トップページ | 2005年4月 »

2005/03/31

英語で紹介する日本と日本人―外国人の興味と疑問364に答えられる本

通訳ガイドの松本 美江さんの英語で紹介する日本と日本人―外国人の興味と疑問364に答えられる本です。日本とその文化および日本人のことを、外国人に「興味をもって聞いてもらえる」にはどう説明したらいいかが書かれています。パンフレットに書いてあるような表面的な説明だけでなく、人の言葉っていうんでしょうか?松本さんのネタを公開してるって感じなんです。
また、この本を読むと、日本人でありながら、英語で説明する以前に、日本語でも説明できない(知らない)ことがたくさんあることを思い知らされます。読み物としてもとてもためになります。「へぇ~」連発ですよ。(実はほとんどを英語でなく日本語で読みました。。それだけでも買った価値はあったんですが、英語でも読まなくては。。)
サンノゼに海外赴任していた同僚が、「日本のことを知らなすぎた。自分の国のことなのに聞かれても何も答えられないんだよな」と言っていました。他の国の人はちゃんと自分の国のことを語れるのだと。
また、柔道でも空手でも武道(もしくは華道や茶道でも)を習っておけばよかったなぁと思った。と言っていました。「日本」というと外国人はそういうことにとても関心があり、話題に上るんだそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/30

Vincent van Gogh

google_050330今日のGoogleのロゴは不思議な絵に変わっていますね。そのロゴをクリックすると、http://www.google.co.jp/search?q=vincent+van+goghでサーチがかかりました。今日はゴッホの誕生日だそうです。
Vincent Willem van Gogh (March 30, 1853 – July 29, 1890) was a Dutch painter, generally considered one of the greatest painters in European art history. He produced all of his work (some 900 paintings and 1100 drawings) during a period of only 10 years before he succumbed to mental illness (possibly bipolar disorder) and committed suicide. He had little success during his lifetime, but his posthumous fame grew rapidly, especially following a showing of 71 of van Gogh's paintings in Paris on March 17, 1901 (11 years after his death).
Van Gogh's influence on expressionism, fauvism and early abstraction was enormous, and can be seen in many other aspects of 20th-century art. The Van Gogh Museum in Amsterdam is dedicated to Van Gogh's work and that of his contemporaries. (From Wikipedia)

succumb: (~に)屈する,(~で)死ぬ
bipolar disorder: 躁うつ病
commit suicide: 自殺をする
posthumous: 死後の
expressionism: 表現派
fauvism: 野獣派
abstraction: 抽象派
enormous: 莫大な
dedicate: 捧げる
contemporary: 同時代の人

| | コメント (2) | トラックバック (0)

起きてから寝るまで英語表現550―英語の「つぶやき」でスピーキング力みるみるアップ!

本屋でNHKテレビ講座 『3か月トピック英会話「1日まるごと英語で話そう!~意外に知らない日常表現」のテキストを見ていて思ったのですが、これはまさにアルクの「起きてから寝るまで」シリーズではないですか! なるほど監修は吉田研作先生です。実はこのシリーズ本、以前からすごく気になっていました。「ごくフツー」の日常の動作を表す表現、何気ないつぶやき、言えないんです(知らないんです)。この講座は、私にとってためになりそうな気がします。
本の方はこちらです。起きてから寝るまで英語表現550―英語の「つぶやき」でスピーキング力みるみるアップ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/29

ビジネス英会話(3/29)

「ビジネス英会話」のLesson1,2について、難しい単語のチェックとスラッシュ入れを終えました。テキストは黄色いマーカーと斜線だらけになりました。まだ放送まで時間がありますので音読をしたいと思います。さて、一昨年も去年もそうだったのですが、この後の音読でつまずきます。ビジ英は、自分にとって難しい単語が多く、ビニェットも長いので、一度精読して意味を取ったつもりでも、実はあやふやで、音読していても意味も分からずただ音読をしているだけといった状態になり、「やっぱりビジ英は難しい。。」ということで、結局続かないのです。そんな時、『伸ばしたい!英語力―あきらめない限り必ず伸びるの中に、「音読を始めるときは、まず日本語を1文読んで、対応する英文を1文読むということをスクリプトの最後まで1回行うとよい。」と書いてあるのを見つけました。さっそく実践してみました。とてもいい感じです。日本語の意味を理解しながら対応する英文を読むので、英文の理解が深まります。意味のある音読になっています。今年はこの方法を続けたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/28

英語耳ドリル 発音&リスニングは歌でマスター


『英語・発音・語彙の松澤 喜好さんが書かれた英語耳ドリル 発音&リスニングは歌でマスターです。
昨年末、英会話レッスンの忘年会2次会カラオケ対策(笑)も兼ねて、ビリージョエルのオネスティでParrot's Lawをしてみました。はじめの100回は、歌詞を見ないでとにかく聞き流すということで、通勤時間を使ってひたすら聴きました。ところが忘年会2次会カラオケが終わったところで、気が抜けてしまい、中断してしまいました(^^)。。
その時も思ったのですが、始める前に、どんな歌を選んだらいいんだろうって結構悩みます。今回のこの本は、以下の5曲を最初から選んでくれてあって、それを練習しましょうというものです。
1) Fly me to the moon / Patti Page
2) In my life / Tuck & Patty
3) Open arms / Journey
4) Time after time / Cyndi Lauper
5) We're all alone / Boz Scaggs
懲りずにカラオケ対策する私。。まずは、ボズからだな。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/27

NHKの英語講座をフル活用した簡単上達法

ビジ英のディクテーションでおなじみの川本佐奈恵さんが書かれたNHKの英語講座をフル活用した簡単上達法―Radio televisionです。最近いろんなところで紹介されていますね。Sanaeさんの英語に対する真摯な態度、そしてメールなどの文章からあふれる人間性。憧れの人です。この本の中で、二兎を追うものは一兎をも得ず。2ランク上と感じる講座に挑戦を。そしてこれと決めたら1つに絞って取り組みましょう。と書かれています。「レッツスピーク」「英会話入門」「ビジネス英会話」と3冊もテキストを買ってしまって、実は「英会話中級」も気になっている私。。欲張ったら自滅するのは目に見えています。4月になって実際に聴いてみて、いちばんフィーリングの合う講座に絞りたいと思います。そして何でもいいからとにかく9月まで続けられるようにしたいと思います。
川本佐奈恵さんは、『英語学習・英会話スクール - All About [英語の学び方・活かし方]というサイトも担当されています。とても有益な記事を書かれていますので皆さんも一度どうぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/26

Quote...Unquote

「ビジネス英会話」の"Quote...Unquote"より

The harder you work, the luckier you get. - Gary Player (South Africa professional golfer, 1935-)
一生懸命やればやるほど、運が良くなる。(ビジ英 2003.3.6)

Never, never, never, never give up. - Sir Winston Churchill (British statesman and Prime Minister, 1874-1965)
絶対に、絶対に、絶対に、絶対に、あきらめてはならない。(ビジ英 2003.3.10)

If you can dream it, you can do it. - Walt Disney (U.S. film producer, 1901-66)
夢見ることができれば、やり遂げることもできる。(ビジ英 2003.1.22)

明日は、TOEICの試験日ですね。受験される方、頑張ってください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/25

ゴルフ英語

先日紹介した中尊寺ゆつこさんの本の中でおかしかったのが帰国子女ならぬ帰国オヤジのゴルフ英語の話です。パットがもうちょっとで入らず、惜しい!って時は「オルモストォ!」(almost)。曲がれ曲がれ!は「ブレイク!ブレイク!」(break)です。ご存知でした?次のラウンドでは、さっそく使って(叫んで)みましょう(笑)。これであなたも帰国オヤジ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/24

英英辞典(stroke)

英会話のクラスでAさんのお母さんが脳こうそくで入院されたという話が出ました。Aさんは、「brain」「blood vessel」「rupture」といった単語を使って先生に説明しました。先生は、「stroke」か?と答えました。隣のBさんが首をかしげながら水泳のクロールのジェスチャーをしました。Cさんがジーニアスを引くと、水泳は2番目にあり、8番目に(卒中・日射病などの)発作と出ていました。みんなその場では、今いちピンときませんでした。
ビジ英4月号のLesson2: Deaking With Aging Parents(老いていく親のために)に、「stroke」が出てきます。vocabulary Buildingには脳こうそく、脳卒中、発作とあります。
OXFORD英英辞典を引いてみました。後ろの方ですが、
stroke: [ILLNESS] a sudden serious illness when a blood vessel (= tube) in the brain bursts or is blocked, which can cause death or the loss of the ability to move or to speak clearly
とありました。なるほどです。さらに、「blood vessel」は、
blood vessel: any of the tubes through which blood flows through the body - see also artery, vein
と出ていました。
次に、Longmanも引いてみました。
stroke: [ILLNESS] if someone has a stroke, an artery (=tube carrying blood) in their brain suddenly bursts or becomes blocked, so that they may die or be unable to use some muscles
こちらでは、「blood vessel」でなく「artery」がバーストするとなっています。
先ほど「blood vessel」のところで「artery」と「vein」も見なさいと書いてありました。これらは何でしょうか?
artery: one of the tubes that carries blood from your heart to the rest of your body
vein: one of the tubes which carries blood to your heart from other parts of your body
「from」と「to」が入れ替わっています。「動脈」と「静脈」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英英辞典(tennis)

4月から娘がテニスを始めることになりラケットを買いにいきました。いろいろあって迷いましたが、ジュニアサイズのラケットを購入しました。
「tennis」をOxford英英辞典で引いてみました。
tennis: (also formal lawn tennis) a game in which two or four players use RACKETS to hit a ball backwards and forwards across a net on a specially marked court
フォーマルでは「lawn tennis」とも言うんですね。「lawn」って?。。
lawn: an area of ground covered in short grass in a garden/yard or park, or used for playing a game
「芝生」でしたね。それでは、さっき大文字で書いてあった「RACKET」を見てみます。
racket:
1 [sing.] (informal) a loud unpleasant noise
2 (informal) a dishonest or illegal way of getting money
へぇー。そんな意味があるんですね。3番目にテニスのラケットが載っていました。
3 (also racquet) a piece of sports equipment used for hitting the ball, etc. in the games of tennis, AQUASH or BADMINTON. It has an OVAL frame, with strings stretched across and down it. - compare bat
ovalなんていう単語もでてます。なるほど。それから「bat」も見てみなさいと。野球のバットですね。それでは。
bat: a piece of wood with a handle, made in various shapes and sizes, and used for hitting the ball in games such as baseball, cricket and table tennis
野球やクリケットや、えっ、卓球もバットって言うんですか?私は卓球のラケットって言ってましたよ。英語じゃ卓球は「bat」なんですか。「トリビア」です。でもちょっと「モヤッと」です。

気になって、Longmanも調べてみました。
bat:
a) a long wooden stick with a special shape that is used in some sports and games
b) British English: a round flat piece of wood with a handle, used to hit a ball in table tennis - American Equivalent: paddle
ということで、イギリス英語で、卓球の「bat」と言うようです。そして、
paddle: American English: a small round flat bat with a short handle, used for hitting the ball in table tennis
アメリカでは、a ping-pong paddleと言うようです。やっと「スッキリ」です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/23

トークマスターⅡ登場 (TalkMasterⅡ)

サン電子のホームページへリンクしています。
サン電子のホームページへ

昨夜、英語学習情報満載の、かのんさんのブログ『Kanon's English Diary - 英語で夢をかなえたい!を見ていたら、「トークマスターのモニター募集中」の記事がありました。何気なく見てみると、なんと、トークマスターⅡ(TalkMasterⅡ)の登場です!1月ごろ、アウトレット販売をしていたので、もしかして新年度に合わせてモデルチェンジ?と思ったりもしましたが、4月号のテキストは今までのものだったので、違ったのか。と思っていました。そうしたらいきなりこのタイミングで登場です。営業的には4月号のテキストに間に合わせたかったんじゃないでしょうか?エンジニアは納期遅れの挽回で大変だったりして。他人事ではありません(笑)。まぁそんな話は置いときまして、このスペックは「買い」なんではないでしょうか。いろいろなサイトでトークマスターのレビューを見ましたが、従来モデルに対する要望をかなり取り込んでいるような気がします。充電式採用、MP3録音、ファイル振り分け、ワンタッチリピート、レッスンモード、ボイスレコーダなどなど。また、AMバーアンテナのサイズを10mm大きくしたそうです。私の住んでいるところは電波状況がすごく悪いんですが、大丈夫かな?「欲しい。欲しい。。」

今日はこのエントリーを書こうと思っていたら、『伸ばしたい!英語力―あきらめない限り必ず伸びるの本多さんが発行されているメルマガ、『NHKラジオ「ビジネス英会話」を骨までしゃぶるメルマガがお昼に届き、緊急報告されていました。さすがです!速い!

----------

2005年9月 ついにトークマスター2を買いました!!

トークマスターに関するEntryはこちら。
カテゴリー「ツール」 http://baseball.cocolog-wbs.com/baseball/cat2939936/index.html

----------


オンライン書店 boople.com(ブープル) のトークマスターⅡのページです。

オンライン書店 boople.com(ブープル)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

みんなの英会話奮闘記

『みんなの英会話奮闘記』という英語ブログランキングサイトに登録させていただきました。
一週間前にブログを始めるまでは、世の中に英語学習に関するブログがこんなにあるなんて知りませんでした。自分が書くようになって、インターネットを検索してみたら、素晴らしいブログがたくさんありました。すごく勉強になります。皆さんも英語が好きでがんばっているんだなぁ。と感じます。英語学習モチベーションアップです。また、今回、オススメBlogとして紹介していただき、大変うれしく思います。そちらから訪れてくださった方もいるかもしれません。これからもよろしくお願いします。
ブログを始めて痛感するのは、常時接続環境でないことのつらさです。接続時間を気にして、こまめに接続したり切断したり、落ち着きません。また、皆さんのブログを見に行く時もゆっくり見てられないのでちょっとつらいです。。

【みんなの英会話奮闘記ブログランキング】 クリックしていただけると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/22

World Water Day 2005

google_050322みなさん。今日3月22日、Googleにアクセスすると、ロゴが変わっていたのをご存知でしたか?そのロゴをクリックすると、http://www.google.co.jp/search?q=world+water+day+2005でサーチがかかりました。今日は『World Water Day』なのだそうです。Googleは時々こういうのやりますよね。クリスマスだったか、バレンタインだったか、以前も見たことがあります。『World Water Day』とはなんぞや?ということで調べたかったのですが、http://www.worldwaterday.orgはビジーでつながりません。
Server too busy
Due to heavy load on this server, the page you requested can not be loaded.
Please try again later.
だそうです。会社で気が付いて、書きたい書きたいと思っていましたが、帰宅が遅く、こんな時間になってしまいました。すみません。ああ、もうすぐ日付が変わってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/21

地震

昨日、福岡県西方沖で大変な地震が起きました。近くの方々大丈夫でしょうか。明日は雨の予報でもあり、心配です。
私の住んでいる地域は、地震が来る来ると何十年も前から言われ続けています。今一度真剣に考えねばなりません。
『静岡県地震防災センター
This Homepage is brought by "Shizuoka Prefectural Earthquake Preparedness Education Center", was found on the purpose to heighten people's awareness in readiness for earthquake disaster, so as to strive for an interchange in extensive information and to have better partnership with residents.
『Why earthquake occurs?
Presenting on the mechanism of earthquake and the forecast of the damage.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/20

ハンドル名およびブログ名変更

突然ですが、ハンドル名を変えたいと思います。何気なくつけた「Baseball」という名前。
ただ単に子供の頃から野球が好きだからという理由なんですが、もっと名前らしい名前にしたいなぁ。とずっと思っていたんです。
悩んで悩んで決めました。「Mark」です。超平凡ですが、本名(?) から連想してつけました。これなら世界中で通用するでしょう。
というわけで、「Baseball」でなくなってしまったので、このブログの名前も変えたいと思います。
「英語学習モチベーション」です。英語学習のモチベーション維持こそが、私がブログを作った最大にしてズバリの理由です。この一週間は、いろいろなことを覚えました。はっきり言ってハマっています。
ブログのウェブアドレス(URL)は変えません。 http://baseball.cocolog-wbs.com/ です。
このちっぽけなブログを訪ねてくださった皆さん。どうもありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。
Markより。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

必ずものになる話すための英文法

中尊寺ゆつこさんが実践された必ずものになる話すための英文法〈初級編 part1〉市橋 敬三(著) です。初級編part1,part2、中級編part1,part2があります。英文法にそった例文を暗記することによって、もっとも効果的に話す英語を自分のものにすることができる。この本の例文を全部暗記してください。と著者は書いています。短めの、でも使いそうな例文が並べられています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり英語をしゃべりたい!―英語負け組からの華麗なる脱出法

今日、本屋の英語新刊コーナーで見つけました。中尊寺ゆつこさんが最近亡くなったことは知っていましたので、一瞬「えっ?」て思いつつ手にとってみました。
英語しゃべれないままでもいいの?30代からの失敗しない英語マスター法公開。
おちゃらけじゃありません。とっても共感できる内容です。かっこいい彼女も実は努力したからこそ英語ができるようになった。
「外国に住めばいいような気になっているのは間違い。」「日本語で思考をちゃんと出来る脳みそを作らないと、何をやってもダメ!」「文法っていうとつまらないものだけど、一番大事。丸暗記しか道は無い。」
彼女のキャラから「文法」というと意外だと思いますが、『必ずものになる話すための英文法』市橋敬三(著) を初級編からやり込んだそうです。
NHKの講座をやってみましたが続きませんでした。とか、夜な夜な英語のサイトをせっせと歩き回ってることで満足してしまって英語を話す機会がない英語おたくの人っていますね。みたいな話も載ってて、ちょっとドキッとしました(笑)。
<英語は簡単なんかじゃない!だからこそ!>
誤解のないように言っておくと、英語ができるからエラいという法則なんて世界中どこにもないし、それくらいでエバるなんてバカげている。だけど、人がどう見るかではなく、本人的にどっちが人生おもしろいかと考えたい。だから、今からなんとか英語を頑張りましょうよ!やっぱり英語をしゃべりたい!―英語負け組からの華麗なる脱出法 とってもいい本です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いなかっぺ大将

inakappe最近はすっかりマンガを見なくなりましたが、私の本棚には4つのマンガが並んでいます。『巨人の星』『新巨人の星』『野球狂の詩』そしていなかっぺ大将。いすれも復刻版で大人になってから買ったものです。前の3つは私の青春そのものですね。1年に1回くらい読みたくなり、寝るのも忘れ涙しながら読みふけります。
さて『いなかっぺ大将』。何度見てもおもしろいです。こういう純粋なギャグマンガって最近ないですよね。我が家の小学生の子供たちも時々くすくす笑いながら見ています。大ちゃん、ニャンコ先生、キクちゃん、花ちゃん。。時代を超えて愛されています。
おっと英語ネタを。
ある日、大左ェ門が車陣八郎先生と外国人の家に招待されました。食事の前にお風呂を借りることになりバスルームに案内された大ちゃん。扉を開くとそこには便器が。「なるほど外国はみんなこんな形になっているんですよ。」「おや、ふろなのに、なかはつめたい水だすぞい」キョロキョロ、洗面台を発見。「やっぱし・・ここからお湯が出るだすな」「つまりこのホースでお湯をあのふろおけにいれることになっているだすにちがいないだす」ジャボジャボ。「まずかけ湯をして」「ついでに顔をあらって!」「う~んなんとなく洋式はさわやかな感じがするだす」「うはっ。おしりからはいると、わしにぴったんこだす」「いい湯だな。あ・こりゃこりゃ」「ああ・・すっかりいい気持ちになってスカットさわやかだす」
さて、食事が終わりトイレに行きたくなった大ちゃん。「ココダヨ」っとトイレを案内されると、「えっ。ここはさっきのふろ場じゃないだすか」「そうか!このカーテンのむこうがトイレになっているだすな」シャーッ。「な・・なんとデッカイトイレだすか!」「こ・・こりゃまたぐのにほねがおれるだす!」「ああああ~っ」ゴチ~ン☆☆・・・「とても、またげんだす!」「あんなところでするんだったら、わしまだがまんしていたほうがいいだす!」
最高です(^^)!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/19

ここまでできる 続・英英辞典活用マニュアル

そしてこちらは続編です。私は2冊いっぺんに買って一気に読んでしまいました。(書いてあることを辞書で試しながら)。著者の磐崎弘貞先生は、英英をアウトプットに使おうと書いています。まず、テキストで出会った未知の単語の意味を英英で調べると言うような「英和的な」使用法はやめ、その代わり、英英辞典の定義を表現サンプルとしてインプットし、それを自分の表現に生かして、アウトプットに利用していくというものです。ここまでできる 続・英英辞典活用マニュアル

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/03/18

こんなこともできる英英辞典活用マニュアル

電子辞書を買ってからもSekky先生のサイトの掲示板でいろいろ質問しました。その時に薦めてくださったのがこんなこともできる英英辞典活用マニュアルという本です。最近でこそ英英辞典の良さをいろいろなサイトで目にしますが、私はこの時初めて英英辞典の素晴らしさ(楽しさ)に触れました。この本には英英辞典の活用法がぎっしり詰まっています。辞書片手に本に書いてあることを試しながら読んでいくと、とてもためになります。
「BOOK」データベースより : 知らない単語を引くことが辞典のすべてではありません。もっと別の活用の仕方で、英英辞典があなたの英語力をグンと伸ばす強い味方に変わります。このマニュアルどおりに実践してみて下さい。英語の表現力が確実に身につきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電子辞書 SHARP PW-M670

pwm670_l私が電子辞書を買ったのは平成14年4月。SHARPの PW-M670。(私のはブルーです。) 初めてのネットでの買い物でもあります。ちょうど3年前ですね。
その前年の秋から社内英会話クラスのTOEICクラスを受講したところ、先生がとても熱心に教えてくれ、コツコツと勉強を始めました。それまでは英語出来るようにならないとなぁと漠然と思ってはいても、英語の勉強にはまったく興味ありませんでした。だんだん英語学習がおもしろくなってきて。ちょうど電子辞書が広まり始めた頃だったでしょうか。このWebsiteSekky's Website 辞書関係コンテンツでしっかり勉強して買いました。小さくて英英辞典も入っていてとってもお気に入りです。国語の辞書が入っていたら言うこと無しでしたが。あれから3年。今の電子辞書のコンテンツの数はすごいことになっていますね。あんなにいっぱい入っていて使いこなせるんでしょうか。でも大は小を兼ねるといいますからね。とにかく英語学習に電子辞書は必需品と言えるでしょう。Sekky先生のWebsiteで十分に勉強してからの購入をおすすめします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アリーmy Love (タルミ)

先日、アリーmy Loveのファースト・シーズンを見終わった話を書きました。4話×6discで24話見たことになります。(ただしdisc6の最後だけ別のドラマ)。とても楽しいドラマで、アリーはとてもキュート。最高です。でも日本語字幕で1回見ただけなので、残念ながら英語がほとんど頭に残っていません。そんなことを考えていたら一つどうしても気になることが出来てしまいました。リチャードは「タルミ」フェチなんですが、字幕では何度も「タルミ」「タルミ」(しかもカタカナ) の文字を見たんですが、英語で何て言ってたんだろう??うーん。。。
この写真は、5thシーズンのものです。アリーmy Love 5thシーズン DVD-BOX

| | コメント (2) | トラックバック (0)

NHKテレビ講座(3/18)

3month今日はNHKテレビ講座のテキスト発売日でした。さっそく本屋に行ってきました。どれもおもしろそうです。はずれなしって感じです。テキストは買いませんでしたが、毎日寝る前に見よう。12月に家内の冬ソナ完全版のために買ったDVDレコーダでバンバン録りたいと思います。
「3か月トピック英会話」にはジャスミンが出演するではないですか!って誰も知りませんよね。子供が好きな天才てれびくんというテレビに出ていた女の子です。この番組ではちょっと懐かしい洋楽を子供たちが歌っています。ジャスミン、信子、モニークの3人がモンキークイーンというグループでした。おお懐かしい。
しまったぁ。英語と関係ない話になってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英会話レッスン

今日は週に一度の会社での英会話レッスンの日でした。就業後に行います。よく、英会話スクールの記事で、週に1回2時間くらいレッスンしたからって英語が上手になるわけがない。って載っていますよね。そのとおりだと思います。2時間を8人のメンバーなのであっという間に何となく終わってしまいます。したがってこの2時間は勉強するというよりも、ネイティブと接することが出来る貴重な時間だと思って受けています。
今日は帰宅後はブログをいじってばかりで、英語の学習時間をつぶしてしまいました。これでは本末転倒。いけないなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/16

NHKラジオ講座(3/16)

ビジ英 4/6分ビニェットチェック。昨日はとんでもないことを書いてしまった。やっぱりビジ英は私には難しい!分からない単語にマーカーするとテキストがマーカーだらけです。おととしも去年も同じことをしていました。こうなるとそれだけで時間がかかってしまい、それだけで満足状態になってしまい、ついには挫折。。でもビニェットもVocabulary Buildingも興味ある内容なので、一応、続けよう。
レッツスピーク 2,3,4週分スキットチェック。うーん。英会話入門と講座のレベルや雰囲気がかぶっているような気もします。スキットの内容は英会話入門の方がちょっとおもしろいかな。でも圭南先生の叱咤激励とともに英語で話す筋肉を鍛えましょうっていうところを今の私は求めているんですよね。独りだと続かない弱い私には先生が必要。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ブログを始めて

ブログを始めて、あれも書きたい、これも書きたい状態です。みんなもそうなのだろうか?生まれてこのかた、日記などつけたことがない私ですが、ネタが尽きるまでは続けたいと思います。
本多義則さんという方が書かれた伸ばしたい!英語力―あきらめない限り必ず伸びるという本の中でブログに英語学習日記をつけてみたらと書かれていました。英語学習のモチベーション維持の役に立てばいいなと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

amazonへのリンク

これまでに買ったいろいろな英語本や好きな音楽や映画について書きたいと思っています。昨日のアリーのDVDの写真を表示させたいなと思いました。いろいろなページを見ると、本やDVDやCDの写真があってそこをクリックするとamazonの書評のページへリンクしています。でもココログの無料版だとできないみたいです。残念。リンクはどうでもいいんですけど、写真があるとないとでは感じが違いますね。
→ いろいろやってみたらできました。htmlなんてこれまで何にも知らなかったんですけど。おもしろいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/15

アリーmy Love

3/14(月) 先週からレンタルしていたアリー My Loveの1stシーズンのdisc 6を3時間ぶっ通しで見た。これでやっと1stシーズンを見終えた。TSUTAYAは水曜日に行くと3本550円なのだが、1週間に3時間を3本はきつい。でもアリーはおもしろいから一気に見てしまった。私がアリーを知ったのは5thシーズンをテレビでやっていた時です。もっと早く知りたかったなぁ。今は日本語字幕で見ていますが、本当は何度も見て、英語字幕で見たいんですけどね。とりあえず1st~5thまで見ないと。どれくらいかかるのだろうか。。
アリーmy Love ファースト・シーズン DVD-BOX
ちなみにSex and the cityも1stシーズンは見終えました。こちらも先が長い。
セックス・アンド・ザ・シティ シーズン 1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

NHKラジオ講座(3/14)

3/14(月) まだブログに慣れていないため、せっかく書いた分が消えてしまった。前後してしまいますが、追加します。
約3年前に急に英語に燃えてから4月と10月が来るたびに「やるぞー」と気合が入るのですが、いつも途中で挫折してきました。懲りずに今回も「やるぞー」ということで、昨日(3/14)は待ちに待ったラジオ講座のテキスト発売日でした。今年は「レッツスピーク」をメインに。と考えていたので、まずはGet。次に「ビジネス英会話」を見ていたら、4月なので少しレベルを落としているようで、これなら何とか。。などと無謀な考えを起こしてしまい買ってしまった。そして「英会話入門」もおもしろそうだなぁということで購入。今回のラジオ講座は編成が変わりすべての講座に興味津々だったので、へたをしたら全部のテキスト買ってしまうところでしたが、何とか立ち読みで我慢しました。「英会話上級」はスキットのテーマが少し自分に合っていない気がしました。「英会話中級」はレベル的には私にちょうど合っているような気がしましたが、スキットが少しマンネリ的な気がしました。「シニアのためのものしり英会話」は絶対に聴きたいと思っていますが、テキストはなくてもよさそうかな。とにかく、ブログも作ったし、今年は頑張るぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHKラジオ講座(3/15)

3/15(火) 昨日買ったテキストの精読開始。私はまだ実力がないので、先に分からない単語を理解しておいてからでないと放送についていけません。英会話入門は、1,2,3週分までチェック。レッスピは、1週目のスキットチェック。ビジ英は、1日目のビニェットをチェック。これから3月中にやれるだけ予習すること。4月になれば毎日がいっぱいいっぱいだろうから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHKラジオ講座

businessletsspeaknyuumon3/14 本屋で1時間悩んだ末、「ビジネス英会話」「レッツスピーク」「英会話入門」のテキストを購入。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年4月 »