« あんな時、こんな時 | トップページ | ディナ・ドミンゴさん »

2005/06/24

「英語を勉強したいという意欲はあるのですが、時間がない。どうしたらいいでしょう」

「最近仕事が忙しくて英語を勉強する時間がありません。。。」

そんな 「 弱音をはいている自分 (Mark) 」 に杉田敏先生のお言葉を送ります!

「英語を勉強したいという意欲はあるのですが、時間がない。どうしたらいいでしょう」という相談を受けることがあります。そんな時には、「一つだけ方法があります。お祈りをなさい」と言うことにしています。
祈りはただの「願望」であって「行動」ではありません。それに「時間がない」というのは正確ではありません。一日24時間、時間はすべての人に平等に与えられているのですから。英語の上達が、あなたにとって本当に重要であれば、時間は作れるはずです。
上達のためにはcomfort zone (快適帯、安全地帯) を離れなければなりません。日々行っている行動のパターンから逸脱することです。
家族との団欒 (だんらん) の時間も、会社の同僚と赤ちょうちんで過ごす時間も、テレビの前でリラックスするのもいずれも「快適」です。しかし人間だれしも、快適な空間にいるかぎり自己改善 (self-improvement) はありません。
皆さんの人生においても、一段階上に行けたと感じたのはcomfort zoneを出た時だったでしょう。そこにはriskもrewardもあります。
例えば、初めて自転車に乗れた時。倒れて腕をすりむいたかもしれない。でもそのことによって、自分の行動範囲は広がったのです。初めて泳げたとき、ピアノが弾けた時、受験をした時、就職した時、転職をした時、いずれもcomfort zoneを出た経験があるはずです。comfortableなことだけをしていたのでは、「向上」はありません。
Sir Winston Churchillはこう言っています。
To improve is to change; to be perfect is to change often.
「向上とは変化である。完全になるとはしばしば変化することである。」
さあ、新しい年の初めにあたり、明日からと言わず、きょうからでもcomfort zoneを出て、アクションを取ってみませんか。

ビジネス英会話 2003年1月号 「はじめに」 より引用いたしました。

|

« あんな時、こんな時 | トップページ | ディナ・ドミンゴさん »

コメント

先日は、非常に有意義なコメントをいただき、ありがとうございました。なんだか身が引き締まる思いがしました。
Markさんも、岩村先生のテキストを買われたのですね。私もすごく楽しみです。体育会系の血が騒ぎます。
これからもよろしくお願いします!

投稿: ラジ子 | 2009/03/18 12:10

ラジ子さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
ラジ子さんのおかげで杉田先生のこの言葉を思い出しました。
今読み返してみて、自分も身が引き締まる思いです。
圭南先生の「英語5分間トレーニング」楽しみですね。
最近、通勤の車の中では、「岩村圭南の1分間英語 グラマー動詞表現編」を聞いています。
ラジ子さんも体育会系ですか?(^^)
私もウン十年前は高校球児でした。。
これからもよろしくお願いいたします。

投稿: Mark | 2009/03/19 00:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70286/4682666

この記事へのトラックバック一覧です: 「英語を勉強したいという意欲はあるのですが、時間がない。どうしたらいいでしょう」:

« あんな時、こんな時 | トップページ | ディナ・ドミンゴさん »