« 英語口 Lesson13~15 | トップページ | 英語口 Lesson16~18 »

2006/02/27

『英会話1000本ノック』 スティーブ・ソレイシィ


スティーブ・ソレイシィがまたまた気になる本を出しました。
その名も 『英会話1000本ノック』

おーっ。元野球少年の、いや日本人の心をくすぐるタイトルではないですか(笑)。

CDにはスティーブ・ソレイシィコーチの質問だけが収録されていて、1000本ノックのごとく、次々と質問のノックを浴びせられます。
そして、選手はポーズの間に自分の言葉でノック(質問)に答えていきます。
これがなんと1000本続きます。根性いりそうですねえ。
途中でぶっ倒れたら、バケツで水をぶっかけられます。というのはウソです。

ただノックも漠然と1000本ではなくて、3本セットで打たれます。
最初はとにかく"Hitokoto"(ひとこと)をすぐに返す。
次は最初のひとことに"Hosoku"(補足)する。
そして最後は会話の"Hazumi"(はずみ)になることばを付け足すか、または相手に投げ返して会話をつなぐ。

この徹底して話す練習を繰り返すということは、すごく大事なことなのだと思います。
話せるようになるには、とにかく「話す練習」を。

「ムダ玉無し。厳選されたノックばかり」というコピーもいいですね。

また、章の途中のコラムにも書いてありましたが、話すネタを持つことも大事なことだと思います。

『英会話1000本ノック』 スティーブ・ソレイシィ(著)

私は『英会話8秒エクササイズ』を持っているのですが、もう一歩進んだトレーニングの本だと感じました。
http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2005/05/8_48e0.html
http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2005/04/8.html

|

« 英語口 Lesson13~15 | トップページ | 英語口 Lesson16~18 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70286/8867953

この記事へのトラックバック一覧です: 『英会話1000本ノック』 スティーブ・ソレイシィ:

« 英語口 Lesson13~15 | トップページ | 英語口 Lesson16~18 »