« ディクテーション 「日本人は英語のここが聞き取れない」 | トップページ | globe : 地球儀 »

2005/08/30

「髪の毛を切らなきゃ!」 must? have to? (ハートで感じる英文法)

遅ればせながら先週の「ハートで感じる英文法」を見ました。私はこれまで"must = have to"だと思っていましたが、この二つに違いがあったとは。。学生時代の書きかえ問題は何だったのだろう。今日は本当に見てよかったです。

I must have my hair cut.
I have to have my hair cut.

以下のシチュエーションにおいて、"must"と"have to"のどちらを使うか?という問題でした。

1) 会社の上司に言われたとき
2) 学校の規則があるとき
3) 髪型が気に入らないとき
4) 枝毛があることに気づいたとき

鴻上尚史の答えは、1)2)が"must"。3)4)が"have to"でした。
私も何となくそうかなぁと思いました。"must"は「強い」というイメージがあったからです。

さあ、ネイティブの街頭インタビューが始まりました。

いきなり最初の男性が、1) have to 2) have to 3) must 4) mustと来ました!
「えぇー?」です。思っていたのとまったく反対じゃありませんか(笑)。そうだったんだ。。

Q) 2つの基本的な違いを説明してもらえますか?

A) "have to"は誰かに強制されたり圧力をかけられた場合に使うよね。
でも"must"は自分自身で必要と感じたとき使うんだ。自分がそうしたいってときにね。

Q) "must"と"have to"の違いは何だと思いますか?

A) "must"は自分から出てくる感情よね。私自身が「やらなくちゃ」って思うこと。
それに対して"have to"は他の何かや誰かが原因となって「やらなくちゃ」ってこと。外からの圧力って感じね。

同じくらいのレベルの圧力なんだけど、
・must : 自分の中の圧力
・have to : 外からの圧力
なのだそうです。

★ 大西泰斗先生とクリス先生が監修・執筆した英文法の通信講座 『 English Brain Force 』 です。 ★
English Brain Force


|

« ディクテーション 「日本人は英語のここが聞き取れない」 | トップページ | globe : 地球儀 »

コメント

トラックバックの方法がよくわかってなかったので記事を使用した事をコメントでお知らせさせて頂きます。

投稿: triforce | 2006/11/27 15:05

triforceさん、こんにちは。
このエントリーを書いたのは去年の夏なんですね。
すっかり忘れていたこの感覚。
triforceさんのおかげで思い出しました。
ありがとうございます。
やっぱり「ハートで感じる英文法」はおもしろかったなあ。

投稿: Mark | 2006/11/27 20:44

今週の「ハートで感じる英文法」は、
"must"と"have to"でしたね。
ブログに書いたの思い出しちゃいましたよ。
2005年って、もう3年も前ですか!
いつ見ても、目からウロコです。

投稿: Mark | 2008/02/27 00:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70286/5700858

この記事へのトラックバック一覧です: 「髪の毛を切らなきゃ!」 must? have to? (ハートで感じる英文法):

« ディクテーション 「日本人は英語のここが聞き取れない」 | トップページ | globe : 地球儀 »