« Take care | トップページ | Screaming Mad George(スクリーミング・マッド・ジョージ) »

2005/07/10

表純子 初優勝

午後4時ちょっと前、何気なくテレビをつけたら、女子ゴルフ中継の終盤でした。
最終組の横峯さくらはスコアを落としていて、トップは1組前の服部道子でした。ところが17番でカップにけられてボギー、最終18番では入れれば優勝の短いパーパットがカップのふちを回ってしまいました。
「Leader」から「Co-Leader」の表示に変わり、そこで名前が出てきたのが、表純子。「またか」と思いました。表選手はなんとこれまで2位が11回もあって、しかし、優勝がありません。厳しいツアーで11回も準優勝(内プレーオフ負け3回)するのですから実力は十分あります。しかし、この世界、優勝と2位では天国と地獄です。プロの世界では優勝しなければ認められません。私はこの選手がずっと気になっていました。
CM明けはプレーオフ2ホール目の映像に切り替わりました。残りの中継時間から考えて、このホールで決着がつくような気がします。(ゴルフ中継はこのあたりは時間差で録画中継となっている)
服部の方がショットをいい位置につけ、流れは服部か?しかしバーディーパットが大きくオーバー。今度は表有利?一打一打で状況が変わる好勝負に見ていて興奮しました。そして服部はパーパットを入れることが出来ずボギー。さあ表のパーパット。入れれば優勝のパットです。見ているこちらも緊張しました。そして見事に決めた表。グリーン上でキャディーの旦那さんと抱き合います。涙の初優勝。これまで本当に苦しかったでしょう。私ももらい泣きしてしまいました。優勝おめでとう。一つの大きな何かを越えた彼女は、これで今後は何回も優勝するだろう。シルバーコレクター返上ですね。
やっぱりスポーツはいいなあ。モチベーションアップしました。

|

« Take care | トップページ | Screaming Mad George(スクリーミング・マッド・ジョージ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70286/4916145

この記事へのトラックバック一覧です: 表純子 初優勝:

« Take care | トップページ | Screaming Mad George(スクリーミング・マッド・ジョージ) »