« トークマスター2(TalkMaster2) | トップページ | TROUBLE AGAIN - Karla Bonoff »

2005/06/11

スカボロー・フェア

scarboroughfair押し入れから引っ張り出した懐かしのシングルレコード。今日は、「スカボロー・フェア」サイモントとガーファンクルです。 「SCARBOROUGH FAIR/CANTICLE」SIMON&GARFUNKEL
みなさんご存知の映画「卒業」で使われている名曲です。
このレコードは学生時代に中古レコード屋さんで見つけて買いました。ジャケットには「68.10 定価 ¥400」と書かれています。今日このエントリーを書いていて初めて知ったのですが、英語のタイトルにはCANTICLEと付いているんですね。辞書を見てみたら、「聖歌、賛美歌」という意味でした。レコードプレーヤーがないので今は聴けないのですが、歌詞カードを見ていると、頭の中にあの美しいメロディーが流れてきます。
久しぶりに「卒業」を見たくなりました。映画では先日亡くなったアン・バンクロフトがミセス・ロビンソン役を演じました。
サイモンとガーファンクルは、この曲だけでなくいい曲がたくさんですよね。みなさんはどの曲がお好きですか?

スカボロー・フェア
映画「卒業」(1968)に使用されすっかり評判になった曲です。リリカルな美しさを強調したワルツ・ナンバーで、メロディーの美しさは非常に感動的です。彼らの傑作のひとつといえましょう。(ライナーノーツより)

|

« トークマスター2(TalkMaster2) | トップページ | TROUBLE AGAIN - Karla Bonoff »

コメント

Markさん、こんにちは。
S&Gでは、私は「明日に架ける橋」が好きです。
映画「卒業」といえばサウンド・オブ・サイレンスを思い出します。きれいなハーモニーが素敵です。スカボロー・フェアもいいですよね。
私も卒業見たくなりました。久しぶりに若いダスティン・ホフマンに会いたいですね。

投稿: かのん | 2005/06/11 23:11

かのんさん、コメントありがとうございました。
「明日に架ける橋」も「サウンド・オブ・サイレンス」も名曲ですよね。胸にジーンと来ます。
実は「ボクサー」も中古で買ったシングル盤持っていて、これもいいんですよー。
久しぶりにCDでも借りてこようかな?

投稿: Mark | 2005/06/12 08:55

この曲は・・・
今聴くと・・・・・・
完璧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
泣きますね!
(ごめんなさい!サンデーガール・・
持っていません・・・この頃のサウンドが
所謂・・ブロンディーサウンドの大元ですよね!)

投稿: tatsubo-H | 2005/06/14 01:11

tatsubo-Hさん、ありがとうございます。
私もサイモンとガーファンクルはライヴでは知らないのですが、、やっぱりいいものはいいですよね。うんうん。
ブロンディも懐かしいですね。ごめんなさいはこちらのセリフです。これからもいろいろ教えてくださいね。でもサンデーガール誰か持っていないかなぁ。。

投稿: Mark | 2005/06/14 01:27

初めて書き込みさせて頂きます。

父がS&Gを好きだったので、よく聴いていた覚えがあります。僕が好きだったのは、地味なんですけどThe boxerです。A Hazy Shade Of WinterとかBridge Over Troubled Waterとかも。「コンドルは飛んでいく」をリコーダーで吹いたりしませんでした?

投稿: がぶ@こーき | 2005/06/17 07:25

がぶ@こーきさん、はじめまして。
「ボクサー」いいですよね。上にも書きましたがシングル盤を持っています。
「冬の散歩道」はバングルズがカバーしていましたね。
「コンドルは飛んでいく」リコーダーで吹きました。吹きました。
そういえば、昔「ペペロの大冒険」っていうアニメがあったのご存知ですか?
懐かしいなぁ。。

投稿: Mark | 2005/06/17 22:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70286/4510747

この記事へのトラックバック一覧です: スカボロー・フェア:

« トークマスター2(TalkMaster2) | トップページ | TROUBLE AGAIN - Karla Bonoff »