« Google 7th birthday | トップページ | FMトランスミッター FM-T700 »

2005/09/28

Take Me Out to the Ball Game

昨日の「シニアのためのものしり英語塾」で大杉先生が「Take Me Out to the Ball Game (私を野球に連れてって)」を歌ってくれました。
テキストに説明が書いてあるようですが持っていないので、インターネットで調べた歌詞を書きます。
私も一応、元野球少年&今英語おじさんとして、この歌くらいは知っておかないといけませんね。いつの日か本物のメジャーリーグのスタジアムで歌ってみたいなあ。
実はこのブログのURLは http://baseball.cocolog-wbs.com/ なんですよ(笑)。
1908バージョンと1927バージョンがあるようです。大杉先生が歌ったのは、1908バージョンでしたね。
野球が大好きなケイティという女性が、野球に連れてってくれるように恋人に頼むという歌だそうです。

Take Me Out to the Ball Game (1908 Version)

Katie Casey was base ball mad.
Had the fever and had it bad;
Just to root for the home town crew,
Ev'ry sou Katie blew.
On a Saturday, he young beau
Called to see if she'd like to go,
To see a show but Miss Kate said,
"No, I'll tell you what you can do."

"Take me out to the ball game,
Take me out with the crowd.
Buy me some peanuts and cracker jack,
I don't care if I never get back,
Let me root, root, root for the home team,
If they don't win it's a shame.
For it's one, two, three strikes, you're out,
At the old ball game."

Katie Casey saw all the games,
Knew the players by their first names;
Told the umpire he was wrong,
All along good and strong.
When the score was just two to two,
Katie Casey knew what to do,
Just to cheer up the boys she knew,
She made the gang sing this song:

"Take me out to the ball game,
Take me out with the crowd.
Buy me some peanuts and cracker jack,
I don't care if I never get back,
Let me root, root, root for the home team,
If they don't win it's a shame.
For it's one, two, three strikes, your out,
At the old ball game."

--------------------
Take Me Out to the Ball Game (1927 Version)

Nelly Kelly love baseball games,
Knew the players, knew all their names,
You could see her there ev'ry day,
Shout "Hurray," when they'd play.
Her boy friend by the name of Joe
Said, "To Coney Isle, dear, let's go,"
Then Nelly started to fret and pout,
And to him I heard her shout.

"Take me out to the ball game,
Take me out with the crowd.
Buy me some peanuts and cracker jack,
I don't care if I never get back,
Let me root, root, root for the home team,
If they don't win it's a shame.
For it's one, two, three strikes, you're out,
At the old ball game."

Nelly Kelly was sure some fan,
She would root just like any man,
Told the umpire he was wrong,
All along, good and strong.
When the score was just two to two,
Nelly Kelly knew what to do,
Just to cheer up the boys she knew,
She made the gang sing this song.

"Take me out to the ball game,
Take me out with the crowd.
Buy me some peanuts and cracker jack,
I don't care if I never get back,
Let me root, root, root for the home team,
If they don't win it's a shame.
For it's one, two, three strikes, you're out,
At the old ball game."

|

« Google 7th birthday | トップページ | FMトランスミッター FM-T700 »

コメント

Markさん、こんにちは~。
Markさんは元野球少年でいらしてたんですね♪
わたしもどうしてかわかりませんが、野球大好きです。ボールパークがあるなら連れて行って欲しいです(笑)。2012年のロンドンオリンピックで野球が種目から外れ、どれほど落胆したことでしょう…。

歌詞の掲載、ありがとうございました。
こんな歌だとは知りませんでした。どうしてバージョンがふたつもあるんでしょう?
いつの日か本場で歌えるといいですね♪

投稿: eco-uk | 2005/09/28 16:37

eco-ukさん、こんにちは。
野球をやっていたのは大昔のことです。今は体が動きません。。
イギリスは野球よりサッカーでしょうか?もしかして野球場自体もないですか??
オリンピックの件は確かに残念ですね。私はソフトボールがなくなったのも残念です。
バージョンの件は調べてみたいですね。

投稿: Mark | 2005/09/28 22:28

マークさん、優勝祝☆コメントありがとうございました!
「私を野球に・・・」2つバージョンがあるんですね。
ジーン・ケリー&シナトラ出演の映画でこの曲が楽しめますけど、どっちの方だったかな・・・思い出せない><

投稿: uniko@ニャンくん | 2005/10/02 19:43

uniko@ニャンくんさん、コメントありがとうございました。
映画をご紹介いただきありがとうございました。
私はまだ見たことがないので、今度見たいと思います。
楽しみです。

投稿: Mark | 2005/10/02 20:33

こん**は。新規トークマスター仲間の?私です。
 ずいぶん前の記事にレスさせていただいています。きっと驚かれることでしょう。
 実母が、大リーグファンで。この歌を気に入っています。
 つい昨日、私に要請が参りました。
「カタカナでルビをふってほしい。そのままでは、早すぎて、全然わからない。英語勉強しているのだから、できるでしょ?お願いね!!」
 という、よくわからない&図々しいお願いで。
そこで、ネットサーフィンしているうちにたどり着いたのが、こちら。
 あら、どこかで??
 
本当に奇遇です。
 私も野球は大好きなので、英語以外にも共通な趣味が一緒で、とってもうれしいです。
 この歌、いいですよね。
ウキウキしていまいます。大杉先生の時にも
視聴していましたが、私もテキストなしだったなので。。。

トークマスターも毎日使っています。
 今までの録音の手間は何だったのかしら。。
 では、英語同様、これからもよろしくお願いします。

投稿: kuri2mama | 2006/07/02 16:13

kuri2mamaさん、こんばんは。
どういうルートでたどり着いたのでしょう(笑)??
コメントいただけてうれしいです。

お母さんすごいですね。
Take Me Out to the Ball Gameを知ってるなんてカッコいい!!

トークマスターは本当に便利ですよね。
もう戻れませんね。

英語も野球も、これからもいろいろお話させてください。よろしくお願いします。

投稿: Mark | 2006/07/03 22:28

ご迷惑でなければ、お気に入りに登録させていただいてもいいでしょうか?
 

投稿: kuri2mama | 2006/07/04 07:53

kuri2mamaさん、こんばんは。
遅くなってすみません。
たった今帰ってきたものですから。。
迷惑なんてとんでもありません。
どうぞよろしくお願い致します。
私のお気に入りにも登録させてください。
これからもよろしくお願い致します。

投稿: Mark | 2006/07/04 23:36

昨日、母にカタカナのルビをふった、特製歌詞カード&楽譜を渡しました。
 歌詞については、本当にありがとうございました。
 ルビですか?
たとえば、、、「テイミー アウザ ボー(ル)ゲー(ム)…♪」 みたいな具合です。
 ()内は、発声はしないけれど、発音しているつもりでね、と伝えました。心の中で、ボールと言っているつもりで。。。などと。わかったようなことを話した私です。

 なんか、ずっと以前、自分がラジオ講座を聴き始めた頃を思い出してしまいました。
 私自身は、ルビをふったりはしませんでしたが、発音に関しては、この()部分が何となく理解できるまで、難しかったですね。
 今でも、聞き取れない言葉は、発音・書き取りは、できません。
 さて、母が無事に歌いこなせるかどうか??
本人は、とってもやる気満々です。

投稿: kuri2mama | 2006/07/11 09:31

kuri2mamaさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
お母さん、喜ばれたでしょう。

kuri2mamaさんみたいに、音を聞いたままを書いてあげるというのはいいですね。
私だと「テイク ミー アウト トゥ ザ ボールゲーム」なんて書いてしまいそうですが、
「テイミー アウザ ボー(ル)ゲー(ム)…♪」の方が断然いいですものね。

今、基礎英語1を聞いている娘が、放送を聞きながら、テキストにルビを書き込んでいます。
彼女は英語に対してまっさらな状態なので、音を聞いたまま、書いているようです。

私のように年を取ると、変なカタカナ英語に汚染されてしまいがちなので、今の感覚をそのまま持っていてほしいです。

発声はしないけれど、発音しているつもりで。。
心の中で、○○と言っているつもりで。。

というのは、素敵な表現ですね。私も使ってみたいと思います。

これからもよろしくお願いします。

投稿: Mark | 2006/07/11 12:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70286/6150395

この記事へのトラックバック一覧です: Take Me Out to the Ball Game:

« Google 7th birthday | トップページ | FMトランスミッター FM-T700 »