと勘違いしやすい。
大西先生がペンをつかみながら、「私はペンを(この手で)持っています」という意味で"I have a pen."と言っても、それは間違いで、"I'm holding a pen."なのですね。
当たり前と言えば当たり前ですが、例えば子供に"have"の説明をしようとして、案外、前者のような例で説明してしまいそうです。

"have"には、動作、動きを表す要素は一切ない。
"have"の基本イメージは、「(~のところに)ある」。単なる位置関係を表す動詞。

ネイティブ・インタビューは、
・I'll make my driver pick you up.
・I'll have my driver pick you up.
でした。
運転手の当然の仕事ですから、"have"を使う。
"make"は、強制的で、横柄な感じだと答えていましたが、ここでお二人とも"arrogant"を使っていました。
この単語、『英語口』のLesson27に出ていました。
その時は、初めて見る単語で、「こんな単語あるんだ。ふーん。」って感じでしたが、こうやって実際に使われているのを聞くと、記憶に残りますし、『英語口』って本当に使える表現がいっぱいだなあと改めて感じました。

----------

『英語口 英文法ができると英会話ができる 初級編〈1〉』

Lesson37~39

"head"を「行く」という動詞として使っています。
さらっと言えるようになりたいです。

新しいLessonに入ったら、最初にディクテーションするようにしてみました。
間違えたものほど記憶に残りやすいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/18

英語口 Lesson35~36

『英語口 英文法ができると英会話ができる 初級編〈1〉』

Lesson35~36

・lowyer (弁護士) : この本にはlowyerがよく出てきます。attorneyとどう違うのかな?
ということで辞書(LONGMAN)を引いてみました。

lawyer : someone whose job is to advise people about laws, write formal agreements, or represent people in court

attorney : [American English] a lawyer

[WORD CHOICE] というコーナーがあって、 参考になります。

lawyer, attorney, solicitor, barrister, counsel

Lawyer is a general word for someone who has professional training in legal work or who is an expert in the law.
In American English, the word attorney is often used instead, especially in legal or official language and especially to refer to a lawyer who represents people in court.
In British English, there is a difference between a solicitor, who gives legal advice and prepares legal documents, and a barrister, who represents people in court.
In both American and British English, someone's counsel is the lawyer or group of lawyers who represent them in court.

なるほど。
ショーシャンクの空に』 でも 『キューティ・ブロンド』 でも、"attorney"が使われていましたよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/17

英語口 Lesson31~34

『英語口 英文法ができると英会話ができる 初級編〈1〉』

ブログに書くのは時々ですが、『英語口』こつこつ続いています!

Lesson31~34

・securities company (証券会社) :
・security company (警備会社) :

これはおもしろいですねえ。LONGMANを見てみると。。

security

1. protection from danger : [uncountable] things that are done to keep a person, building, or country safe from danger or crime

5. securities : [plural(複数形)] stocks or shares in a company

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/16

ブログ一周年

もう日付が変わってしまいましたが、3月15日は、このブログの一周年記念日でした。

忘れもしません。前の日(2005年3月14日)に、本屋さんでさんざん悩んでラジオ講座のテキストを買ってきたことを書きました。
http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2005/03/index.html

あれからもう一年が経ってしまったのですね。早いなあ。。

いろんな人との出会いがあり、たくさんのコメントをいただき、これまで英語学習モチベーションを維持することができました。
これもみなさんのおかげです。本当にありがとうございました。
そして、これからもよろしくお願いいたします。

今日は、絶対早く帰ってこようと思ったのですが、仕事が忙しく、この時間になってしまいました。
残念。。

NHKラジオ講座のテキストも、本屋さんに行くことができないので、まだ入手していません。
みなさんは、もう手にされましたか?

内容の方はどうですか?
とってもとっても気になります。

私は、日曜日までは買えそうもありません。
日曜日ならテレビの方のテキストも出ていますね。
今年もとことん悩んできたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/03/14

「英語口 Lesson28~30」&「 On Ait Studying '06 ◆NHKテキストのしおり◆」

『英語口 英文法ができると英会話ができる 初級編〈1〉』

Lesson28~30

"take a taxi","take the subway"など"take"を使えるようになりたいです。

そういえば、日曜日に本屋さんで『On Ait Studying '06 ◆NHKテキストのしおり◆』という小冊子をもらってきました。
新年度のNHK講座の紹介が一冊にまとめられています。英語だけでなくNHKの講座っていろいろあるんですねえ。
おもしろそうな講座がいっぱいです。

さて、英語関係ですが、「レベルアップ英文法」と「徹底トレーニング英会話」は、実際のテキストが紹介されています。
この二つは今一番気になる講座なのです。NHKさん上手ですね。

そして、「新感覚☆キーワードで英会話」のページで、ちょうど"take"をイラスト付きで紹介していました。
「take」は、"自分のところに何かを取り込む"
takeは「写真を撮る」「電車に乗る」「体温を計る」といった場面などで使いますが、これらに共通した意味は「自分のところに何かを取り込む」。
こうしたイメージで基本単語を直感的に理解していきます。
この講座も楽しみです。

いよいよ今日14日は、ラジオ講座のテキスト発売日ですね。
楽しみですね。
今日は何としても本屋さんの開いている時間に会社を出たいです。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/03/13

観てきました。「ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女」

観てきました!「ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女」

正直な感想。「すごく良かったです!」
お父さんも感動しましたよ。

まずルーシーがとにかく可愛かった。表情がとってもキュート。
タムナスさんと本当にいい雰囲気です。
エドマンドもぴったり。ピーターもかっこいいし、スーザンも素敵です。
雪の女王はきれいな人でしたねえ。
あー書ききれません。。
久しぶりに映画を観てパンフレットを買ってしまいました。

やっぱり映画はいいなあと思わせてくれました。
スケールが大きいし、すごくきれいだし、とっても迫力があるし、めちゃくちゃお金かかっているだろうなと思いました。
コンピューターグラフィックスもすごいものがありますね。アスランもビーバーさんも本物にしか見えません。いや本物なのでしょうか?どうなっているのだろう。。
また、今回は日本語吹き替え版でしたが、英語版でも観てみたいです。DVD出たら買いたいです。

出かける前に一応と思ってインターネットでチケットを買っていきましたが、大正解でした。
映画館についたら、すごい列。
私たちが自動発券機でチケットを交換しているうちに、「この回は売り切れました。」のアナウンスが。。
こちらは席もすごくいい席でラッキーでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「英語口 初級編 Lesson24~27」&「英語口 中級編」

『英語口 英文法ができると英会話ができる 初級編〈1〉』

Lesson24~27

またまたtackyが出ました!

tacky [LONGMANより]
1. if something is tacky, it looks cheap or badly made, and shows poor taste
: tacky ornaments
2. [especially American English] showing that you do not have good judgment about what is socially acceptable
: It's kind of tacky to give her a present that someone else gave you.
3. slightly sticky
: The paint's still slightly tacky.

テキストではあくまで一例文として「派手な」という訳が載っていますが、「派手」にもいろいろありますから、日本語で単純に考え過ぎないように注意したいと思います。

----------

『英語口』の中級編が発売になりました。

基本的な構成は初級編と同じなのですが、ひとつ違うのは、各Lessonの一番最初の例文が「ここだけ暗記」と書かれて囲まれています。
改訂版の『必ずものになる 話すための英文法』でも、全部暗記しようとしないで、とりあえず一番最初の例文だけ覚えなさい。と書かれていましたね。
アスキーが研究社を意識してこのようにしたのでしょうか(笑)?

英語口 英文法ができると英会話ができる 中級編1

英語口 英文法ができると英会話ができる 中級編2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/11

英会話レッツスピーク/1日1フレーズ

4月から岩村圭南先生の新講座『徹底トレーニング英会話』を聞こうかなと思っているので、『英会話レッツスピーク/1日1フレーズ』というメルマガを申し込んでみました。

3月8日のメルマガでは、"in less than"「~もしないうちに」が取り上げられていました。

"less than"は基準点を含まない言い方なので、「~以下」ではなく「~未満」となるのだそうです。
そして、アルクのホームページの日向清人先生の『ビジネス英語通になるための25話』が紹介されていました。
発行人のショコラさんも書かれていましたが、最高に面白いです。

アルクのURLなど詳しくはバックナンバーをご覧ください。
http://www.mag2.com/m/0000154987.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/08

ウエスト・サイド物語

さっきブログを書いた後、『えいご漬け』と『もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング』をやって、
その後、12時過ぎからちょっとだけと思って続きを見始めたら、グイグイ引きこまれて、結局最後まで見てしまいました。これはいい映画だった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/07

ウエスト・サイド・ストーリー

日曜日に図書館へ行ったら『ウエスト・サイド・ストーリー』のDVDがあったので借りてきました。
1日30分くらいずつかけて帰宅後少しずつ見ています。
今日は「アメリカ」「トゥナイト」のシーン。これはいいです。
'60年代の映画は私も生まれる前の映画なのですが、中学生の頃、NHKのFM放送で映画音楽特集をエアチェックしてよく聞いていたのを思い出しました。

うちの近くのTSUTAYAは水曜日が3本550円の日なので、よく借りるのですが、最近は仕事から帰るのが遅く、土曜日も仕事という感じなので、3本借りても1本やっと見て、2本は見ることができずにそのまま返す。というのが続いていました。なので、図書館で無料で2週間借りられるのはラッキーです。
図書館ってどういう基準でDVDやビデオを置いてあるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/06

英語口 Lesson23

『英語口 英文法ができると英会話ができる 初級編〈1〉』

Lesson23

今日は、時計が進んでいる・遅れているという表現を覚えました。
Longman Dictionary of Contemporary English から引用いたします。

fast [adj] :
3. [clock] [not before noun] a clock that is fast shows a later time than the real time
・That can't be the time - my watch must be fast.

five minutes/an hour etc fast
・I always keep my watch 15 minutes fast.

slow [adj] :
6. [clock] [not before noun] if a clock or watch is slow, it is showing a time earlier than the correct time [≠ fast]

ten minutes/five minutes etc slow
・The clock is about five minutes slow.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/05

英語口 Lesson22

『英語口 英文法ができると英会話ができる 初級編〈1〉』

Lesson22

今日は、肉が固い・柔らかいの表現を覚えました。

Longman[LDOCE] に分かりやすくまとめてありました。引用します。

WORD FOCUS: hard
・hard and not bending: solid, firm, stiff, rigid
・meat that is too hard: tough
・skin that is old and hard: leathery, calloused
・hard and easily broken: brittle

WORD FOCUS: soft
・soft and pleasant to touch: velvety, fluffy, silky
・soft and easily crushed: squashy, squishy
・soft and wet: mushy, squelchy BrE informal
・soft and good to eat: tender

tough
10. [food] difficult to cut or eat [≠ tender] :
The meat was tough and hard to chew.
the tough outer leaves of the cabbage.

tender
1. [food] tender food is easy to cut and eat, especially because it has been well cooked [≠ tough] :
Continue cooking until the meat is tender.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/04

「トークマスター2」+「英語耳」

「英語リスニング強化パック」として、
「トークマスター2」に「英語耳」をバンドルした英語学習コラボレーションバージョンが発売されるそうです。
http://suntac.jp/voicelab/talkmaster2_se/tm2_se.php

私も持っている 『TalkMasterⅡ-S』 の内蔵メモリに、「英語耳」の付属CDの音声が最初から入っています。

「語学学習は、ネイティブの発音を聴いて、それをまねて自分で発音することでうまくなっていきます。更に自分の発音を録音してネイティブと聴き比べることで、苦手な発音が解るのでどんどん上達していきます。」
と書いてありますが、トークマスター2のレッスンモード機能は本当によく出来ていて、思った以上に使えると思います。
http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2006/01/post_9755.html

29600円ということは、TalkMasterⅡ-S(27800円)と英語耳(1890円)を別々に買うよりも90円お得です(笑)。
あと、CDからMP3形式のファイル変換の手間もいりませんね。

私は下記のページを参考にフリーソフトのCDexを使ってMP3に変換しています。一度やり方を覚えてしまえばとっても簡単です。
http://www1.plala.or.jp/tsoma/mp3.html

----------
今日は昼休みにこのニュースを見つけたので、エントリーを書いておいて家に帰ってからブログにアップしようと思っていたら、『伸ばしたい!英語力―あきらめない限り必ず伸びるの本多さんが発行されているメルマガ、『NHKラジオ「ビジネス英会話」を骨までしゃぶるメルマガが届いて、さっそく報告されていました。もービックリです。ほとんど同じですけどそのままブログに載せます。。
----------

サン電子のホームページへのリンク
サン電子のホームページへ

オンライン書店 boople.com(ブープル) のトークマスターⅡのページへのリンク
オンライン書店 boople.com(ブープル)へ

三省堂書店 楽天市場店 のトークマスターⅡのページへのリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/02

英語口 Lesson19~21

『英語口 英文法ができると英会話ができる 初級編〈1〉』

Lesson19~21

"a"と"the"をよく考えて。

・look good with 物 (~に合う) :
・look good on 人 (~に合う) :
・good buy (お買い得) :

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/01

All About 『英語の学び方・活かし方』

川本佐奈恵さんの All About 『英語の学び方・活かし方』 で、4月からのNHK英語講座テレビ編が紹介されています。
http://allabout.co.jp/study/english/closeup/CU20060224A/?NLV=NL000288-110

Sanaeさんがひそかに楽しみにしているという『3か月トピック英会話 ~栗原はるみの優しい英語~』
実は私も楽しみにしている番組の一つです。
栗原さんは英語ペラペラという人ではないと思います。
そんな栗原さんがどんな風に英語に挑戦していくのでしょうか。
毎回紹介されるというお料理も楽しみです。

もう一つの記事は、『春からの英語学習 長く続けるコツ』というタイトルです。
http://allabout.co.jp/study/english/closeup/CU20060226A/?NLV=NL000288-110

毎年毎年挫折を繰り返していますが、Sanaeさんのアドバイスをよく読んで、今年こそは長く続けられるよう、がんばりたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »