« 今夜もワシャワシャ(ハートで感じる英文法) | トップページ | 皇帝ペンギン(March of the Penguins) »

2005/08/12

通訳者・翻訳者になる本

通訳者・翻訳者になる本―プロになる完全ナビゲーションガイド (2006)
先日、新崎隆子さんの本を読んで感動した影響で、図書館でこんな本を借りてきてしまいました。通訳や翻訳など、これまで直接興味を持ったこともなかったし、まったく知らない世界でしたが、通訳・翻訳にもいろいろな仕事があるのですね。それぞれが本当に大変そうです。
本の中に平成16年度の通訳案内業国家試験の問題が掲載されていました。初めて見ましたが、その内容にビックリ。英語だけじゃないんですね。地理、歴史、一般常識の試験があります。これは学生時代の社会科ですね。そうかぁ、ガイドするんだから、そういった知識が必要なのですね。
読んでいくうちに、将来リタイアしてからでも、そんな仕事ができたらなぁ。なーんてことを考えてみたりして。。でも生半可な勉強じゃとてもなれそうもない職業ですね。たくさんの方のお話が載っていますがとにかくすごいです。みなさん高い志(こころざし)というか信念をお持ちです。

|

« 今夜もワシャワシャ(ハートで感じる英文法) | トップページ | 皇帝ペンギン(March of the Penguins) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70286/5441241

この記事へのトラックバック一覧です: 通訳者・翻訳者になる本:

« 今夜もワシャワシャ(ハートで感じる英文法) | トップページ | 皇帝ペンギン(March of the Penguins) »