« これまでのTOEICスコア | トップページ | 「親力」で決まる ! 子供を伸ばすために親にできること »

2005/07/14

TOEICが来年5月にリニューアル

もう既にご存知の方も多いと思いますが、TOEICが来年5月にリニューアルされることが発表されました。

新TOEIC(R)テストについて http://www.toeic.or.jp/toeic/new/index.html

サンプルテストがあったのでダウンロードして、見て、聴いてみました。

私のレベル(あくまで私のレベルです)で見た今回の変更に対する印象を書き出してみますと、

パート1(Photos: 写真描写問題): 形式はまったく同じです。しかし、20問から10問に削減されたのはとても痛いです。ここははっきり言って得点源。単純に得点は減るでしょう。

パート2(Question-Response: 応答問題): 形式、問題数共にまったく同じです。

パート3(Conversations: 会話問題): パート名がShort ConversationsからConversationsになっています。
これまでのパート3にパート4が合体した感じで、1つの会話に対して設問が3問あります。3つの設問はもちろんつながりがありますので、会話を理解できれば3つともGetできる(複数一度に得点できる)可能性があります。でもその逆もありで、3ついっぺんに落とす恐れもあります。。サンプルテストは簡単な会話でしたが、本物はあんなのばかりではないでしょう。
また、3問の設問が英語で読み上げられます。しかしどうせこの英語を聞いて解答するわけではないので、あまり意味はないでしょう。

パート4(Short Talks: 説明文問題): これまでと同じ形式ですが、問題数が20問から30問に増えました。
あちゃー。もともとあきらめモードで、聴ける問題が出ればラッキー。といった感じだったので、問題数が増えれば、それだけ困ります。
ここも設問が英語で読み上げられますが、少し次の問題を先読みする時間が増えることになるかなあ。でもこれまでも設問の番号は読まれてましたよね。じゃあ変わらないか。。

パート5(Incomplete Sentences: 単文穴埋め問題): パート名が文法・語彙問題から単文穴埋め問題と変わっています。
しかし、これまでのパート5とほとんど変わりなさそうです。

パート6(Cloze Passages: 長文穴埋め問題): 大きく変更になっています。いままでの間違い探しでなくなりました。
長文の中に空所が複数あり、それぞれに入る単語を4択で解答するものです。問題数は12問。各問の形式はパート5に似ています。
ここがおかしい。とピンと来る受験テクニック(ノウハウ)を持っている方にとっては、これまでの間違い探しの方がいいと思います。今回の方が、1発でパチンと分かる問題が無い分、悩みそう(時間がかかりそう)です。

パート7(Reading Comprehension(Single passage, Double passage): 読解問題(1つの文書, 2つの文書)): Single passageは、今までのパート7と同じです。これが28問。
その後に、Double passageといって、これまでのパート7の文書が2つあるバージョンが20問です。
これまでは設問を見ておいて、上から読んでいって、一つずつ答えていったのですが、あっち見てこっち見てといったことが起きそうです。やはり最後は時間切れといった感じになりそうです。。

以上、私のレベルで見た、聴いた、感想でした。
ちなみにIPテストは、過去に本試験で使われた問題を使いまわす関係上、2007年以降に新テストに切り替わるそうです。
来年の5月かあ。リニューアル最初の試験は簡単?難しい?試しに受けてみる価値はあるかもしれません。

|

« これまでのTOEICスコア | トップページ | 「親力」で決まる ! 子供を伸ばすために親にできること »

コメント

こんばんは
逆トラバさせていただきました!
私のはまったく情報がないので読む価値ナシの記事ですが・・

私としては結構楽しみにしてます、リニューアル。
特に本屋さんとか出版社さんとかを見るのが楽しみ(笑

投稿: アサ | 2005/07/15 00:07

Markさん、こんにちは。
来年の5月はTOEIC本の出版関係の受験が多そうですね(笑)

サンプル問題はまだやってないのですが、パート6は長文穴埋め・・・と聞いただけで、引いてしまった私です。(長文苦手なんです~)

5月に受ける勇気はないので、そのにもう1回3月くらいに受験しておこうかな~と思ってます。

投稿: かのん | 2005/07/15 00:12

アサさん、こんばんは。
そうですか、アサさんは歓迎派ですか。私はちょっと不安派です。。
アスカとかベレ出版がご近所とは、なんと英語学習向けの環境ですね(笑)。素晴らしい。
私も本屋で英語関係の本を見るのが好きなので、新しい本がたくさん出たら、それは楽しみです。
これからもよろしくお願いいたします。

投稿: Mark | 2005/07/15 02:42

かのんさん、こんばんは。
パート6は長文穴埋めといっても、長文を読む必要はないと思います。パート5が長文の中に数問埋め込まれているといった感じに思いました。
リニューアル前に受けるのと、リニューアルの回に受けるのと、どっちが得かなんて考えてしまいますよね。どうしようかなあ。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: Mark | 2005/07/15 02:48

Markさん、こんにちは。解説ありがとうございます。
もう4年くらいごぶさたで、ぼちぼち受けてみようか迷っていたところなので、参考になりました。
どっちを受けようかますます迷っちゃいますねぇ。ホントは両方受けるのが望ましいんでしょうけど。
発音のバラエティ化はなかなか面白そうだと思いました。これからはアメリカ英語以外のリスニング教材も増えたりして。

投稿: rieyoshi | 2005/07/15 07:37

rieyoshiさん、コメントありがとうございました。
どっちの方がいいでしょうかねえ??
発音の件は、今までが聴き取りやすいものだったので、ちょっと心配です。イギリス英語はちょっと苦手です。
12月に200問の模試が2セット掲載された公式の問題集が出版されるそうです。これで試してみるのも手ですね。
これからもよろしくお願いします。

投稿: Mark | 2005/07/15 21:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70286/4972763

この記事へのトラックバック一覧です: TOEICが来年5月にリニューアル:

« これまでのTOEICスコア | トップページ | 「親力」で決まる ! 子供を伸ばすために親にできること »