« TOEIC受験 | トップページ | Take care »

2005/07/07

TOEIC受験記

2005年 7月 7日(木)
今日、3年ぶりのTOEIC(IP)を受験しました。

早めに会場へ行って、通路側で、スピーカーが近くて、エアコンが直撃しない席を確保。トイレも済ませました。気合は十分です。

Part1: 調子に乗って密かに全問正解を狙っていたのですが、3問目でDまで聞いて分からない瞬間にパニック。5問目もDまで聞いて分かりません。その後は、その2問のことが気になって気になって。。そんなに簡単じゃなかったです。他にも分からない問題がぽつぽつと。甘かったです。結局トータルで何問落としたか?

Part2: 最初の数問は順調だったが、突如、難しい問題が出てきて、そこからはほとんど勘に頼る回答が続きました。途中、たまに理解できた問題もありましたが、出来は決して良くなかった。勘がいい方へはまるかどうか?悪い方へいくとばたばたと点数が落ちていきます。

Part3: Part1の説明の時にPart3の先読みをしたが、結局頭に残っていませんでした。開始後、1問目のマークをしていたら2問目が始まってしまい、これじゃだめだと思い、マークは後でまとめてすることに決めました。問題用紙にメモしていきました。先読み先読みを心がけましたが、ちょっと悩むともう先読みできず、そうなったらその問題はもう分かりません。このPartもいまいちだったなあ。くやしい。。

Part4: ここも先読みしないと私にはついていけません。勘が多かったです。もともとこのPartはあきらめモード。。

リスニング終了。Part3,4のマーキングを開始。何分かかったかな?

Part5: 皆から遅れて開始。時間はかかったが、3年間?勉強してきたからか、昔に比べると、正解率は上がっていると思う。ちょっと見て間違いを見つけて次へ進むという問題も何問かあった。恐れていた難しい語彙問題も少なかった。ただし1問にかける時間がまだまだ長すぎる。時間をかけないと正解を見つけられないです。

Part6: この時点で残り50分。このPartも勉強の成果を感じた。ちょっと考えて、あっ、ここがおかしいじゃん。という問題が何問もあった。でもやっぱりある程度の時間はかかってしまう。どんどん時間がなくなっていきます。

Part7: この時点で残り30分。かなり厳しい状況ですが、しかたがない。頭からどんどん解いていきます。とにかく急げ急げです。残り10分になってからは、もう全部やりきれないと悟り、1問あたりの設問数の多い問題を優先しました。最終的に3問(7設問)くらいは時間切れ。周りのマーク状況を見て、少なそうな所にマーク(Dが多かったかな?)。

とてもとても疲れました。へとへとになりました。こんなに集中したのは久しぶりです。手ごたえは、あるような、ないような?リーディングは結構いい感じです。でもその分リスニングがかなり悪い感じです。前回はリスニングの方が良かったので、リスニングは落ちたと思う。トータルで前回の点数くらい行ったかどうか?TOEICはリーディングはリスニングより点数が出にくいので、ちょっと心配です。でも少なくとも大幅ダウンはないと思います。ダウンしたらすぐに再受験したいというのが今の心境です。とりあえず、自分に「お疲れ様」です。

|

« TOEIC受験 | トップページ | Take care »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70286/4868520

この記事へのトラックバック一覧です: TOEIC受験記:

« TOEIC受験 | トップページ | Take care »