« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005/10/31

大杉先生の講演会

ジュンイチさんのブログ 『ジュンイチの英語学習日誌』 http://junichi-t.moe-nifty.com/ で、大杉先生の講演会の様子が紹介されています。
会場の楽しい雰囲気、ジュンイチさんの大杉先生への想いが伝わってきます。
私も大杉先生の「ラジオ英会話」聞いてみたかったなぁ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/30

卓球のラケットを英語で言うと?

今日は子供たちと体育館へ卓球をやりに行きました。
大人60円、子供30円。なんてリーズナブルなんでしょう。
しかも楽しい。今日みたいに雨降りの休日にはもってこいです。
ところで卓球のラケットって英語でなんて言うかご存知ですか?
→ 3月24日のエントリー http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2005/03/tennis.html
ブログを始めたばかりの頃のエントリーです。
懐かしいなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/29

英語上達完全マップ―初級からTOEIC 900点レベルまでの効果的勉強法

最近インターネット上で、「英語上達完全マップ」という文字をよく見かけます。
私が始めて知ったのはshooさんのブログ 『ペラペラ英語マスターへの道 30からの再挑戦 ~英語上達完全メソッドの実践~』 http://perapera.air-nifty.com/ でした。
shooさんは、このメソッドをしっかりと実践されて毎日毎日の学習量はすごいです。
私のようにあっちへふらふら、こっちへふらふらという人間は、穴があったら入りたい状態です。。
また、いろんなブログを見ていると、他にもこのメソッドを実践している方がかなりいらっしゃるようです。
みなさんに共通しているのは、本当にまじめにコツコツ学習されているということです。
英語学習の基本を改めて肝に銘じたいと思います。

『英語上達完全マップ―初級からTOEIC 900点レベルまでの効果的勉強法』

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/10/28

英語の早口ことば(tongue twister)

10月1日のエントリー http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2005/10/tongue_twister_e06a.html でも書きましたが、
今月の「英会話入門」は英語の早口ことば(tongue twister)を特集していますね。

今週の馬越恵美子先生の「シニアのためのものしり英語塾」でも"tongue twister"が出てきました。
馬越先生が、"She sells seashells by the seashore."を紹介してくださり、
ポールさんが、"Red lorry, yellow lorry""Red lorry, yellow lorry""Red lorry, yellow lorry"を紹介してくださいました。

そして今日の「英会話入門」。
"Of all the felt I ever felt, I never felt a piece of felt which felt as fine as that felt felt, when first I felt that felt hat's felt."
霜崎先生はアン・スレイターさんを神業だと言っていました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/25

「幸運(成功)を祈っています」

取引先のお世話になった方が11月からアメリカ・シリコンバレーに出向することになりました。
「ビジネス英会話」Lesson1 の「あんな時、こんな時」で勉強した
"I wish you the best of luck in America."
というメールを送ればいいでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/24

tout

ビジネス英会話 Lesson2 : Focus on Wellness 健康重視戦略 (3) に"tout"という単語が出てきました。

"?" + "out"という単語を調べてみました。全部発音は"?(子音)" + "アウト"です。

tout : しつこく売り込む、うるさく勧誘する
bout : (活動などの)一期間、一仕事 ; (病気の)一期間、発作
gout : 痛風
lout : 無骨者、無作法なやつ
pout : <子供が>(ふくれて、すねて)口をとがらせる ; <唇が>(ふくれて)突き出る、(セクシーに)唇を突き出す
rout : 壊滅的敗走、大敗北 ; ~を徹底的に打ち破る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/23

学研の学習まんが「ひみつシリーズ」

eigonohimitsu
昨日子供たちと図書館へ行って 「英語のひみつ」 という本を借りてきました。
子供たちは、学研の学習まんが「ひみつシリーズ」が大好きです。
学校の図書室でもよく借りてきますし、我が家にも「星座と星うらないのひみつ」「天気のひみつ」があります。
まんがを使って、楽しくいろんなことを覚えることができます。大人の私が読んでもおもしろいです。
「英語のひみつ」も、ことばの由来(語源)や、欧米人の生活習慣などがたくさん紹介されていて、大杉先生ではありませんが、うんちくおじさんになれそうです(笑)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/21

トークマスター2のAMループアンテナ

我が家のAMラジオ(NHK第二放送)の受信状況は、あまりいいとは言えません。
最寄りの放送局は出力が弱いため、夜は遠くの放送局の音がかぶってしまい、はっきり言ってうまく聞けません。
その代わり、東京、大阪、札幌、秋田といった高出力の放送局の音の方がよく聞こえます。
私のトークマスター2は、大阪放送局と受信の相性がいいようで、ビジネス英会話は大阪に合わせて録音しています。
ただ、お天気などが関係しているのでしょうか、いつもきれいに聞こえるわけではありません。また、放送中にもよくなったり悪くなったりします。
なお、昼間は、最寄りの放送局が結構きれいに入ります。これは昼間は遠くの放送局の電波が届かないからです。
なので、基本的には昼間録音しています。しかし、ビジネス英会話は普段は夜しか放送していないので、クリアな録音ができません。
以前も書きましたが、トークマスター2の受信感度自体は、かなりいいです。少なくとも我が家にあった2台のラジカセよりは感度が良くて、驚きました。でも、だんだん欲が出てきて、オプションのAMアンテナをつければもっと良くなるのかなと思ったりもしました。
そこでサン電子に、オプションのAMループアンテナの効果はいかほどのものでしょうか?とメールしてみました。
すると、すぐにメールが届き、「殆どの場合、電波の弱い状況でしたら、ある一定の改善は見込めるのですが、環境によっては効果が出ないこともありえます。実際の受信状況については、現品をご確認いただくのが確実だと思いますので、よろしければ、ループアンテナの貸出をいたします。」ということでした。
さっそく送ってもらうことにしました。
単3電池を1本使って電波を増幅するようになっています。さてどうなったかと言いますと、確かにアンテナの効果があります。スイッチを入れると明らかに受信感度がアップします。アンテナなしでは810kHzのAFNなどはよく聞こえないのですが、よく聞こえます。
しかし、最寄りのNHK第二放送もアップするんですが、遠くの音がかぶる放送局もアップしてしまって、最寄りの放送局をきれいに録音するという状況になりませんでした。残念。
昼間もアンテナの威力はあります。例えば、普通は昼間は大阪の放送は聞こえないのですが、アンテナをつけると聞けます。
つまり、このアンテナ自体はつけるとすごく効果があるのですが、私のニーズ(最寄りの放送局で夜の放送を録音したい)はかなえられませんでした。でも、私のように混信に困っているのでなく、もともと電波が弱くて届きにくい地域の方が、電波を強くしたい(受信感度をよくしたい)ということに関しては、効果があると思います。
今回、サン電子さんの応対はすごくうれしかったです。他にも質問をしたのですが、すぐにメールが返ってきました。ありがとうございました。
NHKは、ビジネス英会話も昼間にも放送してくれないかなあ。なぜビジ英だけ夜しかないのかな?

サン電子のホームページへのリンク
サン電子のホームページへ

オンライン書店 boople.com(ブープル) のトークマスターⅡのページへのリンク
オンライン書店 boople.com(ブープル)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

congenial 「感じのいい」→ カンジイーにゃる

ビジネス英会話 Lesson2 : Focus on Wellness 健康重視戦略 (1)(2)より

いまいち記憶に残らないVocabularyを何とかしておぼえたい。。

・congenial 「感じのいい」→ カンジイーにゃる

・shrewd 「抜け目のない」→ スルーッと(ド)いなくなって抜け目ないやつだなぁ

・pervade 「浸透する、全面的に広がる」
→ "per"は"perfect"の"per"で 「完全に」
→ "vade"は、"invader"(インベイダー)の"vade"と同じ。インベイダーは侵入者。
ジーニアスによれば 「中へ(in)行く(vade)」。
ちなみに"evade"は、「逃げる、回避する」。
Lesson1で、evasive 「あいまいな、回避的な」っていうのが出てましたね。

・spouse 「配偶者」→ 甘スッパい想い出も、今はウス(うそ)のようだ。。

・benevolent 「慈悲深い」→ "benefit"と関連付けておぼえるのかなぁ。
ジーニアスによれば「善(bene)を行う(fit)」

・bloated 「ふくれた」→ "float"は 「浮かぶ」だから、似ている"bloat"は風船みたいに 「ふくらんで」浮かぶ。

・dedicate 「目的とする」→ ジーニアスによれば「完全に(de)捧げる(dicate)」

・budding 「芽生え始めた、新進の」→ これは"bud"=「芽」をとにかく暗記ですね。

・scrutinize 「厳密に吟味(検査)する」→ スクリューがしっかり閉まっているかしっかり検査する。

ああ、こんなんで記憶に残るのだろうか(笑)。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/20

right off, pull up

英会話入門 WEEK3 より

Nah, I knew right off that you were japanese, just by lokking at you.
right off すぐに (= right away)

When I pulled up to the curb, you just stood there, didin't you?
pull up to the curb 道路の脇に車を止める

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/10/19

flagship restaurant(旗艦レストラン)

ビジネス英会話「Focus on Wellness 健康重視戦略 (1)」より
高橋修三はロサンゼルスのブライトウェル・ファームズの本社に招かれた際、アナハイム近くの旗艦レストランで昼食をとりました。
flagship restaurant : 旗艦レストランと訳されていますが、どんなものなのだろう??
戦艦の形をしたレストランだろうか?それとも古くなった戦艦を利用したレストランとか?でもアナハイムに海ってあったかなあ。。などと考えていました。
そうしたら、Say What You Meanのコーナーで、紹介されていました。
flagship : In a general usage, it has come to mean the most important or leading member pf a group, as in a flagship restaurant, which is the finest, largest or most important one of a chain of restaurant.
旗艦レストランなんて日本語訳が書いてあるから変に誤解してしまいました(笑)。。
そういえば、よくパソコンやAV機器で、そのメーカーの最高級機種のことをフラッグシップモデルとかいいますね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/10/18

英会話入門:スレイターさんのご家族?

先ほど帰宅しました。これからビジ英を聞きます。
さて、今朝は英会話入門を2回聞きました。
この講座は私に合っているような気がします。すごくいい感じです。
本当はビジ英などと無理しないで英会話入門をとことんやる方がいいのかもしれません。。
ところで、10月号の声の出演のSophia SlaterさんはAnn Slaterさんの娘さんでしょうか?
バスの中で久美に話しかけた女の子だと思います。
そして、11月号ではDavid Slaterさん。こちらはだんなさんでしょうか??
アン・スレイターさんの声もジュリア・ヤマコフさんの声もすごく聞きやすくて大好きです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/10/17

NHKラジオ講座をPodcast

杉田敏先生のホームページ http://www.ethospathoslogos.com の掲示板で、AM放送の電波が入りにくい地域に住んでいて、NHKのラジオ講座をPodcastサービスしてくれたら。というような投稿がありました。
それに対して、非公式情報として、NHKがオンデマンドストリーミングを試行する予定であるとの情報が出ていました。
ただしその後、作業が遅れていて、まだ時間がかかりそうだという書き込みがありました。
でも、実際にこういう話が進んでいるのですね。時代が求めていますものね。実現すれば電波事情の悪い人も、時間の制約がある人も、CDを買わなくてもクリアな講座を聞くことが出来ます。素晴らしいですね。
しかーし、我が家はまだブロードバンドじゃないんですよ。厳しいなあ。。 orz

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/16

英検1次試験(10/16)

今日は英検の1次試験の日なんですね。受験される方、頑張ってください。
私は学生時代は英語が苦手で嫌いで、受験勉強でも本当に英語で苦労しました。
あの頃、英語にもう少し興味があれば。。なんて(笑)
4月3日のエントリーでも書きましたが、私はおじさんになってから英検2級にチャレンジしました。
最近は英語の試験というと(特にサラリーマンは)TOEICが主流ですが、久しぶりの英検もやりがいがありました。オススメですよ。
その後、準1級も考えてパス単を買ったりもしましたが、挫折しております(笑)。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/15

ラジオ講座 11月号テキスト発売日

今日(10/14)はラジオ講座の11月号テキストの発売日でしたね。
絶対に本屋さんに行きたかったのですが、またまた午前様となってしまい間に合いませんでした。残念。
予告では、ビジ英のLesson3は、「Blogosphere(ブログの世界)」というタイトルで、どんな内容なのか興味津々です。みなさん、もう買われましたか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/13

ビーマスターを買ってしまいました

実は。。「ビーマスター」なるものを買ってしまいました。サン電子のホームページで「在庫限り商品特価セール」をやっていて、つい。。
トークマスター2を買うまでには半年迷ったくせに、今回は勢いで買ってしまいました。最近インターネットで買い物することへの抵抗感が薄くなったような気がします。

トークマスター2で録音したラジオ講座を車の中や会社で聞こうとすると、その時間は録音ができなくなってしまうというジレンマがあり、どうしたものかと思っていました。そんな時に特価セールの話を知り、一週間くらい悩んだんですが、「えーい買ってしまえ!」ということで決めました。

これからはトークマスター2でSDカードに録音して、そのカードをビーマスターに差し替えて聞くという使い方ができます。

実はまだSDカードを持っていないのですが、一応本体のメモリが64Mあって、今は、パソコン経由でMP3のデータを乗せ換えて使っています。トークマスター2もビーマスターもUSBで簡単にファイルコピーが出来ます。

少し使ってみての感想ですが、まず小さいです。SDカードを差し込まなければいけないので、その分の幅はありますが、板ガムを一回り大きくしたサイズといった感じです。

まだ細かいところまで使いこなしていませんが、普通に使う分には操作性は悪くありません。A-B間リピートもワンタッチで簡単に出来ます。ただ、早送りと巻き戻しがボタンの長押しで実行するので、少し使いづらいです。あと速度変換機能もトークマスター2と全然違います。やはりトークマスター2の方が新しい分、改良されていて、よく出来ているなぁと感じます。

とにかく、ツールばかりそろえたのにまた途中で挫折。。とならないようにしたいと思います。
今のところはビニェットを聞く回数が飛躍的に増えました。通勤の車の中でA-B間リピートでがんがん聞いています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/12

NHKラジオビジネス英会話―海外勤務・大滝怜治編

ビジネス英会話の大滝怜治シリーズが書籍化されました。
私が初めてビジ英を聞いたのは2002年の10月号、この大滝怜治シリーズの秋からの再放送版でした。
前年の9.11の話題もビニェットに書かれており、とても印象に残っています。
まだ月水金でなく毎日の放送でした。テキストも厚く、他の講座より少し値段も高かったです。
すごく思い入れのあるシリーズなのでこの本も欲しいところですが、今はこの秋からの新講座を頑張ろうとスタートしたばかりなので、我慢・ガマンです。買っても本棚のインテリアになるだけなので。。

NHKラジオビジネス英会話―海外勤務・大滝怜治編

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/10

ハートで感じる英文法の続編情報

10月8日の『 NHKラジオ「ビジネス英会話」を骨までしゃぶるメルマガ 』 http://blog.mag2.com/m/log/0000147095 で、「ハートで感じる英文法の続編情報」が紹介されていました!

なんと、番組が大好評だったので、続編も可能かもしれないということです!!

また、すでに放送が終わっているにもかかわらず、7,8,9月号のテキストはすべて増刷だそうです。放送を見た後にテキストを探して何軒もの本屋さんをまわったのは私だけではなかったのですね。。

詳しくはメルマガのバックナンバーのページにURLが出ています。このメルマガは「ビジネス英会話」を聞いている人はもちろん、そうでなくても、英語好きのすべての皆さんにオススメです。おもしろいです。

大西泰斗先生は今回の講座ですごい人気ですね。今までと違った角度で、英語学習者の心にくすぶっていた部分に焦点を当ててくれて、みんなの気持ちをとらえてしまったという感じでしょうか。次回は実践編を考えていらっしゃるようですが、どんな切り口で責めてくるのか、これまた楽しみですね。

★ 大西泰斗先生とクリス先生が監修・執筆した英文法の通信講座 『 English Brain Force 』 です。 ★
English Brain Force


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/09

TOEIC Testプラスマガジンのチャレンジャー

「TOEIC Testプラスマガジン」11月号が本屋にあったので立ち読みしました。この本は買ったことはないのですが、いつも必ずチェックするページがあります。それは、「Who Challenges Wins!」というコーナーで、読者の代表2名がチャレンジャーとなって1年間に渡ってTOEICテストへの挑戦を続けるというものです。「TOEIC Friends」の頃からここだけは読んでいました。毎号、その回のTOEICの結果とその間の勉強方法などが掲載されます。スコアも気になりますが、紹介される学習法や談話が参考になります。仕事が忙しかったり体調を崩したりの中で、1年間チャレンジを続ける(続けなければならない状況の)チャレンジャーに思わず応援してしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/08

orzとは何か

昨日いただいたコメントに、"orz"という文字列がありました。

"o" "r" "z" とは、何という英語の略なのだろう。。
英語学習モチベーションのブロガーとしては、考えますよねえ。ねえ。
うーん。うーん。分からん。で、Googleで検索してみると。。

「orzとは何か」 http://www.unknownplace.org/blosxom/etc/124.html

そうだったんですかーー。

なんと、orzというのは ○| ̄|_ の小さい版だったとは。。
確かに改めて見てみるとその通りです。
○| ̄|_ は知っていましたが、orzは知りませんでした。

このサイトでは、2003年の12月に最初のエントリーが書かれています。
今ごろ知った私はなんと時代遅れでしょう(笑)。。
それにしてもすごい数のコメントです。みんな気になっていたんですねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/07

英語学習のモチベーションの持ち方を教えてください

英語関係のブログがたくさん載っている「みんなの英会話奮闘記」のバナーを左サイドに置いています。いつもは「みんなの更新履歴」を見て、ここからいろいろなブログを見に行っています。

半年前に私がブログを登録してもらった時は、登録Blog数はまだ100くらいだったと思いますが、今は222になっています。最初「みんなの更新履歴」に反映させてもらうためにMy blog listにPing送信をするといわれてもその意味も分からず、なかなかうまくいきませんでした。そんな私に管理者の英語ドクターさんは夜遅くにもメールをいただくなど丁寧に対応していただき、とても感激しました。

この「みんなの英会話奮闘記」ですが、他にも「オススメ勉強法」や「お悩み解消 BOX」など、参考になる情報がたくさんです。

さて今回、「英語学習のモチベーションの持ち方を教えてください」という相談が寄せられ、たくさんの方からアドバイス・コメントが書き込まれています。 http://blog.eigobegin.com/archives/50121134.html

「英語学習モチベーション」 私がブログを始める時につけたこのタイトル。

いつも一時は燃え上がるのに、すぐに冷めてしまう。なかなか長続きしない。英語学習モチベーションを維持することの難しさを感じているのは私だけではないのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/06

帰国子女と数年だけ留学した人の違いを一目で見分ける方法は?

今日の「シニアのためのものしり英語塾」で馬越恵美子先生がおもしろいことを言っていました。
帰国子女と数年だけ留学した人の違いを一目で見分ける方法は?
→ それは計算のしかたの違いを見ることだそうです。
私たちはまずは手を広げて、親指から一本ずつ折り曲げていきますよね。
帰国子女の人は、手をにぎってまず握りこぶしを作ってから、親指から一本ずつ立てていくんだそうです。
そういえば映画とかで見たことあります。ポールさんもそのようにするそうです。
なるほどおもしろいですね。
でも私は外国方式でやろうとすると、4ができないことに気づきました。
薬指まで立てて小指は折った状態ができないんです。。外国の人はみんなできるのだろうか??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/05

Vocabulary Buildingの発音記号

ビジネス英会話10月号のVocabulary Buildingですが、発音記号が所々に載せられています。以前から知らない単語を辞書で引くたびに発音記号を書き込んでいたので、発音記号も載せてほしいなあと思っていました。よく見たら9月号から載っているようですね。
今日は帰宅が1:00過ぎ。最近こんな日が多くて参ってしまいます。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/04

「英会話入門」「ビジネス英会話」「英語野郎」

nyumon10business10いよいよ今日(10/3)から後期の講座がスタートしました。昨夜は「ビジネス英会話」のLesson1のスラッシュ入れと難しい語彙にマーカーをしました。その後、意味を取りながら音読をしました。やはり私には「ビジ英」はしっかり予習しないとついていけません。今回のようにLesson開始前に4回分の予習を済ませる流れでいきたいです。しかし第1回はまだよかったものの、第4回目になると文の構造が複雑で意味を取るのにも時間がかかりました。テキストもマーカーの黄色だらけです。これからどうなることやら。。

今朝は通勤の車の中で、トークマスターⅡで録音した「英会話入門」を聞きました。ダイアローグ自体は少しやさしめかもしれませんが、アン・スレイターさんのコメントも含めて、シャドーイングを心がけました。ニューヨークが舞台で「異文化理解」がテーマ。オーソドックスな雰囲気の講座で、自分としては好きです。

その後駐車場で「ビジ英」を音読。7:45になって「シニアのためのものしり英語塾」は大杉先生のジャズのお話。おもしろくてシートを倒して聞いていたら少しウトウトしてしまい、あわてて起きて仕事へ。。

帰りの車でも「英会話入門」を再び聞いた後、閉店間際の本屋さんへ立ち寄り、「英語野郎-英語YAROO Vol.1」 http://www.gihyo.co.jp/magazines/yaroo をチェック。内容ぎっしり、コラムもたくさんで、英語学習好きにとっては楽しい雑誌だと思いました。本多義則さんが、トークマスターⅡの使用レポートと、「英語学習の王道「音読」へのアツ(くるし)い想い」という楽しいエッセーを書かれています。私も「音読教」に入信できるよう(笑)、後期の「ビジ英」は音読メインで頑張ります。

帰宅後、「ビジネス英会話」の放送を聞き、オーバーラッピングと音読。トークマスターⅡに録音したので明日の通勤でも聞きたいと思います。

All About [英語の学び方・活かし方] Sanaeさんの記事 : 「英語ができれば世界が変わる 英語ヤローよ! 新英語雑誌『英語野郎』創刊」 http://allabout.co.jp/study/english/closeup/CU20050927A/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/02

これは使える!FMトランスミッター

9/29のエントリー http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/2005/09/fm_fmt700_39cc.html で書いた「FMトランスミッター FM-T700」がAmazonから届いて、車にセットしてみました。
3つのFM周波数が設定できるので、近くの放送局の周波数とぶつからない周波数を選んで、後はただつなぐだけでした。超簡単です。
FMの周波数を合わせると、トークマスター2の音がカーステレオのスピーカーから流れました。音量もばっちりです。
これは最高です!車の中でこれぞ私の理想の環境が出来上がりました。
と言いますのも、私にとって声を出して勉強できる一番の場所って車の中なんですよね。それに家内の冷たい(笑)?視線もありません。
それに通勤で毎日車に乗るのですから、放送を聞く習慣を作ることができます。
明日から後期の講座が始まりますね。頑張りましょう!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/01

英語の早口ことば(tongue twister)

霜崎實先生の「英会話入門」のテキストを見ていたら、週末に「Sights&Sounds」というコーナーがあります。10月は「英語の早口ことば」です。
そういえば昔、遠山顕先生が「英会話入門」をやっていた時、早口ことばのコーナーがあったことを懐かしく思い出しました。ジェリーさんとロレッタさんとラジオの前でやったなぁー。楽しい放送でした。
するとテキストに、"Red lorry, yellow lorry""Red lorry, yellow lorry""Red lorry, yellow lorry"が載っていました。おー、懐かしいー。この早口ことばは記憶に残っています。
「英会話中級」も気になってきたりして。。(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »