« 『感動する英語』 『挑戦する英語』 | トップページ | トークマスターⅡのレッスンモード »

2006/01/11

Yakudoshi (厄年)

今年(平成18年)、私は厄年にあたります。しかしまったく知りませんでした。
お正月に高校時代の仲間との新年会で、初めて今年が厄年だと知りました。
「えーっ。今年厄年なの?!来年かと思っていたよー。」
ということは去年が前厄っだのね? 知らなかった。。知らぬが仏ですな。
もともとそんなことはあまり気にしない方なのですが、
日曜日に、この辺りでは厄除けで有名なお寺に初詣に行ってきました。

厄年って英語で何て説明するのかな?
こんなサイトを見つけました。 http://japanese.about.com/blhiraculture36.htm
引用させていただきます。

Yakudoshi are the years of calamity. This is a Japanese belief that people at the ages of yakudoshi are likely to experience misfortunes or illness. It is generally believed that men's yakudoshi are the ages 25, 42 and 61, and for women 19, 33 and 37, though there are local and historical variations. One's yakudoshi is measured by adding one to the actual age.

The ages of 42 for men and 33 for women are considered to be particularly bad years, honyaku (great calamity). This is probably because the numbers 42 and 33 are phonetically unlucky numbers. 42 can be pronounced "shi-ni" which is homophonous with the word "to death," and 33, when pronounced as "sanzan" means "hard", "terrible", or "disastrous". When reaching yakudoshi, many people go to Shinto shrines for exorcism (yakubarai). Although this is just a superstition, it may not be improbable because people seem to go through hard times with their health or jobs around these ages.

Many people are also aware that the years preceding and following a major yakudoshi are yakudoshi years too. The year before yakudoshi is called maeyaku, while the year after is called atoyaku.

calamity : 災難
disastrous : 災害の、悲惨な
superstition : 迷信
improbable : ありそうもない
aware that : ~だと承知している

|

« 『感動する英語』 『挑戦する英語』 | トップページ | トークマスターⅡのレッスンモード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70286/8103681

この記事へのトラックバック一覧です: Yakudoshi (厄年):

« 『感動する英語』 『挑戦する英語』 | トップページ | トークマスターⅡのレッスンモード »