« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/28

英語口 Lesson16~18

『英語口 英文法ができると英会話ができる 初級編〈1〉』

Lesson16~18

今日も使える表現がいっぱいです。LDOCEを引いてみました。

・click (気が合う) : if two people click, they like, understand, and agree with each other : They clicked straight away. [LDOCE]

・hang out with ~ (~と付き合う) : to spend a lot of time in a particular place or with particular people : I don't really know who she hangs out with. [LDOCE]

・believe in ~ (~の人柄を信じる) : inを取ると、~が言ったことを信じるの意味になる。これもLDOCEに『 WORD CHOICE 』として書いてありました。

believe, believe in

If you believe something, you think it is true. If you believe someone, you think they are telling the truth
・Nobody believed what I said.
・I didn't do it - you've got to believe me!

Use believe in to mean
that you think something exists
・Do you believe in God?
that you think that something is good
・He doesn't believe in private education.
that you think someone is good and will achieve good things
・My mother always believed in me.

他にも、こんな表現を覚えました。

・say good things about ~ (~をほめる) : 覚えておきたい表現です。
・think fast (頭の回転が速い) : パッと使えますでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/27

『英会話1000本ノック』 スティーブ・ソレイシィ


スティーブ・ソレイシィがまたまた気になる本を出しました。
その名も 『英会話1000本ノック』

おーっ。元野球少年の、いや日本人の心をくすぐるタイトルではないですか(笑)。

CDにはスティーブ・ソレイシィコーチの質問だけが収録されていて、1000本ノックのごとく、次々と質問のノックを浴びせられます。
そして、選手はポーズの間に自分の言葉でノック(質問)に答えていきます。
これがなんと1000本続きます。根性いりそうですねえ。
途中でぶっ倒れたら、バケツで水をぶっかけられます。というのはウソです。

ただノックも漠然と1000本ではなくて、3本セットで打たれます。
最初はとにかく"Hitokoto"(ひとこと)をすぐに返す。
次は最初のひとことに"Hosoku"(補足)する。
そして最後は会話の"Hazumi"(はずみ)になることばを付け足すか、または相手に投げ返して会話をつなぐ。

この徹底して話す練習を繰り返すということは、すごく大事なことなのだと思います。
話せるようになるには、とにかく「話す練習」を。

「ムダ玉無し。厳選されたノックばかり」というコピーもいいですね。

また、章の途中のコラムにも書いてありましたが、話すネタを持つことも大事なことだと思います。

『英会話1000本ノック』 スティーブ・ソレイシィ(著)

私は『英会話8秒エクササイズ』を持っているのですが、もう一歩進んだトレーニングの本だと感じました。
http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2005/05/8_48e0.html
http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2005/04/8.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/26

英語口 Lesson13~15

『英語口 英文法ができると英会話ができる 初級編〈1〉』

Lesson13~15

"a"をかなり意識して使うようになってきました。
と思ったのに、複数形で"~s"を忘れてしまうことが多かったりする。
またまた「イケメン」登場。。
「あまり~でない」と言うときに、"not very ~"のように"very"を違和感なく使えるようになりたい。

・nice guy (心の温かい男性) :
・good teacher (教え方が上手な先生) : niceは「人柄」。goodは「能力」に言及している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/25

荒川静香・金メダル

荒川静香 Moment ~Beautiful skating~

今朝は5時起きでトリノオリンピック・フィギュアスケートを観戦。
トゥーランドット、イナ・バウアー、そしてスタンディング・オベーション。
荒川静香選手、見事金メダル!!! 感動を胸に出社。
今日は早く帰ってきたかったのですが、そうも行かず帰ってきたのは12時過ぎ。
今日のテレビはこの話題で持ちきりだったのかな?

トリノオリンピック公式ホームページで英語のお勉強。
結構分かりやすいです。

http://www.torino2006.org/ENG/OlympicGames/news/news_eng161949.html

Figure Skating: Shizuka Arakawa Queen of the Ice

The ladies' free skating programme ended the figure skating event on Thursday evening.
The Olympic gold went to Japanese Shizuka Arakawa, who completed a clean, elegant and expressive programme to the notes of Turandot; technically it could be pointed out that she had reduced her triple-triple jumps to doubles, but she carried out her programme cleanly, with some good spins, beautiful step sequence and a refined(上品な、洗練された) interpretation(演出) brought her total to 191.34 points.

American Sasha Cohen came second place who, despite her programme being spoilt(spoil=台無しにする) by a good two falls in what should have been triple triple Lutzes, she got 183.36 points, enough to guarantee her performance to the notes of Romeo and Juliet second place on the podium(表彰台).

Third was sorrowful Russian Irina Slutskaya, who finished with 181.44 points - too little to give her that sought for Olympic gold. Skating to Rumba and Flamenco rhythms, Irina had a fall, missed two combinations, her triples became doubles and made some not very convincing spins; unfortunately this was not her evening and it won her only third place.

「トリノのオリンピックの女神は荒川静香にキスをしました!日本の荒川静香、金メダル!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/23

英語口 Lesson10~12

『英語口 英文法ができると英会話ができる 初級編〈1〉』

Lesson10~12

やっぱり通勤の車の中が私にとって大事な勉強時間だなあと思う今日この頃。
何の気兼ねもなしに口に出せるのは車の中が一番です。

・Do you ever ~? (あなたはときどき~をするのですか) : 疑問文のときは"sometimes"でなく"ever"を使う。知りませんでした。
・carpool (車を相乗りしていく) : 動詞としても使うのですね。"carpool"を最初に知ったのも「ビジ英・大滝怜治編」でした。
・Do Nancy and Jim ~? : 3人称複数なので、"Do ~?"を使う。間違えやすいですね。
・work directly under ~ (~の直属の部下である) : 副詞が入ると難しいです。この位置にパッと入れることができません。
・head (~の長である。~を率いている) : この動詞の"head"がよく出てきます。なかなか覚えられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/22

『えいご漬け』と『もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング』を買いました!


英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け

東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授監修 もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング

『えいご漬け』 ついに買っちゃいました!!

おもしろそうだけど、やる時間がないから買わない。と決めていたのですが、どうも家内の様子がおかしい。。
『えいご漬け』買ってあげようかー。みたいな雰囲気なのです。
英語本など買ってばかりでいつもは怒るくせに。。
何か変だなあ。。と話をしてみると、どうも、松嶋奈々子の宣伝しているゲームを買いたい様子。
子供たちの手前、進んで買うと言えなかったみたいです(笑)。

そこで子供たちも入れて家族会議。
急遽、『えいご漬け』と『もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング』を買うことに決定いたしました。
子供たちも大喜びです。
お店で買うよりもAmazonで買った方が安いからとインターネットで注文。
そして、今日、私がまだ会社で仕事をしている最中に届いたらしく、さっそくみんなで遊んだようです。
『もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング』は小学生でも楽しめますね。

私も先ほど帰宅してすぐにやってみました。
まずは『えいご漬け』、「お試し英語力判定」から。
なんだなんだ簡単じゃん。なんて思っていたら「中級」。。ゆっくりやり過ぎたか。。
さっそく名前を登録して、少しトレーニングした後「英語力判定」を実施。
Bランクでした。。あいさつ程度なら英語で交わせるレベルとのこと。
くやしいー。むきになってトレーニングを繰り返してしまいました。
「英語力判定」は1日1回しかできないので、24時をまわった所で再挑戦。
今度はAランク。やっほー。これで今日は気分よく寝られます。
ちなみに、S・AAA・AA・A・B・C・D・E・F・ドクロマークのランクがあります。

『もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング』では脳年齢38歳でした。喜んでいいのでしょうか(笑)??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/21

英語口 中級編 (1)(2) 発売決定

英語口 英文法ができると英会話ができる 中級編1

英語口 英文法ができると英会話ができる 中級編2

なんと!!『 英語口 中級編 (1) (2) 』 が 3/10発売開始です。
現在予約受付中だそうです。

以下のPDFファイルで目次を見ることができます。

http://www.ascii.co.jp/eigokuchi/pdf/mokuji1.pdf
http://www.ascii.co.jp/eigokuchi/pdf/mokuji2.pdf

『英語口』は2冊だから、頑張ればできるかも!と思って始めたのに、4冊になってしまいました。。
わっはっは。。。

目次を見ると、なるほどなるほど、進んだ内容になっています。
私はまだ初級編の1冊目を始めたばかり。
先のことはあまり考えず、一歩一歩進んでいこうと思います。

これで、『必ずものになる 話すための英文法』と同じ4冊になりましたが、私、個人的には、『英語口』の日本語 → 英語のCDは、車通勤において「瞬間英作文」的に利用する際、とても重宝しています。


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/02/20

英語口 Lesson7~9

『英語口 英文法ができると英会話ができる 初級編〈1〉』

Lesson7~9

セレブ、マザコン、ファザコンと続くLesson7。
本を買う前に書店で立ち読みしていて、こんなもの覚えるより他にもっと覚えることがあるのでは。。と購入をずいぶんと迷わせたページでもあります(笑)。
Lesson8では、「彼女のご主人」と「彼の奥さん」が入れ替わり出てきます。
"her husband"と"his wife"が混乱して、あべこべに間違ってばかり。。
"Is his wife..?"も口が回りません。舌をかみそうになります(笑)。。
また、後ろに名詞が続く時と形容詞が続く時も混乱します。
形容詞なのに"a"をつけてしまったり。。
"the"と"a"の使い分けにも注意。

・good deal (安い) : これがなかなか口に出てこない。
・be good for ~ (~に都合がいい) : "be convenient"とか考えてしまいそうだが、このような表現をさらっと使いたい。
・headhoncho (責任者) : 日本語の班長から。これは昨年末の「ビジ英」に出てきましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/19

英語口 Lesson4~6

英語上達完全マップで言うところの「短文暗唱=瞬間英作文トレーニング」をしています。
http://homepage3.nifty.com/mutuno/

実は、この本を買うときに市橋敬三先生のどの本を買おうかと随分迷いました。
一番最近出たのは研究社の『必ずものになる 話すための英文法』 なのですが、4冊あるのでちょっとやりきれないだろうなと思いました。
そして、アスキーの『英語口』と南雲堂の『中学英語で言いたいことが24時間話せる』のどちらかにしようと決めたのですが、『英語口』は近くの本屋にも平積みされているのですが、『中学英語で言いたいことが24時間話せる』は何軒まわってもどうしても実物を見つけることができませんでした。

『英語口 英文法ができると英会話ができる 初級編〈1〉』

Lesson4~6

・big shots (大物) : なかなか覚えられなかった。
・tacky (派手な) : タッキーなんていう英単語があるなんて知りませんでした。おもしろいですねー。これは覚えましたよ。熱くビーナス♪ 燃えてビーナス♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/02/18

NHK英語講座公式ガイド2006~あなたの英語力を測る!

今日は昼休みに外へ出たついでに本屋へ寄ったのですが、『NHK英語講座公式ガイド2006~あなたの英語力を測る!』という本が発売されていました。

4月から始まる英語講座の先生方が、それぞれの番組を紹介しています。
また、英語力測定テストがついていて、その結果を元に「おすすめ講座」を教えてくれるそうです。しかし、広告ページもたくさんあるのに、これで500円はちょっと高いです。。

NHK出版に特集ページが用意されています。
http://www.nhk-book.co.jp/gogaku/2006/

何とここでは、注目の講座と題して、3か月トピック英会話の『栗原はるみの挑戦こころを伝える英語』の西蔭浩子先生、栗原はるみさん。『新感覚☆キーワードで英会話』の田中茂範先生。『レベルアップ英文法』の太田洋先生。の生の声を聞くことができます。

栗原はるみさんは本の巻頭特集ページでインタビューが載っていましたが、この機会を楽しもうという姿勢でとてもポジティブな方だと思いました。
以前、『英語でしゃべらナイト』に出た時も素敵な人だなあという印象でした。
料理を通じてネイティブと英語で交流するということですが、どんな構成になるのかな?面白そうですね。

『新感覚☆キーワードで英会話』は、重要単語の使い方をイメージでつかむということですが、大西先生の『ハートで感じる英文法』『ネイティブスピーカー・シリーズ』に感覚的に似たものになるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/17

4月からのNHKラジオ英語講座

3月号のテキストも発売され、4月からのNHK英語講座の内容が明らかになりましたね。

All Aboutの川本 佐奈恵さんのページに、すごーく詳しい内容が紹介されています。
http://allabout.co.jp/study/english/closeup/CU20060210A/index.htm

『基礎英語1』 6:00 / 18:20 / 21:00(月水金)
『基礎英語2』 6:15 / 18:35 / 21:15(月水金)
『レベルアップ英文法』 6:30 / 14:15 / 18:50
『ものしり英語塾』 7:45 / 12:10 / 23:45
『英会話入門』 11:30 / 19:05 / 21:00(火木土)
『英会話上級』 11:45 / 19:20 / 21:15(火木土)
『徹底トレーニング英会話』 12:25 / 15:10 / 23:30 / 11:45(日)
『ビジネス英会話』 23:15 / 11:00(日)

『基礎英語1』は、木村松雄先生、ジャニカ・サウスウィックさん、リチャード・アレンさん。
子供が4月から始めたいと言っていますので、私もいっしょに聞くつもりです。
何十年かぶりの基礎英語。楽しみです。

『基礎英語2』は、今年に引き続いて長田哲男先生です。
夜の再放送のしかたがおもしろいですね。月水金と火木土に分けて効率的ですね。

『レベルアップ英文法』は、太田洋先生、ルース・アン・森住さん、ピーター・ヴァン・ガムさん。
この春もっとも気になる講座です。どんな内容なのかなぁ。基本からきっちり学べそうな予感。とりあえず4月号は買いですな。

『英会話入門』は、高本裕迅先生、アニータ・スグナンさん、ゲーリー・スコット・ファインさん。
目的別のキー表現を、毎回のレッスンで1つずつ学んでいくということで、高本先生が「英会話中級」でやっていた感じで進めるのかな?

『英会話上級』は、遠山顕先生、キャロリン・ミラーさん、クリス・ウェルズさん。
遠山先生は今度は上級ですか。NHK国際英語ニュースの原稿を使うなど、上級者の方の期待にバッチリ応えた放送になりそうですね。たぶん私には難しそうです。。でも楽しそうだなあ。早く楽しめるようになりたいなあ。

『徹底トレーニング英会話』は、岩村圭南先生、ジュリア・ヤマコフさん、グレッグ・デールさん。
「英会話レッツスピーク」がさらにパワーアップするそうです(笑)。名前もなんだか「体育会系」になって、徹底して英語の筋肉を鍛えてくれそうです。元体育会系のおじさんとしては血が騒ぎます。最近、『英語口』でとにかく口を使うことに努めていますが、やっていて結構楽しいです。そこで、4月からはこの講座に挑戦しようと思っています。スキットがおもしろいことを祈ります。

『ビジネス英会話』は、杉田敏先生、クリス松下さん。
大御所杉田先生の「ビジ英」は健在です。ここ何年か毎年チャレンジしていますが、やはり私にはまだレベルが高すぎて続けていくことができませんでした。「いつかはクラウン」ではないですが、「いつかはビジ英」が私の夢です。今年は無理をするのはやめて、自分にあった講座にチャレンジしようと思っています。

『ものしり英語塾』は、大杉正明先生、馬越恵美子先生、ジェームズ天願先生、松本茂先生。
私はこの講座が大好きです。勉強・勉強ではなく、通勤の車の中で楽しく聞いています。水曜日は、馬越恵美子先生が各界で活躍している有名人に英語の学び方などをインタビューするそうです。これまた楽しみです。ものしり英語塾を深夜に放送するというのはなかなかいいですねー。たくさんの大人の人たちに聞いてほしいです。でも我が家は夜になるとノイズがひどくて聞けないので、トークマスターで昼間の放送を録音して聞きます。

あー。4月が楽しみだなあ。。
この時期が一番ワクワクするんだよなぁ(笑)。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サン電子 防水MP3プレーヤー AQA026

サン電子 防水MP3プレーヤー AQA026

おもしろい製品を見つけました。
お風呂で英語の勉強をしたいという方は多いと思いますが、この防水MP3プレイヤーは本体がUSBホストになっていて、USBメモリを接続することでMP3プレーヤーとして使用できるというものです。
今やUSBメモリは、仕事をする上でも、私用でも、その手軽さからPC周辺の必須のツールとなっています。
逆にその手軽さゆえに最近はセキュリティが問題になっていますね。
会社では暗号化機能付きのものしか使用していません。
しかし普通のタイプのものであれば、値段もかなり安くありますし、このUSBメモリがそのまま使えるというのはナイス・アイディアです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/15

英語口を始めました。(Lesson1~3)

『英語口 英文法ができると英会話ができる 初級編〈1〉』を始めました。

「各英文を最低80回は音読すること。」と書いてありますが、実はちゃんと数を数えていません。
というか、途中で回数が分からなくなってしまいます。
日本野鳥の会の人が使っているようなカウンターがあった方がいいのかなあ?

家では「音読」、車の中では「瞬間英作文」といった感じで進めています。
CDには日本語と英語が順番に入っているので、日本語が読まれたら、すぐに英語で答えることを繰り返しています。

全部言えるようになってから次のLessonへ移ります。

買う前は、こんなにシンプルな例文ばかりで。。と思ったりもしましたが、そんな簡単なものではありません。
なかなかパッと言えない例文ばかりです。
これをLesson63まで暗記するのは、かなりの量であることに気が付きました。
しかも初級編はもう一冊ありますし。。

日本語ナレーターの矢嶋美保さんがまじめな声で、「彼らの息子さんはイケメンよ。」なんて言ってたりして、結構笑えます。
この方、『英会話・ぜったい・音読』でもナレーターをされていた方ですよね?
http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2005/05/cd__feb7.html

--------------------

なかなか覚えられなかったもの (Lesson1~3)

・master chef (料理長) : "chef"と"cook"と"master chef"。辞典で~と出ているが誤り。というのがこれからもたくさんありそうですね(笑)。
・ass-kisser (ごますり) : 下品な言葉だがアメリカ人は女性でも使うとのこと。先生がそう言うなら素直に覚えることにした。
・stunner (美人) : このスタナーはどうしても覚えられない。美人とスタナーが音的に関連付けられない。
・just a talker (口先だけ) : "Our boss's"の後に"a"を言ってしまう。。それでは"a"が2回になってしまう。
・hunk : イケメン : イケメンなんて日本語で口にしたことがありませんが、"hunk"ってイケメンで合っているのかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/14

http://www.torino2006.org

Googleのロゴが新しくなっていました。
トリノオリンピックの英語版公式ホームページで英語を勉強してみよう。

XX Olympic Winter Games 10-26 February 2006
http://www.torino2006.org/ENG/OlympicGames/home/index.html

2006 Winter Games Doodle
http://www.google.co.jp/doodle11.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キューティ・ブロンド

日曜日に『キューティ・ブロンド』を見ました。
これぞ痛快コメディ。でも最後にじーんときちゃったりして、最高に楽しめました。
あっという間の90分でした。
リーズ・ウィザースプーンはまさにチャーミングという言葉がピッタリ。
続編があるようなのでまた借りてこよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/12

上村愛子

トリノオリンピックのフリースタイルスキー・女子モーグルの決勝が終わりました。
上村愛子選手は、メダルにわずか及ばず5位でした。
第2エアで3Dエアの大技「コークスクリュー720」を見事に決め、やったーと思ったのですが、意外に点数が伸びませんでした。
予選の時から解説者が「今日はタイムだ」と言っていたのが気になっていましたが、あの技を決めるためにはスピードが少し落ちるのはしょうがないのではという気もします。。
残念ながらメダルは獲れませんでしたが、3大会連続入賞は、素晴らしいことだと思います。
ソルトレークシティーでの悔しさからの4年間、本当によく頑張ったと思います。
感動をありがとう。胸を張って帰ってきてほしいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/11

マイ・ファニー・バレンタイン

今日の「シニアのためのものしり英語塾」は、チェット・ベイカーが歌う「マイ・ファニー・バレンタイン」でした。
最初に聴いた時は、女性が歌っているのだと思ってしまいました。
何度も聴いていると引き込まれていきます。不思議な魅力です。

この曲はいろいろな人がカバーしていますが、みなさんは誰の「マイ・ファニー・バレンタイン」がお好きですか?

私は、リッキー・リー・ジョーンズの「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」が好きでした。
学生時代に買ったこのレコードは、ちょっと変わっていて10インチサイズの、雰囲気のあるライブアルバムでした。
しっとりと聴かせてくれます。 懐かしいなあ。。

でもあのレコードはどこに行ってしまったのだろう。。
久しぶりに聴きたくなりました。

My Funny Valentine : Chet Baker / Rickie Lee Jones

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トリノ・オリンピック開幕

olympics06_openingいよいよトリノ・オリンピックが開幕。
Googleのロゴもオリンピックバージョンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/10

『 英語口 』 を買いました

何度も何度も本屋さんで迷っていましたが、
ついに 『 英語口 』 市橋 敬三(著) を買いました。

『英語口 英文法ができると英会話ができる 初級編〈1〉』

こつこつこつこつ頑張るぞー!!

これまでに書いた関連記事です。
こう考えると、1年間気になっていて、やっと買ったことになります。
買って満足じゃなく、しっかりやりたいと思います。

1月28日 市橋本 : 市橋メソッド
http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2006/01/___65fd.html
11月1日 英語口
http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2005/11/post_4543.html
10月29日 英語上達完全マップ―初級からTOEIC 900点レベルまでの効果的勉強法
http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2005/03/post_4.html
3月20日 必ずものになる話すための英文法
http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2005/03/post_5.html
3月20日 やっぱり英語をしゃべりたい!―英語負け組からの華麗なる脱出法
http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2005/03/post_4.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/09

4月からのNHK英語講座の詳細が発表されました

NHKのホームページを見ていたら、平成18年度の番組編成表が発表されていました。

http://www3.nhk.or.jp/pr/keiei/hensei/

以下、引用いたします。

----------

ラジオの英語講座は以下のようになっています。

「レベルアップ英文法」(月・水・金 午前6時台)
「ものしり英語塾」(月・水・金 午前7時台)
「徹底トレーニング英会話」(月~土 午後0時台)
「英会話入門」(月・水・金 午前11時台)
「英会話上級」(月・水・金 午前11時台)
「ビジネス英会話」(月・水・金 午後11時台)
「基礎英語1」(月・水・金 午後9時台)
「基礎英語2」(月・水・金 午後9時台)

「英会話中級」がなくなっています。
「基礎英語1、2」は再放送としか書いてありません。今年度の再放送という意味なのでしょうか?しかも夜の放送のみなのでしょうか?

----------

新番組の説明は以下の通りです。

「レベルアップ英文法」(月・水・金 午前6:30~6:45)
中学3年生から高校1年生レベルの講座番組。基礎的な文法理解の総仕上げをめざす。「基礎英語2」を終えた聴取者が、次に進むときに選ぶことを前提とし、着実に英語の文法を習得できるよう、緻密なプログラムで構成する。

「英会話入門」は残して、「基礎英語2」に続くレベルが作られるのですね。「基礎英語3」といった感じでしょうか?

「ものしり英語塾」(月・水・金 午前7:45~8:00)
ファッションや音楽など身近な題材を通して、時間的に余裕のある世代に、多彩な演出でじっくりと楽しく英語を学んでもらう番組。

タイトルから「シニアのための・・」が抜けました。名前で損しているという声もありましたからね。講師陣はどうなるのかなあ?

「徹底トレーニング英会話」(月~土 午後0:25~0:45)
「英語の筋肉を鍛えよう」をキャッチフレーズに、スピーキングが中心のカリキュラムにリスニングの要素も加え、人気講師の厳しい指導の下、英語能力を大きく高めることをめざす。

人気講師の厳しい指導の下!(笑)
これはまさに岩村圭南先生の「レッツスピーク」でしょう。

いずれにしましても、講師名は書いてありませんでしたから、これは14日のテキスト発売までのお楽しみですね。

----------

また、テレビの英語講座は以下の情報しかありませんでした。

「英語でしゃべらナイト」(金 総合 午後11時台)

曜日は変わりますが継続するようです。

「新感覚★キーワードで英会話」(火~金 午後11:00~11:10)
中学校レベルの基本的な単語からいくつかのキーワードを選び、単語の持つイメージを独特な方法で把握して、語い、用法、例文をどんどん増やしていく、これまでの暗記重視の学習法とは異なる英会話番組。

コーパス君に代わって新しい10分番組が始まるようです。ジョージや投野先生は?

「テレビで留学!~コロンビア大学 初級英語講座~」(火 午後11:10~11:30)
日本に居ながら、アメリカの大学で行われている留学生向けの英語の授業を体験できる番組。視聴者の要望にこたえて、初級者、中級者向けの英語講座を番組化する。ぜんはん3か月は初級向け、後半3か月は中級向けを放送。

これまでのニューヨーク大学からコロンビア大学に変わります。いつも途中で見なくなってしまうので、今回は欠かさず見たいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/08

ノッティングヒルの恋人

ビデオ屋さんに行くたびに、いつか見よういつか見ようと思っていたんですが、やっと見ました。
見終わった後の心地よい気持ち。素敵なラブストーリーです。
私はヒュー・グラントが結構好きなんですが、やっぱりいいですね。カッコいいのに嫌みがない。
ジュリア・ロバーツも素敵です。これまでそれほど好きという気持ちはなかったのですが、大好きになりました。
ハリウッドの大女優とノッティングヒルの売れない本屋がひょんなことから出会い、次第に恋に落ちていく。
すれ違いの展開にやきもきさせますが、ハッピーエンドで終わってよかった。
最後の記者会見は『ローマの休日』をフッと思わせました。
DVDの特典でMUSICというのがあって、サントラが使われているシーンだけが集められているのですが、これも最高です。
ますますジュリア・ロバーツが好きになってしまいました。
「She」といっしょに何度も何度も頭の中によみがえってきます。

DVD買いたくなってしまいます。ただ、英語字幕もついていたら良かったんだけどなあ。。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/07

毎日簡単 英文ビジネスe-mail

以前にも書きましたが、『 毎日簡単 英文ビジネスe-mail 』というメールマガジンを読んでいます。
http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2005/09/post_f26a.html
http://www.mag2.com/m/0000166465.html

2006-02-06号は、

"Please respond at your earliest possible convenience."
(都合がいい時に、出来るだけ早く返答ください。)
御客様から営業部への問合せに関するメールです(催促)。

そう言えば、『ビジネス英会話』大滝怜治編のLesson1で、ヘッドハンターが大滝怜治に電話をかけてきた際、こんなセリフがありました。

"Is it a good time to talk or shall I call you later at your convenience ?"

Lesson1(だけ!)はかなり聞き込んでいるので、バッチリ頭に残っています。
しかもこれは一番最初のセリフなものですから(笑)。。

今日のメルマガでは、"earliest possible" を"at your convenience"に、入れる表現を覚えました。
うーん。勉強になります。

このメルマガは、実際にアメリカでビジネスをしている方が、実際にアメリカ人が発信したe-mailの一節を解説してくださっています。
メール社会で仕事をする上ですごく役に立ちます。すぐに使える表現ばかりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/06

1日1分レッスン!TOEIC Test パワーアップ編

丸善や紀伊國屋などの大手書店の文庫部門で売上げ1位を記録した、
あの『1日1分レッスン!TOEIC Test』の中村澄子さんが新刊を出されます。
2/10発売です。既にアマゾンでは予約も出来るようです。

その名も、 1日1分レッスン!TOEIC Test パワーアップ編 です。

「Power Up」です。

5月からの新TOEICテストに対応した内容で、パート6も新TOEICにあわせて作成されたそうです。
また、パート5の問題数も多いので現行のTOEICテストにも使えるとのこと。

メールマガジン『時間のないあなたに!即効TOEIC250点UP』も絶対におすすめです。
http://www.mag2.com/m/0000112188.html


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/02/05

卒業

今日は、卒業です。これも何十年かぶりです。
いやひょっとしたら、見た気になっていて、実際は通して見たことがなかったのかもしれません。
若さというかあのくらいの年齢の時に誰もが感じるであろう何かをうまく表現しています。
全編に流れるサイモンとガーファンクルの音楽が心に響きます。

昨年6月にミセス・ロビンソン役のアン・バンクロフトが亡くなった時に記事を書きましたが、今回映画を見て、彼女の演技は本当に素晴らしいです。
http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2005/06/post_be77.html


| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さな恋のメロディ

久しぶりにレンタルショップに行きました。
今夜は 小さな恋のメロディ を見ました。
中学生くらいの時にテレビの「ゴールデン洋画劇場」か何かで見て以来でしょうか。
そう考えると○○年ぶりに見たことになります。ひゃー。
なんていうか、いいですねえ。ピュアな気持ちになれる。
あとやっぱりビージーズの音楽がいいです。
ほんと癒されます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/04

ハートで感じる英文法 「否定」

2/2の昨日のハートで感じる英文法は「否定」でした。
先週の「倒置」は正直言ってちょっと??でしたが、
今回はすごく分かりやすかったです。

"not"は「後ろを打ち消す」。あの「否定のカーテン」がよかったです(笑)。

I didn't / touch it deliberately. : 「意図的には触らなかった」 ← 触った
I deliberately didn't / touch it. : 「良く考えて(意図的に)触らなかった」

「部分否定」も、捉えやすかった。

相手を思いやるマイルドな「大人の英語」って言うんでしょうか。

I really don't / like your new girlfriend. : 「本当に、好きではない(嫌い)」
I don't / really like your new girlfriend. : 「本当に(すごく)好き、というわけではない」

reallyなど強い表現をnotで打ち消すことで、マイルドな否定表現ができる。
「~というわけではない」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/03

トークマスター2に1GBモデルが登場!

サン電子のホームページへリンクしています。
サン電子のホームページへ

ラジオ講座も音楽番組も、これ1台でパーフェクト!
1GBホワイトバージョンの登場です。
最大64時間の録音が可能だというのですから、びっくりです。
私のトークマスター2は128MBですから、8倍も違うんですね。
メモリというのは、時とともに、安価で、大容量になっていきますから、こればっかりはしょうがないですね。
買いたい時が買い時だということでしょうか。


ラジオICレコーダー TALK MASTER II-GW

オンライン書店 boople.com(ブープル) のトークマスターⅡのページです。(送料無料)

TALKMASTERバナー中

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006/02/01

英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け 任天堂

英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け

これはおもしろそうです。私も「欲しい」って思ってしまいました。
私はゲームはまったくやらない人で(できないといった方が正解)、子供たちにもどちらかと言えばゲームばかりやってちゃダメだとうるさい方です。
なのでうちの子供たちは必ずエレクトーンの練習をしないとゲームをやらないようになっています。
もしも私が買って夢中になっていたら、ちょっとまずいかな~(笑)。。

1月26日発売なのにAmazonのカスタマーレビューがもう24件もあります。
ビックリ!
読んでいると、ますます買いたくなってしまいます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »