« Congratulations! | トップページ | ニューヨーク大学英語講座(4/5) »

2005/04/05

NHKラジオ講座(4/4)

昨日(4/4)は、朝6:30に「英会話入門」を聴き、7:45からの「シニアのための物知り英語塾」は支度しながら録音。8:00に急いで出勤。「英会話中級」と「英会話上級」はラジカセに留守録しておきました。22:15帰宅。食事と風呂の間に「レッツスピーク」と「ビジネス英会話」を録音。23:30から「ビジ英」「レツスピ」「シニア」「中級」「上級」と聴きました。が、最後の方はテキストもないのでコタツの中で転がってたらウトウト状態。。目が覚めたら2:30。急いでふとんへ入りました(汗)。

「入門」遠山先生、さすが先生、いつも元気です。最後に同じスキットを違うシチュエーションで流すのはおもしろい。スキットも一話完結で結構好きです。
「中級」高本先生、丁寧に教えてくれます。昔ながらの英語講座の雰囲気。しっかり取り組めば今の私にはぴったりなのかも。スキットが私にフィットしないのが残念。(子供が出てくるスキットを自分が声に出すのがしっくり来ないんだと思う)
「上級」マーシャ先生、声がきれい。ジェフさんとのフリートークがたくさん。内容は難しいです。本当に上級者向け(あくせくしていなくて、本当に英語が出来る人が聴きやすそう)だと感じました。
「シニア」大杉先生、出直し英会話の雰囲気そのままです。昔の英会話を聴いたことはないのですが、その頃のラジオでもこんな感じだったのでしょうか?勉強勉強というより教養番組?として楽しめそう。テキストなしで朝の通勤の車の中で聴こうと思います。テキストは立ち読みしたんですが、馬越先生の講座内容に興味があります。
「レツスピ」圭南先生、3人のノリは変わらずグッド。オーバーラッピングやディクテーションのコーナーを放送中に取り入れ、去年より進化しています。集中して(させてくれて)15分を過ごせます。途中で「ここでひと休み」と言って音楽が流れた時は、本当に「ほっ」と一息入れました。
「ビジ英」杉田先生、こちらも変わりません。やっぱり難しいです。たくさん予習したつもりでしたが、ビニェットも速く、オーバーラッピングもうまく出来ませんでした。やはり壁は高いか。。

ちなみに各スキット(ストーリー)に対する私の「好き度」「興味をそそる度」は、「ビジ英」「入門」「レツスピ」「中級」「上級」の順番です。

とりあえず一通り聴いてみましたが、もちろん全部続けられません(笑)。どうしよう。。とりあえずテキストのない「中級」「上級」はあきらめます。それでは「入門」「レツスピ」「ビジ英」は全部聴けるのか?うーん3つは無理です。「入門」は朝起きられたら聴こうというレベルにします。「ビジ英」と「レツスピ」ですが、本当は一つに絞らないと続けられないだろうし、ものにできないだろうなとは感じています。2つどころか3つ4つ上のレベルかもしれないけど、憧れの「ビジ英」にチャレンジしたいと思います。3度目の挑戦ですが今年が一番気合が入っていますので。でも「レツスピ」も聴いてみたら「流れ」がすごくよかったので、放送時間以外でも予習・復習(音読)を頑張るのは「ビジ英」で、「レツスピ」も放送は聴くことにしたいと思います。

|

« Congratulations! | トップページ | ニューヨーク大学英語講座(4/5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70286/3577904

この記事へのトラックバック一覧です: NHKラジオ講座(4/4):

« Congratulations! | トップページ | ニューヨーク大学英語講座(4/5) »